脈なし相手に振り向いてもらうテクニックって?【婚活に役立つ心理学講座】

◆ ミラコロの婚活心理塾 ◆
脈なし相手に振り向いてもらうテクニックとは?

 

気になる相手がいる・・・。でも彼は私のことは眼中にないみたい・・・。誰もがそんな経験をしたことがあるのではないでしょうか?もしくは、いま現在そんな状況の方もいるでしょう。今回は、脈なしの相手を振り向かせるための恋愛・婚活に役立つ心理学テクニックをご紹介します!

 

ミッション1 彼の好みをリサーチ!美味しいご飯のお店へ連れ出す


彼に振り向いてもらうための準備として、彼の食における好みを徹底リサーチしましょう。もちろん、しつこいと不快に感じてしまう可能性もあるので、そうならないように慎重なリサーチが必要です。

好きな料理のジャンル(和食・中華・洋食・多国籍料理など)

辛いものが好きか、甘いものが好きか

食事は静かに食べるのが好きか、ワイワイしているところが好きか

これらの点を重点的にリサーチしてください。彼の好みがわかったら、実際にデートに誘いましょう。

デートに誘う際には、「食事に行きませんか?」ではなく【どのような料理で、〇〇のメニューがおすすめのお店に、他の人とではなく、彼と行きたい】ということがちゃんと伝わるように誘いましょう。人は興味のない相手から食事に誘われても、積極的に行きたいとは思わないものです。ですが、彼好みの料理があるお店という付加価値がつくのであれば前向きに検討してくれる可能性もあるのです。誘い方にも工夫が必要だということです

 

ミッション2 約束を取り付けられたら、盛り上がる話をリサーチ

脈のない相手から意識してもらうには、基本的に努力がものを言います。事前リサーチはおろそかにしないようにしてください。食事中の話題に花を咲かせるためにも、盛り上がる話は何か、しっかりと準備しましょう!

好きなタレントや芸人

好きな番組

趣味

土日の過ごし方

などをリサーチして、話の内容をシミュレーションしておきましょう。共通の話題があると会話は盛り上がります。「その日1日、とても楽しかった」と感じてもらうためには必要なプロセスです。

 

ミッション3 デート当日は彼がいい気分でいられるように尽力を!

彼に振り向いてもらうための一番大事な場面はデート当日です。食事に誘ったならそれはつまり、「もぐもぐタイム」。自分に気のない男性とデートする場合、デートなら何でもよいわけではありません。一緒に食事をすることこそが、彼に振り向いてもらうためにはとっても大切なプロセスになるんです。なぜそうなるのかというと・・・。食事の時間には【ランチョンテクニック】という心理学的テクニックが働くからなんです。

ランチョンテクニックとは、交渉術としても挙げられる技法です。美味しい食事を食べている時には、脳内に快楽が生まれます。それが働くため、人は美味しい食事を共にした相手に対して好意的な感情を持ちやすくなるのです。つまり、このテクニックを用いることにより、脈なしの相手から好意的に見られ、今後に発展する可能性も出てくるのです。

 

実はこのテクニック、交渉術としても使われています。何かをお願いする時、食事中であれば判断が鈍ったりするために相手がこちらのお願いを了承しやすいとされているからです。ですが、欲張りすぎて何でもかんでもお願いをしてしまうと「あの人はお願い事ばかりだ」といった印象を持たれる恐れもあるので乱用にはご注意ください。

 

ミッション4 次の約束はさらりと取り付けて!

食事が終盤にさしかかってきたら、次の約束を取り付けるチャンスです。満腹で幸福状態の彼に、「また素敵なお店見つけたら誘ってもいいですか?」といった具合に持ちかけてみてください。女性から下手に出られた上に、美味しいお店を教えてもらえるのであれば、相手にとっても悪い条件ではないはずです。さらにランチョンテクニックが影響しているのであれば、OKしてくれるでしょう。このチャンスを生かしてください。

そうして何度かお食事デートを繰り返し、徐々に彼との距離を縮めて、少しずつ彼の「特別」になっていけるよう頑張ってみてください!言ってみれば恋愛・婚活における「ランチョンテクニック」は彼を振り向かせるチャンスをつなげていくための恋のパスポートなのかもしれません。

 

今回は脈なし相手に見てもらうためのテクニックとしてランチョンテクニックを取り上げました。相手に見てもらうには相当な努力が必要です。ですが、相当な努力をしてでも振り向いてもらいたい・この人と結婚したいと思える男性がいるのであれば、時には全力で取り組むことも必要です。きっとその努力は無駄にはならないでしょう。また、このテクニックは仕事でも生かすことができるので、いろいろな場面で活用してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA