女性芸能人婚活テクまとめ(#1~#10)「愛され女と独身有田」

愛され女のMALIAさんが紹介してくれた婚活テクニックは、出会い編の5か条です。

愛され女(#1)MALIAさん

婚活テク5か条

  1. 肌の露出は厳禁!決してしないこと
  2. あいさつは魔法の言葉「ヤッホー!」と明るく元気に!
  3. 相手に向かって好き好きオーラを出すように!
  4. 相手の良いところを見つけてポジティブなあだ名をつける
  5. 家族について尋ねてみる

 

この愛され女のMALIAさんから婚活テクニックの5か条を学んだ、一般人の長谷川真美さん(27歳)は、婚活パーティーが開催される「パセラリゾーツ新宿本店」(東京都新宿区歌舞伎町1-3-16)に実際に赴き、パーティーに参加されました。

そして、愛され女MALIAさんから学んだ婚活テクニックの5か条をそのパーティーですべて実践し、婚活には出会った時の印象が大切という、このテクニックがどれくらい効果があるのか検証されました。真美さんは、パーティーには、肌の露出を抑えたファッションで登場して、自己紹介では「ヤッホー!」と明るくあいさつをし、フリータイムでは、気になった男性に好き好きオーラ全開でアピールし、さらにポジティブなあだ名をつけて呼んでいました。

男性は照れながらも喜んでいた感じでした。最後のティータイムでは、男性の家族について尋ねることもしていました。このように学んだ婚活テクニックの5か条すべてを実行しましたが、今回は残念ながら意中の男性とのカップルは成功しませんでした。

実際、婚活パーティーで検証をした長谷川さんによると、婚活のためにできる事は、肌の露出は控えること、挨拶は控えめに「ヤッホーでーす!」と言うと魔法の言葉となること、相手に伝わるようにガンガン好き好きオーラを出すのはいいこと、相手にポジティブなあだ名をつけて緊張をほぐすのはいいこと、家族について尋ねて相手を知ろうとすることはいいこと、しかし、このテクニックすべてをしたとしても、 男に問題がある場合には婚活は成功しない!ということが検証結果になりました。

今回MALIAさんの婚活テクニックを実践してみて長谷川さんは成功はしませんでしたが、このテクニックの学んだおかげで、婚活パーティーでいつもの自分とは違う自分が出せたように感じたり、男性へのアタックの仕方もいつもと違った仕方ですることができて、ポジティブにもなれ、自信もついて、いい経験になったようでした。

婚活している女性にとって、少しでも前向きになれるような婚活テクニックを学べる番組は、感謝できて嬉しいです。

愛され女(#2)安田美沙子さん

芸能人愛され女の安田美沙子さんが、本当に使える婚活テクニックとして、出会い編の4か条を紹介してくれました。

婚活テク4か条

  1. かもしれへん攻撃をする!
  2. ちょっとテンパってみる!
  3. 声を裏返らせてみる!
  4. 男友達の人数をチェックする!

 

この安田美沙子さんの紹介してくれた婚活テクニックを婚活パーティーで実践し、検証するのは、一般人の奈良麻美さん(21歳)です。今回、奈良さんは「パセラリゾーツ新宿本店」(東京都新宿区歌舞伎町1-3-16)で行われる婚活パーティーに参加されました。

愛され女(#3)矢沢心さん

            出典元:Nippon Television Network Corporation

 

婚活テク5か条

  1. 「初めまして」で見極める!
  2. 最初だけは料理を取り分けてあげる!
  3. あえて水を手渡しする!
  4. ボディタッチはしない!
  5. 会話の中で相手の得意な話を引き出す!

 

21年間恋人のいない奈良さんですが、 男性を前にするとどうしても緊張してしまうそうです。それでも恋愛や結婚の願望は持っておられるようです。まず、かもしれない攻撃ということで、男性に「気が合うかも」「趣味が合うかも」と言う言葉を使って積極的にアピールすることによって親近感をあたえているように感じました。

そして、ちょっとテンパる姿を見せるため、男性にビールを注ぐ時にビールをこぼして、おちょっこちょいな一面を見せていましたが、「すみません!」と焦った様子で声を出して、一生懸命に、こぼれたビールを拭く姿を見て、男性は好印象を持っているようでした

こういうパーティーの場所では、自分をよく見せようとしてしまうものですが、奈良さんがありのままの自然体でいる姿や振る舞いが、男性にとって魅力を感じさせるものだったようでした。最後にティータイムでは男性に休日は友達と遊ぶことが多いのか?とか、男友達は多いか?など男友達について尋ねて、学んだ婚活テクニックの4つすべてを実行されました。

今回のパーティーで見事にマッチング成功された奈良さんですが、学んだ婚活テクニックを実践して検証した結果は、好きかもしれへん攻撃とちょっとテンパっておっちょこちょいな部分を見せることは男性にとって好感を抱かせるものであること、でも、声を裏返らせるのは、やり過ぎてしまうと引かれてしまうので、やり過ぎは注意すること、最後の男友達の人数をチェックすることは、今回の検証では特に大きな手ごたえはなかったという結果のようです。

そして、それぞれテクニックを使うにしても、なにより笑顔が大切という検証の結果となりました。確かに、婚活のためにあの手この手を使ったとしても、一緒にいて楽しいことや、可愛らしいと思ってもらえるような元気や明るさ笑顔は、どんなテクニックよりも大切なんじゃないかな、ということが学べました。

愛され女である女優の矢沢心さんから学ぶ、本当に使える婚活テクニック出会い編について紹介されていました。矢沢さんが紹介してくれた婚活テクニックは5か条ありました。

という5つです。矢沢さんから学んだ婚活テクニックを婚活パーティーで実際に実践するのは、一般人の山﨑澪さん(24歳)です。今回、山崎さんは「パセラリゾーツ新宿本店」(東京都新宿区歌舞伎町1-3-16)で開催される婚活パーティーに参加し、この婚活テクニックの効果を検証されました。

 

今までは外見重視で男性を選んでいた山﨑さんですが、今回は中身が素敵な男性に出会えるようにと目標を持って参加され、自己紹介の時から早速、矢沢さんから学んだ婚活テクニックを実践されていました。男性たちに積極的に笑顔で「はじめまして」とあいさつをして、男性たちからも好印象を得て、山﨑さん自身も男性を慎重に見極めていました

ビュッフェタイムには、料理を取り分けてあげるというテクを実践し、特定の男性には手渡すまではできなかったものの水を置いておくという気遣いを示して、さらに男性たちに好印象を与えることができていました。ボディタッチはするなと言う矢沢さんの婚活テクを唯一実践できなかったものの、最後には男性と会話も相手の好きな話題で盛り上がって、見事にマッチングに成功されました。

山﨑さんによると、この婚活テクニックを検証した結果、初めましてで見極めること、最初だけは料理を取り分けること、あえて水を手渡してあげることは今回の婚活パーティーでは特に大きな感触はなかったようです。そして、ボディタッチはしないようにではなく、山﨑さんによると、ボディタッチはした方がいいというのが検証結果のようです。

それに特に頭へのタッチがおススメのようです。そして5か条の⑤番目の、相手の得意な話を引き出して会話を楽しいものにするというテクニックは有効のようです。なによりどんな状況でも、明るく笑っていることが大切という山﨑さんの検証結果でした。矢沢さんのテクニックを実践して、気が利く、気遣いができるという好印象を男性から得ることと、加えて、明るさや笑顔はどんな時にも、どんな相手に対しても大切なんだということを学ぶことができました。

愛され女(#4)hitomiさん

愛され女、歌手のhitomiさんが、本当に使える婚活テクニックを紹介してくれています。hitomiさんから学べる婚活テクニックは3か条あります。

3か条

  1. あえて、物足りなさを残すように
  2. いきなり行かない
  3. 結婚相手の絶対条件を決めておいて見極めるようにする

 

という3か条です。hitomiさんから学んだこの婚活テクニックを実際に婚活パーティーに赴いて実践し、効果のほどを検証するのは、元エステティシャンの安田愛さん(36歳)です。安田さんが今回参加する婚活パーティーは、「パセラリゾーツ グランデ渋谷店」(東京都渋谷区宇田川町20-15 ヒューマックスパビリオン渋谷公園通りB1・2F)で行われました。

 

結婚相手の絶対条件は「過去に一度も浮気をしたことがない人」という安田さんですが、実際に婚活パーティーに参加して、hitomiさんから伝授された婚活テクニックの物足りなさを残すことをまず使ってみたところ、安田さんに対して、男性たちは「もっと話したかった」という印象を残すことができたようです。

その後、いきなり行かないというテクニックを実践し、あえて第一印象の男性との距離を置くことによって、余計にその男性の事が気になり、彼の様子を観察するということもできていました。最後には、その第一印象の男性と見事にマッチングに成功した安田さんですが、この婚活テクニックを使って検証した結果は、あえて物足りなさを残すことで、その物足りなさアピールが男性に好印象を与え、逆に効果的であることが分かったとのことでした。

また、ガツガツいきなり行かない、がん見はしないようにすることによって、自分自身が冷静になって男性を見ることができるということでした。そしてなによりも、結婚相手の絶対条件を前もって決めておいてから男性を見極めるようにすることは大切だということでした。

hitomiさんの婚活テクニックから学べることは、フレンドリーになり過ぎて、すべてオープンにしてしまうのではなく、親しみやすく話しやすくありながらも、あえて物足りなさを残すことが、男性は女性に対して、もっと話したいとか、もっと知ってみたいという気持ちが湧いてきて、気になってみたり、好印象を残すことができるんだということが学べました。

 

婚活していると、気持ちは男性のそばにガンガン行きたいかもしれませんが、少し距離をおいて相手の行動などを観察してみるというのも良い方法だと感じました。

愛され女(#5)向山志穂さん

芸能人愛され妻である、モデル向山志穂さんが、本当に使える婚活テクニックを紹介してくれました。向山さんが紹介してくれたテクニックは3か条です。

婚活テク3か条

  1. 初対面では目をウルウルさせる!
  2. 自分の好きなタイプ以外の男性は流すように!
  3. 仕事トークをしている時の熱さをチェックするように!

 

という3か条でした。向山さんから伝授された3か条を武器に、今回婚活パーティーに参加し、婚活テクニックが有効かどうかを検証してくれるのは、劇団に所属している田中愛実さん(25歳)です。今回、田中さんが実際に赴いて行われる婚活パーティーの場所は、「パセラリゾーツ グランデ渋谷店」(東京都渋谷区宇田川町20-15 ヒューマックスパビリオン渋谷公園通りB1・2Fです。

 

パーティーでは、さっそく向山さんから伝授された婚活テクニックの一つ目、目をウルウルさせるテクを実践しようと、まばたきをしないで目を乾燥させたあとに1回ゆっくりとまばたきすると出来上がるウルウルの瞳で男性に近づいた田中さんですが、男性のなかには目がキラキラしていることに気づき、瞳のウルウルに好印象を持ってもらうことができていました。

そして好きなタイプ以外は流すようにというテクニックをあてはめた田中さんは、優柔不断で色々な男性に目がいってしまうという悩みはどこへ行ったんだろうというくらい、気になる男性の話は熱心に聞き、タイプではない男性に対してはバッサバッサと流していました。最終的に仕事への情熱を持っている男性に引かれましたが、残念ながらマッチング成立とはなりませんでした。

田中さんが向山さんから学んだ婚活テクニックを検証してみた結果、初対面で目をウルウルさせるのは、男性に好印象を与えるものになるということでした。でも、ウルウルさせるために仕込んでいる姿は決して見られないように注意することも大切ということでした。

そして、露骨にではなく、好きなタイプ以外は流すことで優柔不断な態度をとらないようにすることや、男性の仕事トークの情熱をしっかりチェックすることは、婚活テクニックには必要なものであるということが分かったようでした。

婚活していると色々な男性に目が行ってしまうもの無理ないことかもしれませんが、幾人かの人に曖昧な態度をとるのではなくて、好きなタイプの人だけをじっくり知ることができるようにしっかり話したり、接していくことが大切だということが学べました。

愛され女(#6)村上知子さん

お笑いタレント村上知子さん(森三中)が、本当に使える婚活テクニックを紹介してくれています。村上さんが紹介してくれたテクニックは3か条あります。

婚活テク3か条

  1. オスならだれでもいいと思うように!
  2. グルメトークで胃袋つかめるかチェックすること!
  3. 崖っぷちはさらけ出すように!

 

この村上さんの紹介してくれた婚活テクニックを婚活パーティーで実際に実践し試してみるのは、介護士の青木愛さん(32歳)です。青木さんが参加した今回の婚活パーティーは、「パセラリゾート グランデ渋谷店」(東京都渋谷区宇田川町20-15 ヒューマックスパビリオン渋谷公園通りB1・2F)で行われました。

合コンに行っても盛り上げ役になってしまって恋愛対象として見られることがあまりないという青木さんですが、男性だったら誰でもいいと思うように!という村上さんのこのテクニックを使えるよう自己暗示をかけて、接する男性すべてを片っ端からとにかく褒めてこのテクニックに従っていました。

二つ目のテクニックを使うために、気にいった男性のもとへ行き、食生活を聞いて胃袋をつかめそうか確認し、そのあと、三つ目の崖っぷちをさらけ出すというテクニックに従って、結婚したい!焦っている!余裕はない!といったようなありったけの思いを男性に伝えて、村上さんから伝授されたテクニックを全力で果たしていました。

結果は残念ながらマッチング成功とはなりませんでしたが、全力を出し切った青木さんは、今まで使ったことのないテクニックを使っていい経験になったとスッキリされていました。青木さんが検証した結果、オスならだれでもいいと思うように!との暗示は家で行ってくるのが最適ということ、グルメトークで胃袋をつかめるかチェックするときに食へのこだわりが強すぎないようにすること、崖っぷちはさらけ出すもののダイレクトに表現しすぎてしまうと相手に思いっきり引かれてしまうので、それはやめるように!ということでした。

婚活に必死になり過ぎてしまうと、自分の思いだけが先走ってしまって、周りが見えにくくなってしまうかもしれませんが、 だれかれ構わずいい顔をしていると最終的にはだれも見向いてくれなくなってしまうんだな…とか、いい格好はしたくないですが、あまりにも自分の考えや思いをさらけ出し過ぎると、引かれてしまうんだな…ということが学べました。でも、こんな機会だからこそ、振り切った自分をすべて見せて、それを受け入れてくれる人に出会えたらすごいことだなーとも思いました。

愛され女の歌手のhitomiさん、お笑いタレント村上知子さん(森三中)、モデルの向山志穂さんの三人が、本当に使える婚活テクニックデート編を紹介してくれました。紹介してくれた婚活テクニックは4か条です。hitomiさんが紹介するテクは、

愛され女(#7)hitomiさん、村上知子(森三中)さん、向山志穂さん

婚活テク4か条

  1. あいづちする時は、いいね!という
  2. 座る席はカウンターを選ぶように!
  3. 2人のハモリの部分を探るように!
  4. 男性の仕事トークの熱さをチェックするように!

 

という、3人合わせて4つのテクでした。今回、この伝授された婚活テクニックを使ってデートに挑むのは、以前番組で婚活パーティーに参加して残念ながらマッチングに至らなかった、長谷川真美さん(27歳)が、デート編で再チャレンジされました。

理想の男性は「30歳以上で50歳未満」「笑顔がすてき」「包容力があり、頼りがいのある」人と言う真美さんの理想を元に探し出されたユウキさんとのデートでした。真美さんは出会って早速、あいづちはいいね!を使っていました。彼が年齢を言った時にも、いいね!と言ったり、ファッションを褒めたりと、誠実さと一生懸命さが伝わる形でいいね!ということが大切なんだなと感じました。

レストランでは、カウンター席を選んで、さらなるテクを使うため、会話の中で二人のハモリ、つまり共通点を探し、見つかったのは住んでいる家が「駅から10分」というものでしたが、すかさず「おなじく10分!」とアピールしてました。ハモリってそういうことなのかな…って感じですが、ユウキさんにとっては「共通の話題もあって楽しかった」ということなので、どんなハモリでも、その時の雰囲気が大切になってくるのかなーと思いました。

仕事について尋ねると熱く語りだしたユウキさんでしたので、真美さんは、ぜひまた会って話したいという気持ちになっていましたが、結果は、ユウキさんも同じくもう一度会ってみたいということで、見事にマッチング成功!!

このデートで真美さんが実践した婚活テクニックの検証結果は、あいづちはイイね!の乱発はしない事!、食事するときはカウンターを選ぶこと、2人のハモリを探す事!ただし駅から○分以外で、仕事トークの熱さをチェックすること、そしてさらに、挨拶するときは「ヤッホーでーす!」と明るく笑顔で元気にすることは、婚活するに役立つテクニックであることが分かりました。

共通点があることや、笑顔に癒されると思ってもらうことが、好印象につながるということも学べました。

愛され女(#8)SHELLYさん

愛され女のタレントSHELLYさんが、本当に使える婚活テクニックを紹介してくれました。SHELLYさんが伝授してくれる婚活テクニックは3か条ありました。

婚活テク3か条

  1. 過去の恋愛で見極める
  2. リアクションをちょっと盛るようにする
  3. 冗談っぽく思わせぶる

 

この婚活テクニックが有効なのかどうか検証したのは、美容室の受付をしている、渡辺ひかりさん(27歳)です。今回、渡辺さんがSHELLYさんから伝授された婚活テクニックを実際に実践してみる婚活パーティーは、「パセラリゾーツ新宿本店」(東京都新宿区歌舞伎町1-3-16)で行われました。

渡辺さんは、過去の恋愛のトラウマから、好きな男性に対して自分からアピールできないというのが悩みのようでした。SHELLYさんから学んだテクニックは今までの自分ではしなかったことなので、不安に感じていたようですが、自分を変えたいという願いと共にパーティーに参加されていました。

パーティーでは一つ目のテク、過去の恋愛で見極める!を試して、男性にさりげなく過去の恋愛について探り、会話の中でお付き合いする彼女に対する誠実さや、結婚に対しての前向きさを感じることができたようです。そして、SHELLYさんが、リアクションで会話を盛るための、最強ワードとして教えてくれた、「初めて聞いた」「知らなかった」などのワードを駆使して、男性がもっと話をしたいと思うような盛りリアクションを意識しながら会話をすすめていました。

男性側としたら、渡辺さんのリアクションは、「話してて気持ちがいい」「知らないことがあるなら教えてあげたい」という気持ちにさせるもののようでした。最後には、男性に対し「もし付き合ったら~へ行けますね」と言ったような「付き合ったら」という言葉を使って、思わせぶるテクニックを使い、男性をドキドキさせることに成功していました。

結果、渡辺さんは見事に意中の男性とマッチング成功しました。渡辺さんの検証の結果、過去の恋愛で見極めること、リアクションをちょっとではなくかなり盛ること、冗談っぽく思わせぶること、この婚活テクニックは使えるということが分かりました。

会話をスムーズにするために、リアクションを盛ることで、話していても気を使わせない雰囲気をつくるということは大切なことなんだと思いました。ドキドキ感とリラックスできる雰囲気の両方がバランスよくできたら婚活も成功しやすいのかなと感じました。

愛され女(#9)元AKB48・元SDN48 大堀 恵さん

愛され女の元AKB48、SDN48の大堀恵さんが、本当に使える婚活テクニックを紹介してくれました。大堀さんが伝授してくれた婚活テクニックは、3か条です。

婚活テク3か条

  1. 相手へのドキドキ感をさらけ出すように
  2. 食べ方をチェックする
  3. ほろ酔いメイクで勝負をかける

 

の3つです。大堀さんから学んだこの婚活テクニックを実際に婚活パーティーに赴いて実践してみるのは、弁護士事務所で事務員として働く、藤崎美貴さん(38歳)です。今回、藤崎さんが参加される婚活パーティーは、「パラセリゾーツ新宿本店」(東京都新宿区歌舞伎町1-3-16)で開かれました。

藤崎さんは、色気があって、凛とした、芯のあるできる女を目指して頑張ってきたそうで、男性に甘えたいという気持ちを持ちつつも、隙を見せられず甘えられないと悩んでいるようでしたが、その藤崎さんにとって、大堀さんから学んだ婚活テクニックは、今までの自分だと絶対に言えないものばかりで不安に思っておられました。

パーティでは、男性に対し早速、一つ目のテクニックの「相手へのドキドキ感をさらけだせ!」を実践し、今までならさらけ出せなかったドキドキ感を、積極的に「ドキドキしていること」を男性に伝えたところ、男性たちの反応は「自分に興味を持ってくれているんだと思ってしまう」という好印象でした。

「食べ方をチェックする」というテクニック通り、同じものを食べていても、男性によってかなり食べ方が違うことが分かったようです。その中で、気になる男性の食べ方もきちんとチェックしておくことは大切のようでした。

最後のテクニック、「ほろ酔いメーク」は、自然に隙のある女を演出することのできるテクニックとも言えますが、大堀さんのおススメほろ酔いメークは、パール感のあるピンク色のチークを目の下から耳たぶまで重ね、ツヤのある唇に仕上げるためグロスを大目に塗るというものでした。

藤崎さんがメークをし、ほんのり血色がよくなった姿になり隙のある雰囲気を見て、男性は照れくさそうにしていました。藤崎さんは、このテクをすべて使った結果、見事にマッチングに成功しました。検証の結果、相手へのドキドキ感をさらけ出すのは有効ですが、みんなにやってはダメということ、食べ方のチェックをするけれど、突然チェックしたり、がん見してもダメということ。

ほろ酔いメークで勝負をかけるけれど、ベロベロになったり、酔ったふりをするのではなく、この場の雰囲気に酔うようにする、ということは役立つテクニックだということが分かりました。だれでも今までにない自分の一面を出すというのは、力がいることだと思いますが、新たな一面を出すことによって、結婚へ一歩近づくことができるのかもしれないなと思いました。

愛され女(#10)くわばたりえさん

愛され女のお笑い芸人クワバタオハラのくわばたりえさんが、本当に使えるという婚活テクニック出会い編を紹介してくれました。くわばたさんが、紹介してくれたテクニックは3か条ありました。

婚活テク3か条

  1. 男性の過去のアルバイトで見極める!
  2. 男性の親の誕生日を聞く!
  3. 暑さで生まれ変わるように!

 

くわばたさんから伝授された婚活テクニックを実際に行われた婚活パーティーに赴いて実践し、本当に通用するのか検証したのは、ヨガインストラクターの伊藤祥子さん(32歳)です。今回の婚活パーティーは、「パセラリゾーツ新宿本店」(東京都新宿区歌舞伎町1-3-16)で行われました。

バツイチの伊藤さんは、相手の中身を見極めることができずに結婚し、結婚してから色々な面を知ることになって失敗してしまったという過去の経験があり、相手をしっかり見極めることができるようになりたいという思いがあったようです。

結婚が幸せというよりも、いい人と結婚してこそ幸せという、くわばたさんによると、やはり見極めることが大切ということで、くわばたさんから伝授されたテクニックは伊藤さんにとって共感できるものだったようです。まず、一つ目のテクニックの相手の本当の性格を知るために「過去のバイトで見極める!」を実践し、男性たちの過去のバイトを聞いて、見極めていました

その中でも、職種だけでなく、職場の人との関係も聞くことで、さらに相手の性格を知ることができていました。テクニックの親の誕生日を聞くことも、実践した伊藤さんですが、相手の性格や大切にしていることを見極めるうえで役立ったようでした。くわばたさんが言っていたように、親を大事に出来る人は、結婚したら奥さんの事も大事に出来る人なのかなと思いました。

3つ目のテクニックで、上着を脱いでギャップを見せ暑さで生まれ変わりましたが、今回は意中の男性とマッチングには成功しませんでした。でも、今回の婚活パーティーに参加してみて伊藤さんは、くわばたさんの紹介してくれた婚活テクニック、過去のアルバイトで見極めること、親の誕生日を知っているか聞いてみること、暑さで生まれ変わること、でも暑いというのは2回まで、この3つを実践してみて、その場の雰囲気に流されないで、冷静になって相手を見極めることができるので役立つテクニックだという検証結果が出ました。

結婚したいという気持ちが前に出てしまうと、自分を良く見せることだけ考えてしまって、しっかり相手を見極めることができなくなってしまうかもしれませんが、幸せを手に入れるためには見極めることの大切さが学べました。

良縁2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA