縁結びのパワースポット 東京大神宮とは!?

東京大神宮とは

東京大神宮

東京大神宮は、東京都千代田区富士見町に位置する神社です。主祭神は天照大神(あまてらすおおみかみ)、豊受大神(とようけのおおかみ)、倭比賣命(やまとひめのみこと)と、造化の三神(ぞうかのさんしん)」と呼ばれる神様も祀られています。

明治13年、有楽町の大隈重信邸跡に伊勢神宮の遥拝所として創建され、一般には日比谷大神宮と称されました。大正天皇の結婚式が宮中三殿で行われたことを記念に、現在に伝わる神前結婚式の形となりました。

大正12年関東大震災で被災し、昭和3年現在地に移転して飯田橋大神宮と呼ばれた後、昭和21年東京大神宮に改称し、現在に至ります。実際に参拝し、縁結びのご利益があらわれたという話もよく聞くパワースポットで、江戸時代、伊勢神宮への参拝は人々の生涯をかけての願いだったことから、東京のお伊勢さまとして広く親しまれています。

初詣でも大人気な神社

ご利益は良縁成就のほか、家内安全・商売繁昌・厄除開運・交通安全・学業成就など多岐にわたっています。ご本殿(拝殿)にて参拝を済ませたら、樹齢300年のご神木を見るだけでなく待ち受けにすると、良いことがことがあると言われています。

境内には蛍が生育する水のせせらぎの音が聞こえ、清らかなマイナスイオンが溢れています。また、「造化の三神」とは「むすび」=天地万物の生成化育を司る三柱の神様で、近年縁結びに御利益のある神社としても知られ、良縁を願う若者たちの参拝も年々多くなっています。

東京大神宮は、伊勢神宮のように内宮・外宮が分かれていないため、一度の参拝で済みます。良縁成就の縁結びアイテムも数多く置かれ、女性同士はもちろん、カップルで訪れることでも有名です。さらに、厳粛な静寂の中行われる神前結婚式は、家庭で行うのが通例だった当時、多くの注目を集めました。

現在で、東京大神宮では神前結婚式が行われており、白無垢姿の花嫁に出会える可能性もあり、婚活女子の憧れの的となっているようです。現在、東京大神宮での神前結婚式及び披露宴については、松屋の関連会社であるアターブル松屋が運営しており、「東京大神宮マツヤサロン」の名称を用いています。

その他、前厄・本厄・後厄と、三年間にわたって付きまとう厄年を平穏に過ごせるようにと願う人に「厄払い」も行っている。

東京大神宮のアクセス

交通アクセスは、JR中央総武線・地下鉄各線飯田橋駅 地下鉄各線九段下駅、車・首都高池袋線西神田出口(下り方向)・飯田橋出口(上り方向)より。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA