マッチングアプリにおけるメッセージ戦争を勝ち抜くには?

マッチングアプリで、お互いいいねが成立し、マッチングしても、実際に会うためにはメッセージ戦争に勝たなければなりません。

実際にやっている人ならおわかりだと思うのですが、
これがものすごく大変です

なぜなら、マッチングアプリでは以下のようなことが前提にあるからです。

 

①あったこともない知らない人とメッセージを交換し続けなければならない

②相手も自分も同時に複数人とやりとりをしており、初対面でするような話は大概し尽くしている

③何回も話題作りをしなければならない

④たいてい一度メッセージがきれたら、次はない

⑤「メッセージを送る頻度」「文章量の調整」「会うまでの日数」が必要であるが人によって異なるのでわからない

 

①あったこともない知らない人とメッセージを交換し続けなければならない


初対面の人との会話というのはなかなか大変です。
初めて行った美容室での美容師との会話や、タクシーの車内での会話、アパレルショップで店員さんがしきりに秋の新色について話してくる…

「職業」という関係から、「直接」話しかけられていてこんなに面倒くさいと感じるのだから、「会ったこともない人といきなりメッセージ」を「ずっと続ける」ことが大変でないわけがありません。

②相手も自分も同時に複数人とやりとりをしており、初対面でするような話は大概し尽くしている


マッチングアプリを使用すると、ひとりでも大変な会ったことない人とのメッセージをさらに複数の人と続けることになります。
おのずから会話の内容は「仕事」「出身地」「趣味」などの話に限られてきます。

ここでぴったりあうものがあれば続くのでしょうが、あなたのライバルもすでに同じような話をしていますから、メッセージだけで盛り上がるのはなかなか大変です。

③話題作りを何回もしなければならない


相手が話題を作ってくれる場合はいいのですが、そうでない場合は自分から話題作りをしなければなりません。

話題作りは2つに分かれます。

⑴相手に質問をする
⑵自分のことを話す

基本的な流れとしては、

相手の自己紹介やプロフィールなどをみながら質問して、なんらかの共通項を探る。

その答えに共感し褒める、もしくは自分もそうだ、と自分の話をする。

そこから話を広げていく

というところでしょうか。

質問攻めにしすぎても鬱陶しいし、盛り上がってもいない話題を拡げられてもつまらないし、何話しても褒められるというのもの嘘っぽくてめんどくさい。

会話なら多少リズムがあるので勢いでなんとかなりますが、マッチングアプリは相手が見てない間は返ってこない。
趣味は何ですか?→いいですね!お仕事は何されてるのですか?→いいですね!どこ出身ですか?→いいですね!
ではいつか途切れて終わりです。

そこで
本当に狙っている人の大体のログイン時間を把握しておく
のが良いと思います。
「いつも何時ぐらいにアプリ開いているのですかー?」と聞いてみるのもアリだと思います。
メッセージがマンネリで途切れる、ということを防げます。

何日か続いて「これは相手も自分に興味を持ってくれているな」と感じたらLINEに移行or会う約束を打診しましょう。
好感度をしっかり上げて、相手の会ってもいい基準を超えていればその打診はきっと成功するでしょう。

④たいてい一度メッセージがきれたら、次はない


無事にマッチング成立!!→1通目のメッセージが返ってこない

という人はまあまあたくさんいます。
まず、マッチング数を増やしたいだけの人の場合返信はきません。

あるいは、あなたの一通目のメッセージの内容がまずかったのかもしれません。例えば明らかにコピーペーストとわかるような、「はじめまして!いいねありがとうございます。〇〇といいます!よろしくお願いします!」みたいな文章になっていませんか?

最初のメッセージは
【挨拶1行+自分のステータス・趣味1行ぐらい+相手のコミュニティやプロフィールについての質問1行】

がベストであると考えます。あまり長すぎても相手は返信する気を失くしてしまいます。
挨拶と自分のステータス・趣味まではコピーペーストで、最後の1行は相手のプロフィールをみて質問を1ついれましょう。


最初の文章に質問は必須です。入れるか入れないかで返信率が全然違います。

会話を続けて、返信が無くなった場合、メッセージが埋もれている可能性もあるので4日ぐらいおいてから、何食わぬ顔でもう一度送ってみましょう。このとき「返信してー( ;∀;)」「おーい(*_*;」など送るのはうざいのでやめましょう

「そういえば休日って何してることが多いの?」など、普通にもう一度質問を重ねるのがベストです。

「メッセージを送る頻度」「文章量の調整」「会うまでの日数」が必要であるが人によって異なるのでわからない

一番の問題はこれです。言ってしまえば「人それぞれ」ということです。
よって最大の鉄則は「相手の文章量」「文体」にあわせること

相手から「お早う。今朝はいい天気ね。」ってきたら、「お早う。今朝はカプチーノを飲んだよ。ちょっとミルクを泡立てすぎてしまってね。」って返しましょう。

相手から「おはヨーーーーーぅ(●´ω`●)」ってきたら、「モキュモキュ芋虫o0((((;(。・ω・)オハモキュ♪”(@・。・@)/ビビビビーム∴∵.:☆」って返しましょう。

このように相手に合わせていたら良いのですが、相手が「適当に返信しているな」と思ったら

メッセージを送る頻度、文章の量はLINEの場合と異なるということ、マッチングアプリの特性「複数人同時並行」でやりとりをしているということの2つを踏まえて、頻繁かつ、短文二つ(話題二つ)その中に質問1つ含めるというのがベストではないでしょうか。

是非参考にしてみてくださいね。