相手に好印象を与えたい!そんな時は真似をしよう【婚活に役立つ心理学講座】

◆ ミラコロの婚活心理塾 ◆
相手に好印象を与えたい!そんな時は真似をしよう
~ミラーリング効果~

◆ミラコロの婚活心理塾◆
相手に好印象を与えたい!そんな時は真似をしよう
~ミラーリング効果~

気になる相手や好きな相手には好印象を与えたいものですよね? でも、どのようにしたら良いかわからない、うまくできないと悩んでいる方もいるでしょう。でも実は好印象を与えるのはそんなに難しいことではないのです。今回は相手に好印象を与える方法をご紹介します。

 

真似っこは嫌われる?

幼い時に、「〇〇ちゃん真似っこー!やめてー!!」なんて言ったり言われたりした経験はありませんか?でも、実際はみんな誰かの真似をして生きているのです。

 

例えば、女優の綾瀬はるかさん。彼女は好感度の高い女性としてよく名前が挙がります。そんな彼女のあれこれを真似して自分の好感度を上げようとしている人もいるでしょう。

また、特に好感度を意識していなくても、自分がいいなと思うステキな女性を真似たり参考にしたりしている人は多いのでは。例えば雑誌のモデルさん。彼女たちと同じような身長や体型にはなれないけれども、美しい顔立ちに憧れてメイクを真似することもあありますよね。「真似すると自分らしさがなくなるから」なんて意地をはる人もいますが、なんだかんだ言って人は誰かの良いところを真似ているものなのです

 

気が合うって言わせたい!

さて、この「真似」こそが今回の本題「相手に好印象を与える」ための一番簡単な方法なんです。もちろん真似といっても限度がありますし、やりすぎるとドン引きされちゃった・・・なんてこともあるので、そのさじ加減は自分で調整しなきゃいけません。

ではどんなシーンでどんなふうに「真似」すればよいのか、具体的に見ていきましょう。

 

シーン1 彼とランチへ

気になる彼と念願叶ってランチに行くことに。この時、「自分のことをたくさんアピールして、彼に印象付けちゃお♩」という作戦は実はNGです。

 

まだそこまで関心のない女性に一方的にペラペラ話されても、正直なところ男性はうんざりしてしまう可能性が。頑張ってアピールするのではなく、彼の行動をちらっと見ながら、「真似」してみましょう!

例えば

彼がコップを持ったら自分もコップを持つ。

彼がサラダを食べ始めたら同じようにサラダを食べ始める。

難しく考えず、さりげなく彼の「真似」をして一緒に過ごしてみてください。

 

シーン2 彼とお花見

人数は多いけれども、気になる彼もいるお花見!ここで「甲斐甲斐しく動いて女子力高いアピールするぞ!」と張り切るのは悪いことではないのですが、これは他の女性と行動がかぶってしまう可能性が。それではあなたの存在が埋もれてしまう、そんな恐れもあるので、女子力アピールはほどほどにして、とにかく彼の近くに陣取りましょう。

 

ここでも、シーン1と同様に彼を「真似」します。

彼が足を組んだら、同様に組む。

桜を見たら、桜を見る。 といった行動でOK!

 

このとき注意が必要なのは、ドン引きされるくらい真似したり、凝視したりはNG!ということ。見すぎるのも変な人ですし、過剰に真似るのもやめておきましょう。あくまで適度に「真似」してくださいね。

 

ビジネスシーンでも使える「ミラーリング効果」

なぜ「真似」をすると好感度が上がるのかというと、「真似」には「ミラーリング効果」と呼ばれる働きがあるからです。これはビジネスシーンでも活用できるので、ぜひマスターしておくことをオススメします。

 

ミラーリング効果とは
人間には好きな人・憧れる人にじっと目を奪われているうちに、相手の動きにつられて同じ行動をとってしまう傾向がある。

逆に真似される側も真似されているうちに相手に好感や興味を持つ。

鏡のように同調する様子から心理学ではミラーリング効果と呼ばれている。

もともとは無意識で行っていることなのですが、これを意識的に活用すると、相手に好感を持ってもらったり、意識してもらえる可能性が高くなるのです。
さりげなく真似することに慣れてきたら、たまには相手の行動を先読にして行うのもいいかもしれません。

好きな人のことなら熟知しているので、きっとできるはず。

そのうちに「あれ、何だか気が合うな」「この子といると楽だな」などと思ってもらえるようになりますよ。

今回のミラーリング効果は、恋愛だけではなくビジネスシーンでも大活躍させられる方法です。恋に仕事に忙しい女性のみなさん、ミラーリングのテクニックを駆使して、できる女に進化してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA