縁結びのパワースポット 東京・御茶ノ水の神田明神とは!?

東京・御茶ノ水にある神田明神とは

神田明神

神田明神(かんだみょうじん)は、東京都千代田区外神田二丁目に鎮座する神社です。正式名称「神田神社」。創建は730年で、祭神は大己貴命 (おおなむちのみこと)、少彦名命 (すくなびこなのみこと)平将門命(たいらのまさかどのみこと)の3柱を祀っています。

730年出雲系の氏族が、大己貴命を祖神として祀ったのに始まります。935年に平将門の乱を起こして敗死した平将門の首が京から持ち去られて当神社の近くに葬られ、将門の首塚は平武将の崇敬を受けました。

14世紀初頭に疫病が流行し、これが将門の祟りであるとして供養が行われ、1309年に相殿神とされました。1616年に現在地へ遷座し、江戸総鎮守として尊崇されました。

神田祭は江戸三大祭りの一つです。江戸時代には神田明神と名乗り、明治に入って1872年に神田神社に改められました。1874年、明治天皇が行幸するにあたって、逆臣である平将門が祭神から外され、代わりに少彦名命が大洗磯前神社から勧請されました。

平将門神霊は1984年になって本社祭神に復帰しました。神田明神を崇敬する者は成田山新勝寺を参拝してはいけないというタブーが伝えられています。これは、朝廷に対して叛乱を起した平将門を討伐するため、僧・寛朝を成田山新勝寺へ遣わせ、動護摩の儀式を行わせたことによるものです。

将門に対する信仰心は、祟りや厄災を鎮めることと密接に関わっています。神田明神は縁結びの神様出世の神様勝負運のパワースポットまであります。また、度重なる災害から復活を遂げた「再生」のスポットが多数存在しています。

大国主命・大黒様といえば縁結びの神として名高く、良縁成就・子孫繁栄の御利益が得られるそう。少彦名命・えびす様もとても親しまれている神様で、一寸法師のモデルとして名高く、医療・温泉・酒造の御利益が期待できます。

平将門の首塚は関東地方の武将から崇敬され、勝負運の御利益で有名です。江戸時代、月見の名所に植えられたというご神木イチョウは長期間、災害にあいながらも見事に子孫を残し、現在の地を守り続け歴史を伝えました。

今でも災難除け、厄除け・縁結びのご利益があるとして参拝者から崇拝されています。

神田明神のアクセス

交通アクセスは、中央線・総武線 御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分、京浜東北線・山手線 秋葉原駅(電気街口)より徒歩7分、東京メトロ丸ノ内線御茶ノ水駅徒歩5分、東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅徒歩5分、東京メトロ銀座線末広町駅 徒歩5分、東京メトロ日比谷線秋葉原駅 より徒歩7分、車は、首都高速都心環状線神田橋出入口、首都高速1号上野線上野出入口

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA