【婚活系ドラマ】香取慎吾さん主演の「幸せになろうよ」ってどんなドラマ?評判は?

香取慎吾主演「幸せになろうよ」とは?

「幸せになろうよ」は、結婚相談所のアドバイザーが謎を抱える二人の相談者と関わるうちに三角関係に巻き込まれていくという、婚活系ドラマの先駆けとも言えるテレビドラマであり、ラブコメディーです。

このドラマで、多くのカップルを成立させてきた結婚相談所のアドバイザーである高倉純平を演じているのが香取慎吾です。ある日、高倉純平の元に謎の美女の柳沢春菜役の黒木メイサが相談にやってくるというところから全てが始まっていきます。彼女が結婚を希望するのには、この時にはわからないある理由が隠されていいました。

時同じく、イケメン弁護士の矢代英彦役の藤木直人が、純平の元へ相談にやってきます。見た目もカッコよく職業も良い、一見パーフェクトであり非の打ちどころのない英彦ですが、そんな英彦も柳沢春菜同様に、ある秘密を抱えています。

春菜は相談所にやってきた時には、相手は誰でもよく、お金に困らない生活をさせてくれる人ならば良いということを告げ、それにより純平は春菜は純粋に結婚を望んでいるわけではないと判断し、追い返しましたが、純平は春菜がサングラスを忘れていったことに気づき、春菜を追いかけました。

しかしそこには、既に春菜の姿はありませんでした。しかし春菜もまた、怒って結婚相談所を出ていたことから結婚相談所のペンを持ち帰ってしまっており、翌日春菜はボールペンを返すために再び結婚相談所を訪れました。

春菜はボールペンを返して帰ろうとしましたが、その際に純平が、話を聞かずに決めつけるなんて、どうかしていたと謝罪し、春菜の話を聞いて協力したいと思うようになり、春菜も結婚相談所に入会するという判断をしました。

純平は結婚相談所に入会した春菜の担当になり、相談に乗っていきます。普段ならば多くのカップルを誕生させ結婚へと導いてきた純平ですが、春菜には純平持ち前の恋愛論などが全く通じず、そんな春菜に惹かれ始めていきます。

春菜は結婚相談所で紹介された人と会おうとしますが、容姿端麗ということから男性側が怖気づいてしまったりと、なかなか良い結果にはなりませんでした。

ドラマが進むにつれて、春菜と英彦の関係も近づいていき英彦は春菜に惹かれていきますが、最終的には純平と春菜が付き合うことになり、一年後には結婚式を挙げることになります。しかし純平は結婚式の日にも仕事をしているなど、最後までドタバタのラブコメディーであり、楽しんでみる事ができるドラマでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA