初めての人に贈る【結婚相談所】で結婚できる実践した方法・まとめ

結婚する気は本当にあるのか

実は僕も結構言われますが、これかなり大事です。そもそも結婚する気がないのであればなかなかうまくいきませんし結婚に対する明確な意思が必要になります。

 

結婚相談所にかかる料金を把握しよう

これは当たり前のことと言えば、当たり前ですが、結婚相談所を利用する時にかかる費用ではなく、実際に支払う費用をトータルで確認しておく必要があります。結婚相談所にかかる費用は以下のとおりです。

 

  • 入会金
  • 月会費
  • オプション費用
  • 婚活パーティー
  • 成婚料
  • 紹介料
  • 休会費用
  • 契約手数料

 

意外と婚活をするにもお金がかかるので、事前に予算を見繕って取り組むか、思い切って親のすねをかじってしまいましょう。結婚相談所を1年間利用する場合は平均30万円から60万円ほどの出費があると考えられるので、結婚するまでにあまり時間をかけないようにして、賢く結婚相手を見つけましょう。

 

リアルな婚活ブログをチェックしよう

婚活サイトや婚活サービス、結婚相談所を利用する前に、実際に利用している人のブログをチェックするのは大切です。車を購入したり、カフェに行ったりするのと同じで、事前に内部事情がどうなっているのか知らないと対応しにくいのでアメブロやドアブロで良い感じのブログを見つけておいてください。

 

TwitterやFacebookで婚活していることを公言している方をフォローして、情報をチェックするのもおすすめです。時には変な人に出会ってしまうこともあるので賢い対処法やいなし方を知らないと最悪の場合ストーカー被害に合う可能性すらあります。スムーズに結婚相手を見つけられるように情報収集はとても大切です。

 

 

↓↓↓婚活パーティー参加するならここから↓↓↓

party★party

全員と話せる婚活パーティーはここだけ!

 

 

実は気になっている人がいない?

結婚相手を探す気がないけれど、「ちょっと良いかな?」とか「ちょっと好きだな」と思っている人はいて、その相手と付かず離れずの微妙な関係が続いている…なんていう場合もあります。ちょっといい雰囲気だけど、年齢や職業の違いなど壁があって一歩を踏み出せていないだけならば、この機会に決意して行動に移しましょう。

 

結婚をする時、必ずしも全てが何かを得られるものではありません。結婚を選ぶことで何かを失うこともあるので、覚悟は決めておきましょう。一人暮らしのときのような気楽さ、毎日自分で好きなものを食べられない、不摂生がしにくくなるなど、プラスにはなるものでも、すこし喪失感を感じる場合はありますが、その変化も含めて結婚への決意を固めましょう。

 

生活スタイルをイメージしておこう

お相手探しをする前に、結婚後にどんな生活を送りたいか考えておきましょう。共働きなのか、パートと主婦を掛け持ちするのか、主夫を持って生活するのかなど、一番暮らしやすいスタイルを見つけておく必要があります。もちろん相手に合わせてバランス良く暮らすのも大切ですが、あなたの希望を多く無駄にしてまで結婚することはありません。

 

本当に好きな人と結婚する、または、恋愛結婚する場合は、既に互いの関係を安定させる期間があり、互いを理解し合う期間もモチベーションも十分あるわけですが、結婚相談所経由での出会い、婚活での出会いで相手探しをしてもすぐには相手を好きにはなれないものです。きちんと互いを理解し合い、生活スタイルも合わせられるようにあなたの希望はある程度明確にしましょう。

 

結婚相談所の選び方

まずは、どこでも良いのでそこまでお金がかからない結婚相談所に入会しましょう。結婚相談所を活用しても理想の相手と結婚できるかどうかは、運です。同じ時、同じタイミング、同じ結婚相談所で出会える相手は限りなく少なく、もはや運命とも言える相手になります。奇跡的な出会いをするわけですが、それらの出会いが全て理想の相手とは限りません。

 

最初は結婚相談所は料金から考えて、最初の婚活に挑戦してみましょう。その後、数ヶ月すると結婚相談所を移籍するか、継続するかはっきりするので、次は同じ地域に登録者が多いかどうか、アドバイザーや仲人士のサポートが充実しているかどうかでお相手探しをしましょう。意外と、スタッフの勘に頼って紹介してもらったほうが良い相手が見つかることがあります。

 

 

↓↓↓婚活パーティー参加するならここから↓↓↓

party★party

全員と話せる婚活パーティーはここだけ!

 

 

条件だけで選ばないように

多くの結婚相談所では、条件を元にシステム的にマッチングして良い相手を紹介します。この仕組みは結婚相談所のスタッフは楽ですが、正式な紹介とは異なります。なんといっても機械が良さげな相手をマッチングさせるだけですから、人間的な部分に触れずにマッチングされているので、なかなかうまくいかないことが多いです。

 

結婚相手を結婚相談所で選ぶ時、必ずお相手を紹介してくれるスタッフの人格や柔軟性をチェックしましょう。プロの仲人士やアドバイザーならば、大勢の婚活ユーザーを見てきているので、どんな人が惹かれ合いそうかだいたい判断できます。人の目によるチェック、紹介は意外と効果があるので「スタッフ目線であなたに合いそうな人」を見つけられる結婚相談所を頼ってみるのもおすすめです。

 

自己紹介やアピールは下手でもOK

結婚相談所で相手と会う時には、自己紹介をしなければいけません。婚活パーティーでは何人もの相手と決められた時間で自己紹介をしないといけないため、ここがネックになって婚活に踏み出せない人も多いものです。のんびりとそれぞれが好きに時間を使って自己紹介できるような自由な婚活パーティー、街コンなどに行くのも効果的です。

 

自己紹介がうまくなっても、結婚できるようにはなりません。婚活はビジネスではないので、婚活で出会った良さそうな人とLINEなどで連絡が取り合えるようにしておくスキルだけは身につけておきましょう。特にLINEのふるふるやQRコードでの連絡先交換はささっとできるように練習しておくと良いでしょう。

 

結婚している人のアドバイスをもらおう

婚活を始める前には、先に結婚している人や婚活してうまくいった人の話をチェックして、可能であればアドバイスを貰いましょう。実際の結婚生活で困ることや婚活の時の出会いの感覚、結婚までにどんな障害があったかなどは非常に参考になります。意外とそれぞれの親が結婚の妨げになっていることがあるので、事前に対策ができればスムーズに結婚を目指せるはずです。

 

時には両親の結婚生活の話を聞かせてもらったり、祖父母の頃の結婚はどうだったか教えてもらって参考にしましょう。戦後の結婚などは相手を選んでいる余裕がなかったなど、かなりダークな側面を話されることもありますが、結婚に対してあらぬ期待をせずに、現実を見れるようになれれば失敗の可能性は減るのでアドバイスはきちんともらっておきましょう。

 

子どもを作れるか確かめよう

独身生活で性生活が乱れていたり、遊びすぎたかもしれないと感じる方は、結婚相談所に入る前に性病検査と、子作りできるのかどうかを確かめておきましょう。男女ともに検査が必要で、卵子、精子ともに異常がないかしっかりチェックしましょう。性病があるかどうかもチェックして、しっかり自信をもって婚活に取り組めるようにしましょう。

 

実際に性病検査キットで調べてみた記事はこちら
⇒性病検査キット安いおすすめは?信頼性や精度はどうなっている?実際に体験してみた!【男性版】

 

女性の場合は特に子どもを産めるかどうかは結婚相手に男性から求められる条件の一つになります。現実的な問題として、子どもを産めるのは女性だけで、元気な子どもを受けることは女性として選ばれる前提条件になるものです。こればかりは生物学的にそうなので、人権や個性の問題ではなく、男性及び親の多くは子どもを求めているということを理解しましょう。

 

もちろん、子どもが産めなくてもOKしてくれる男性はごく少数いますが、世の中の多くの男性はいずれは子どもを持ちたいと思っているものです。結婚相談所に入る時には、妊活準備として食生活の改善とピルの服用中止など、妊娠に向けた体づくりもしていきましょう。

 

出会った相手はデート3回で見極めよう

男遊びをしていた経験がある女性ならば、男を見極めるのもある程度慣れていると思いますが、いきなり婚活を始める場合は良い男性かどうかを見極めるのは難しいものです。行動力があるかどうかをどこで判断するか、デートの時や最初だけの過度な優しさなのかどうか、お金やものを大切にできる人なのかどうか、きちんと見極めましょう。

 

マッチングした後が本格的に結婚に向けて大切になります。2人の時間をきちんと確保して初めて「結婚」が見えてくるので、最低3回はデートをしてからその相手を一時的に結婚相手として候補に入れるかどうか決めましょう。男性とお付き合いした経験が足りない場合は、この機会にしっかり男性に慣れてしまいましょう。

 

 

 

↓↓↓婚活パーティー参加するならここから↓↓↓

party★party

全員と話せる婚活パーティーはここだけ!

 

良縁2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA