【婚活系ドラマまとめ】どんなドラマ?評判は?

1. 中谷美紀さん主演「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」

「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」は、主演は中谷美紀で、”できしな”の略称で親しまれたテレビドラマです。

クリニックを開業した美容皮膚科医である橘みやびは院長を務めており、仕事はできるが上から目線でアラフォーということもあり、独身で彼氏がおらず、高校時代に片想いだった桜井への想いを引きずっています。

そんな上から目線のみやびが、女友達と訪れた割烹料理店で超毒舌な店主から恋愛弱者に陥っているという現実を突きつけられることから全てが始まるラブコメディーです。

和食割烹とくらの店主で、料理人の十倉誠司を演じるのは藤木直人で、みやびに対しては辛口な恋愛指導をしていきますが、誠司はプライベートでは妻と娘と別居状態でうまくいっておらず、妻は他の男性との再婚が決まっており、何度も復縁を試みるが、結局上手くいかずじまいです。

誠司の様々な恋愛指導のおかげで、見事片思いしていた桜井と付き合う事ができたみやびでしたが、それも関係したか誠司が謎の失踪を遂げてしまいます。それから数ヶ月が経ち、桜井と順調な交際を続けているみやびでしたが、桜井がプロポーズしてくれる気配は全くありませんでした。

四十歳という節目の誕生日が近づき、焦るみやびの前に再び十倉の気配がします。みやびは結婚のために様々なことをしますが、全てが空回りでプロポーズをしてもらうことができません。そんな中で、母校で講義を行うことになったみやびは、在校生に結婚しているのかと聞かれます。

みやびは結婚していないのを仕事のせいにしようとしますが、その瞬間十倉が突然姿を現しました。桜井との結婚に苦戦するみやびに対して誠司は最後の作戦である、エージェント理論を打ち出します。誠司によるエージェント理論のおかげもあり、ついに桜井から念願のプロポーズの言葉を引き出すことができたみやびでした。

喜びからそのことをすぐに伝えるために、その足で誠司の自宅に駆けつけたみやびが、プロポーズされたことを告げると、二人で抱き合って喜びます。その時ふと気がつけば十倉誠司の自宅では引っ越し作業が完了していました。誠司はみやびの結婚は卒業を意味し、卒業証書を手渡されます。そして誠司はもう二度とみやびに会うことはないと告げます。

突然、態度を豹変させた誠司は帰れと怒鳴りみやびをエレベーターに押し込みます。しかし後日桜井からの後押しもあり、最後にはみやびは桜井とはくっつかず、十倉誠司を選ぶことになります。

 

2. 松たか子さん主演「お見合い結婚」

お見合い結婚というドラマにつきましては、全11回で、2000年1月11日~3月21日までフジテレビによってオンエアーされました。キャッチコピーに関しましては、”運命の恋は運命の出会いから始まるとは限らない”になります。松たか子が主役の中谷節子を演じており、さらにユースケ・サンタマリアがパートナー役の広瀬光太郎を実演しました。

物語に関しては、彼女さえも存在しない光太郎が妻を帯同することが必要な条件の外国への赴任を任命されたことからスタートされます。節子に関しては結婚する為にキャビンアテンダントを辞職したものの破局、さらにやけになりパチンコへと出かける日々でした。こういった2人がお見合い結婚に狙いを定めて出会うことになります。

スタート時は相互に煙たく感じますが次第に運命の糸が絡まり、欠かすことができない人へと変貌を遂げていく、というストーリーになります。エンディングにおいて流れる主題歌につきましては、松たか子の桜の雨、いつか」で、ドラマと一緒にポピュラーになりました。

オープニング曲に関しましては、とんねるずのみなさんのおかげでしたより作り出されたユニット、野猿feat.CAのFirst impressionが選出されています。

具体的なあらすじとしましては、中谷節子は結婚を控えて、キャビンアテンダントの仕事そのものを退職するが、彼が別の女とできちゃった婚になってしまうところから話がスタートします。

それに対して、広瀬光太郎であるユースケ・サンタマリアに関しては商社マンであり、具体的に海外赴任の話しが生じる一方、外国への赴任に関しましては独身者は不可能ということで、上司の配慮もあり、光太郎につきましては節子とお見合いをすることになります。

直ちにはそれほど上手く盛り上がらず終わります。 それ以降、節子のルームメイトのさとう珠緒がフライトを通して知り合いになった男性の大畑純一の窪塚洋介と合コンに取り組むので、節子及び先輩の羽田恭子と行くと、大畑の先輩の田沼と光太郎がいたことから、話が展開されます。

お見合いを利用することによって知り合いになった節子及び光太郎だが、ステップバイステップで相互に魅かれていく状態になります。しかしながら、結婚ありきのお見合い結婚に対して節子が不安な状態が生じて、頭を抱えはじめます。

以上のあらすじを通じて、二人の行き違いが哀愁ただようラブコメディーというストーリー展開になっています。

 

3. 中居正広さん主演「婚カツ!」

一般的に婚活に励むのは女性の方が多く、積極的だといわれています。今ではすっかりよく認識されるようになった結婚するための活動、略して”婚活”をテーマにしたドラマが、2009年に放送された婚カツ!です。

当時から女性の方が積極的に取り組んでいることは知られていたので、てっきり女優が主役となって物語が進んでいくと思いきや、婚活に消極的とされる草食系男子が主役ということで、意外性を突いたところに話題が集まりました。

主役である草食系男子を演じたのは、今やMCを中心にマルチに活躍する中居正広で、演技のうまさには定評があります。数多くのヒット作を生み出したフジテレビの月曜9時枠で放送されましたが、草食系男子の婚活というテーマは、あまり視聴者の心には響かなかったようで、視聴率は低迷し、月9史上初の一桁台視聴率を記録するという、残念な結果に終わりました。

仕事のために結婚!?

物語は、職を失った主人公が再就職をするためには、既婚者であることが条件だったことから、これから結婚する予定があると口走ってしまいます。実家のとんかつ屋がある商店街中にこの嘘が広まったために、仕方なく婚活を始めるというところからスタートします。

主人公は、再就職先が決まらなければ実家のとんかつ屋で働き、二代目を継ぐことができるのですが、揚げ物が苦手なため、とんかつ屋を継ぐのがどうしてもいやだという理由があります。そのため、働き口をゲットするために嘘をつき、その流れから婚活につながっていくわけです。

視聴率低迷の理由はいろいろあると考えられますが、一つには、結婚がしたいと切に願って婚活をしている人からすると、仕方なく婚活をするというシチュエーションは受け入れにくかったのではないでしょうか。

とはいえ、仕方なく婚活を始めた草食系男子を巻き込み、実にさまざまな人物が登場してくるので、いくつかの話がリンクするという面白さがあります。

また、お見合いパーティーを主催する女性社長は、主人公の幼馴染みでもあることから、さまざまな合コンに主人公が参加していくことになります。婚活の合コンにはいろいろな内容があるというのは聞いているけれど、こんな変わった合コンもあるのかという、婚活の実態が垣間見えるところは、これから婚活をしようと考えている人には参考になったかもしれません。

一桁台を記録したとはいえ、最低視聴率8.8%をのぞけば10%台に乗っている週もあり、それ以外は平均して9%台ということで、それなりに世間の注目を集めた、婚活を男子の目からとらえた異色のドラマだったといえます。

4. 香取慎吾さん主演「幸せになろうよ」

「幸せになろうよ」は、結婚相談所のアドバイザーが謎を抱える二人の相談者と関わるうちに三角関係に巻き込まれていくという、婚活系ドラマの先駆けとも言えるテレビドラマであり、ラブコメディーです。

このドラマで、多くのカップルを成立させてきた結婚相談所のアドバイザーである高倉純平を演じているのが香取慎吾です。ある日、高倉純平の元に謎の美女の柳沢春菜役の黒木メイサが相談にやってくるというところから全てが始まっていきます。彼女が結婚を希望するのには、この時にはわからないある理由が隠されていいました。

時同じく、イケメン弁護士の矢代英彦役の藤木直人が、純平の元へ相談にやってきます。見た目もカッコよく職業も良い、一見パーフェクトであり非の打ちどころのない英彦ですが、そんな英彦も柳沢春菜同様に、ある秘密を抱えています。

春菜は相談所にやってきた時には、相手は誰でもよく、お金に困らない生活をさせてくれる人ならば良いということを告げ、それにより純平は春菜は純粋に結婚を望んでいるわけではないと判断し、追い返しましたが、純平は春菜がサングラスを忘れていったことに気づき、春菜を追いかけました。

しかしそこには、既に春菜の姿はありませんでした。しかし春菜もまた、怒って結婚相談所を出ていたことから結婚相談所のペンを持ち帰ってしまっており、翌日春菜はボールペンを返すために再び結婚相談所を訪れました。

春菜はボールペンを返して帰ろうとしましたが、その際に純平が、話を聞かずに決めつけるなんて、どうかしていたと謝罪し、春菜の話を聞いて協力したいと思うようになり、春菜も結婚相談所に入会するという判断をしました。

純平は結婚相談所に入会した春菜の担当になり、相談に乗っていきます。普段ならば多くのカップルを誕生させ結婚へと導いてきた純平ですが、春菜には純平持ち前の恋愛論などが全く通じず、そんな春菜に惹かれ始めていきます。

春菜は結婚相談所で紹介された人と会おうとしますが、容姿端麗ということから男性側が怖気づいてしまったりと、なかなか良い結果にはなりませんでした。

ドラマが進むにつれて、春菜と英彦の関係も近づいていき英彦は春菜に惹かれていきますが、最終的には純平と春菜が付き合うことになり、一年後には結婚式を挙げることになります。しかし純平は結婚式の日にも仕事をしているなど、最後までドタバタのラブコメディーであり、楽しんでみる事ができるドラマでした。

5. 伊藤歩さん主演「婚活刑事」

第一線で働く30歳の女刑事、得意な事は「犯人逮捕」。同僚男性に負けない身のこなしと刑事の勘をもち、検挙率はいつもトップ。

しかし彼氏居ない歴5年、自分の未来の旦那は一向に捕まえられません。気付くと周りは結婚・出産ラッシュ。非番の日は周りに内緒で婚活パーティーに参加してみるも、職業欄の刑事で相手にされず失敗ばかり。さらに、なんとパーティーで同僚男性と鉢合わせしてしまい、周りからは婚活刑事(こんかつデカ)と馬鹿にされるようになります。

そんな彼女がある大きな事件を追うことに。一緒に捜査をすることになったのは、他の署から移ってきた仕事がデキる3歳年上の長身イケメンです。一緒に関わっていくうちに主人公は心を奪われていきますが、「刑事に性別は関係ない」と女にすら見てもらえません。張り込みのため一緒に車で寝泊まりをしたり、覆面調査のため夫婦になりきったり、ドキドキすることばかりおきますがイケメンは全く気にしません。試しに彼女が居るか聞いてみるも、「彼女なんていらないし、結婚もするつもりはない。なので俺に惚れるなよ、迷惑だ」とまで言われてしまいます。そんな男こっちからごめんよ、と婚活刑事の日々。メッセージのやり取りをしたりデートをしてみるも、ときめきが全く無く、つまらなさばかり感じます。ああ自分はイケメンの相方が好きなんだと確信するのです。

イケメンが彼女もいらない、結婚するつもりはないと言ったのは辛い過去がありました。刑事になって間もない頃、その時追っていた事件に自分の彼女が巻きこまれ亡くしているのです。刑事をしているうちは女1人幸せにすることは出来ないと決めつけ、そこから刑事一筋で生きてきたのです。

そんな過去を知った主人公は、「自分は死なないし、あなたも死なせない」とイケメンに猛アタック。もちろん最初は振られ続けますが、主人公の一生懸命に頑張る姿、時々みせる女性らしさに彼も少しずつ魅かれていきます。二人で追っていた事件がとうとう山場を迎え、犯人を追いつめることになります。主人公は我先にと現場に踏み込みが、犯人に返り討ちにされてしまいます。お腹を撃たれうずくまる主人公をみて、「お前まで死ぬのか」と彼がぽろり。自分の中で主人公の存在が大きくなっていたことに気付かされます。

現代の婚活に悩む女子×刑事が主人公の新感覚ストーリー。婚活あるある、イケメン彼との歯がゆさなども楽しめる大人向け恋愛ドラマになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA