いきなり抱きつく!?恋愛バラエティー番組「美女プリン」とは?

恋愛バラエティー「美女プリン」とは?

 

 

美女プリンはテレビ東京とテレビ愛知で1995年1月から3月まで放送されていました。放送時間は深夜の0時45分から1時15分までの30分番組でした。男子は6人で女子は4人が出演して、途中でクイズがあるという形式を取っていました。

水着姿で?ハリセン??

 

 

男子の自己紹介のビデオレターを4人に見せて、その間に女子は男子をモニターで見て、好みの男子を見つけておきます。それから女子がスタジオに出て、自分の好みの男子に抱きつきます。この際に男子も女子も水着姿で出演するというのがこの番組の売りの部分です。

女子も水着だったので、それを楽しみに番組を見ている男子も多かったようです。男子が6人で女子が4人ですから男子が2人余りますが、この残った2人の男子は檻の中に入れられることになっていました。

女子に選ばれた男子4人はそれからクイズに挑戦しますが、その時に、女子は選んだ男子の後ろにハリセンを持って立ちます。男子が正解すれば何も起きませんが男子が問題を間違ったり応えられないとそのハリセンで叩かれると言うことになっていました。

それから男子は過酷なゲームをしてその後告白タイムになるという形式で番組が進行していました。その後女子4人が壇上の上に1人1人立ち、その女子が気に入った男子がその女子に告白することになっていました。

アイデアは良かったものの・・・

 

 

番組の最初では女子が選んだ男子に抱きつきましたが、この告白タイムではその最初に選ばれた男子は、ほとんどがその女子に告白していました。この告白タイムには檻の中に入れられた2人も参加することが出来ました。

この告白タイムは壇上で行われますが、そこまでたどりつく部分は滑り台になっており、もし女子がその男子を選ばないと滑り台を滑り落ちるとい仕組みになっていました。最初に女子が男子を選び、抱きつく関係で、抱きついた男子は必ずその女子に告白するから告白されない女子はいなかったです。

アイデア的にはかなり面白く「ねるとん紅鯨団」を意識した作りになっていました。だた放送期間が短いことから考えて当時、それほど話題にならず人気が出なかったことが考えられます。出演者が全員水着である部分が売りであり、女子も水着でしたからその点からも男子に人気が出ると思われましたが、それほどでもなかったようです。

放送された期間は冬でしたから、全員が水着であるにも関わらず、スタジオで収録されプールでの撮影はありませんでした。テレビ東京系列での放送で関西地方では放送されていませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA