わたし高望みしてるの?婚活ではどこからが『高望み』になるの?

 

『婚活』というと、条件から結婚相手を探す、というのが一般的ですよね。その条件は人によって様々ですが、女性が結婚相手に求める条件で多いのは、収入、年齢、職業などが挙げられますが、最近の女性は割と現実的な条件を提示する人が多いです。なのになぜ婚活が上手くいかない女性がこんなにも多いのでしょうか?

 

↓資料を一括で請求↓

結婚サービス比較.com

 

高望みと言われる条件は?

一昔前は『年収一千万・医者か弁護士』なんて言う女性も多くいましたが、最近はこんな無茶を言う女性はほとんどいません。

 

  • 正社員
  • 年収400万以上
  • 身長170cm以上
  • ルックス並み

 

こんな感じでしょうか?

 

全然高望みしているように思えませんよね。むしろ控えめなんじゃないかと思うくらいです。ですが、最近はこれくらいでも高望みと言われてしまう可能性があるのです。女性と男性の割合が合っていないのが要因の一つです。

 

現在の婚活市場は、男性の買い手市場なんて言われています。かつては、男性が余っている状況だった結婚相談所は今や女性で溢れているのが現状のようです。婚活パーティーも女性が先に満席になることも多いようです。

 

婚活市場に出てきている男性が少ない上に、好条件の男性の取り合いになるため、結婚相談所などでは、お見合いを申し込んでも会えないという事態が多いようです。結婚できないのは『理想が高すぎるから』と言われてしまいますが、今は違うのです。決して高望みではない条件のはずなのに、『今の婚活市場』では高望みと言われてしまうのです。

 

今は年収600万でもエグゼクティブ

(年収ガイド:https://www.nenshuu.net/generation/gene/index_generation.php
年齢・年代・世代別 年収データ一覧より引用)

結婚相手に年収を重視する人は、600万以上と言う人が多いですが、今の日本に年収600万以上の人はほとんどいません。そこに年齢制限を加えると格段に減ります。しかもここから独身男性限定になるとまた減ります。正直言うと年収600万ってそこまで贅沢できる額じゃありませんよね?

 

基本的に年収は額面で表示されています。ここから手取り額は減るわけですから、そこを考えると、そんなにエグゼクティブという感じはしませんよね。夫婦2人なら充分ですが、子供が欲しい場合は子供にかかるお金やマイホームの資金など考えると、贅沢ができるとは思えません。

 

でも年収600万は貴重な存在なのです。悲しいことですがまずはこの現実を受け入れなければいけません。

 

『高望み』は人によっても違う

高望みというのは、自分のスペックによっても変わってくるのです。例えばですが、『ブスなのにイケメンじゃなきゃダメ』とか、『高卒なのに大卒じゃなきゃダメ』とか、『年収200万なのに600万以上じゃなきゃダメ』とか、『フリーターなのに公務員じゃなきゃダメ』とか。

 

自分のスペックとかけ離れている条件を出すとたいてい高望みと言われてしまいます。これが男性だったら『情けない』なんて言われますよね。自分の希望条件が周りに『高望みしている』と言われてしまうのは、つり合っていないからです。自分が低スペックなのに、ごくわずかしかいない高スペック男性を希望しているからです。

 

女性は出産、育児などのことがあるからそこにこだわってしまうのは仕方のないことですが、割合的に考えてその望みが叶うのはほんの一握りの人なのです。女性の場合は年齢もかなり重要です男性のスペックばかり考えるのではなく、自分のスペックを一度見直してみるのも必要かもしれません。

 

ハイスペック女性が高望みと言われるのはなぜ?

今は高学歴・高収入の女性も多くいますよね。彼女たちは自分のスペックが高いから相手にも同等以上を望んでいるだけなのになかなか上手くいかなかったりするようです。そもそも彼女たちが求める高スペック男性自体が少ないのです。

 

ハイスペックな人が自分よりハイスペックな人を探そうとしたら当然難しいに決まってます。かなり狭い範囲での戦いになりますから。そしてそこを狙う女性はスペック関係なくたくさんいるので、上手くいかないのも仕方ありません。

 

『高望みしてる』って言われても、じゃあどうしたらいいの?

自分の希望条件で絶対に譲れないものを一つ決めましょう。条件を複数満たす人を探すのはなかなか難しいですが、一つにしてみたら自分の視野も広がるのではないでしょうか。もしかしたら他にもおまけでついてくるかもしれません。

 

婚活で人気があるのは、何かがずば抜けて良い人ではなく、普通が揃っている人です。自分では高望みしているつもりはなくても、割合が少ないところを狙っていることになっている可能性があります。現実を受け入れて、考え方を少し変えてみたら、自分の気持ちも楽になるかもしれませんよ。

 

高望みにならないように婚活するコツ

結婚相談所や婚活パーティーでは、相手の年収や仕事はいったん置いておいて、フィーリングが合うかどうかで相手を選び、いきなり結婚を目指すのではなく気長にお友達から始めるくらいのつもりで男性の知り合いを増やしましょう。急に結婚をすると考えると相手を知る時間が足りないため、トラブルにもなり、理想の結婚からかけ離れてしまいます。

 

年収についてはあなた自身の収入や生活レベルをよく考えて、キャパオーバーにならないか考えてください。年収1000万円の人の私生活は、使っている家具や家電が少し違うだけで、生活スタイルや趣味などにはあまり差が出ないことが多いです。家具などは一度買ってしまえばしばらくは長持ちするので、ただ贅沢したいだけならば結婚相手に収入を求めないでください。

 

結婚すれば贅沢ができるのではなく、一人暮らしでもできていることを2人で分散して共同生活することになるのです。一人暮らしで高年収の男性は、一人でもできていることをパートナーに分散して取り組んでいくだけなので、男性からしたら「別にしてもらわなくてもできる」程度のことになります。高年収の相手を満足させるだけのスキルがあなたにはありますか?

 

高望みするリスクとデメリット

高望みと言われてしまうのは、あなたの生活レベルやできるレベルに見合わないものを他人に求めて、 自分で賄おうとしないからです。年収1000万円の男性は、使用するパソコンや仕事道具、スーツなども価格が違うので、普通に洗濯機で洗ったり、雑にメンテナンスしたりするなんて言語道断。当然求められる家事レベルも高いです。

 

食生活についても、一人暮らしで年収1000万円を叩き出している男性は、家事、自炊もかなりできる場合が多いです。料理好きな男性は料理人、シェフのようにかなりハイレベルな感覚を持っている可能性があり、その男性にとってはそのレベルが当たり前になっていることも多いです。高望みしているだけの女性では、そのレベルについていけないでしょう。

 

部屋の掃除も当たり前に、無意識レベルできれいに整理整頓している男性であれば、がさつな女性は相手にとってただのストレスでしかなくなります。ほこりが余計に増えたり、生活の場をぐちゃぐちゃにされるくらいならば、一人暮らしをしていたほうが余程安定します。そういう場合には、家事の出来より気遣いレベルの高さのほうが男性に求められます。

 

自己主張がほとんどない、静かな女性でも、相手のことをよく考えて、思いやりや育ちの良さを感じるような気遣いのできる女性は非常に人気が出ます。たとえ、見た目がブスでも、男性がほしいと思った時にコーヒーやティッシュをさっと出せるといった細かな気遣いを相手の意志の先取りをして出来れば、100%相手の男性に気に入ってもらえます、たとえブスでも

 

なかなかうまくいかないなぁ、と思っている方はたいてい「気遣い」不足です。男性が言葉に出す前に空いてが求めているものをサポートできる、もしくは、先手を打って用意できる気遣いスキルは高年収の男性に非常に好ましく思われます、たとえブスでも。媚びるのではなく、タイミングよく気遣いを行動で示せるようにスキルを磨いていきましょう。

 

良縁2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA