【悲報!】婚活アプリ「ペアーズ」で出会ったネットワークビジネスニューススキンの男との体験談

婚活アプリ、ペアーズに登録して1ヶ月程経った頃でした。何人かの方とアプリ上でのやり取りや、ラインを交換して直接のやり取りをしていたのですが、その中の1人から、『恋愛というより、趣味のカフェ巡りへ一緒に行ってくれる友達を探してるんだ!よかったら今度一緒に行かない?』と誘われました。

 

 

警戒しながらも会ってみる

カフェでお茶目的なら、会うのも日中だし公共の場だから変なことされないだろう、と自問自答して納得、会うことにしました。当日は池袋駅で待ち合せをし、本当にカフェでお茶をしながらお話をして夕方過ぎには解散しました。

 

帰りの電車で、『楽しかったよ!時間があっという間だったね!次は渋谷に気になるカフェがあってさ、そこに行こうよ!』とラインが来ました。私自身恋愛感情は全く無かったけど、たまに都内に出るのも楽しいしいっか!と軽い気持ちで、その後も何度か食事をしたりカフェ巡りをしたりしていました。

 

離婚後でボロボロの私は…

当時の私は、 交際期間も含めて7年一緒にいた男性と離婚したばかりで、かなり病んでいたこともあり、恋愛の相談や愚痴を誰彼構わずこぼしていました。また、離婚当時はご飯も喉を通らず、165cm52kgとさほど太っていた訳でもなく、むしろ細いと言われていた所から1ヶ月で7キロも痩せてしまった為、貧血で倒れるわ、胃腸炎やら風邪なんかにかかりやすいわ、肌はボロボロに荒れており、老人ホーム勤務という職業柄ヘルニア持ちだった為に、まさに不健康の象徴の様な見た目をしていました。

 

そんな私を見かねて、ペアーズで出会った彼は『俺も昔思春期ニキビがやばくてさ!でも今の会社の化粧品にしてから、すごく肌の調子もいいし、体調もよくて!前回風邪をひいたのなんていつだろ?覚えてないや!◯◯ちゃんにも使って見てほしいよー』と、お気に入りの化粧水や洗顔を教えてくれました。

 

化粧品や健康食品、サプリメントなどを飲んできれいになりたい!女の子なら少なからずそんな気持ちは、誰しもが持っているはずですよね?私もその1人で、その化粧水使ってみたい!と言ったところ、一緒に買いに行ってくれる事になりました。ニュースキンという会社だと教えてくれましたが、聞いたこともない会社でした。

 

メイク用品でテンションMAX

お店に行って見ると、販売しているメイク用品やスキンケア製品は全て無料で試し放題、外国人のお客さんもたくさんいて知る人ぞ知る、本物のスキンケアブランドなのかもしれない!そう思わされました。そしてそれらの商品は、会員登録をしないと買えない、その辺のドラッグストアやお店では出回っていない商品なんだそうです。

 

ペアーズで出会った彼は会員登録しているらしく、その人の紹介としてお店で購入すれば、割引きの特典も受けられると言うではございませんか!!女性は特別という言葉に弱いですね。もー欲しくてたまらなくなってしまいました。

 

実際お店に行ってみると、化粧水は一本2000円未満と手頃な値段からあり、さらに割引も効くのですぐに会員登録、化粧水と洗顔フォームを購入しました。お店では全ての商品が無料で試せるだけではなくて、美顔器なんかもその場でレンタルでき、まるでエステに行ったかの様な気分でした。

 

自分磨きにいそしむ

いい買い物をしたなーっ早く使って見たいなーっともぉ心はウキウキ。さっそくお風呂あがりに使ってみると、化粧水は使用感もとても良く、値段も手頃なことからすぐにお気に入りとなりました。ペアーズで出会った方は最近栄養学の勉強も始めたんだ、と言ってサプリメントも勧めてきましたが、これもお店で売っているものに比べ高品質な割に値段も手頃だった為、いくつか購入、使ってみる事に。

 

この時の私は、自分磨き楽しいー!女子だわーってただ楽しんでいました。ただ、私は元々オーバーリアクション気味な人間なので、毎回反応があって嬉しいのか、次から次へと商品を説明、時にはサンプルとしてサプリメントや健康補助食品などを分けてくれるようになり、ちょっと面倒だなと思いつつありました。

 

都会の男はゴリラみたいだ

熱しやすく冷めやすい私にとって、ペアーズの彼のニュースキンに対する熱が鬱陶しいと感じるくらいだったのです。でも実際に使ってみて、商品はとてもいいもので気に入っていたので、ペアーズの彼に対して、男の人でこんなに化粧品が好きだなんて珍しいよね?都会の男の人は美意識が高いなー

 

もしかして若干おねえなのかな。 見た目はゴリラみたいに毛深いけど。と、色々とかんがえるようにもなりました。しかし、彼自身も私に昔の恋愛の話や失敗談、今好きな人がいて、その子にプレゼントをしたいから一緒に買いに行ってくれない?などと、自分のことを話してくれていたことから、異性の友達と言うよりは同性の友達の感覚でお付き合いをしていました。

 

出会った男性とお友達になった

この時点でペアーズで出会った彼とは、色々と相談や愚痴を言える友達となっていた、と少なからず私は感じていました。彼と出会ってから半年くらい経ったころ、私自身の仕事が忙しくなり、彼との連絡や定期的に行ってたカフェ会も自然と減っていきました。そんな時、彼から『久しぶり!元気してるの?いいカフェ見つけたんだけど、一緒に行かない?』と、ラインが来ました。

 

毎日が職場と家の往復だった為、たまには息抜きがしたいと思い、私はすぐに『行くー!てか、話聞いてよー!!』と返信、次の週に会う約束をしました。私がいつもの様に仕事の愚痴から始まり、出会いがないーこの歳でバツイチだし、男の見る目ないわーっなんて、離婚した当時の愚痴をこぼしていると、相手が急に真剣な顔で『ねぇ、今の自分を変えたいと思わない?』と。

 

そりゃあいつまでも終わった恋愛に縛られ、トラウマだーなんだーってぐちぐち言ってる自分は嫌いだよ。だけどどうしたらいいか分からない!とつい声を荒げてしまった私を遮って、『そしたらさ、この後夕方からメンタル関係のセミナーがあってね、会場がすぐ近くなんだ。一緒に行こうよ!』と 強引に誘われました

 

急展開にたじろぎながらも…

おぉうっ、なんか急展開だな。でもいつになく真剣な表情だしなー…どんな内容なの?お金取るの?とこちらが質問すると、『タダだから大丈夫!実は主催者が知り合いで、俺が尊敬する方なんだ。なんならセミナー終わった後、時間作るからその人に相談してみるのもいいと思うよ!』と。

 

ま、タダだし肌や体質の悩みまで打ち明け、それに親身になって相談に乗ってくれ、私のためにいい化粧水やサプリメントまで教えてくれた彼の言うことだし、付き合い程度に一回くらい行ってやってもいいか…と思い、行くことに。

 

でも…会場がすぐ近くだ、とは言ってたけどさ…いざ行ってみると…おいおい!隣のビルって近すぎじゃない!?いやいや絶対最初から私のこと誘うつもりだったでしょこれ!!と突っ込みたかったけれども、今まで出会ってから半年くらいのあいだ、ちょくちょくラインくれたりただ愚痴を聞いてくれてたりした彼に限って、私を騙すことなんてないよね?怪しいことなんてないよきっと。

 

謎の事務所に連れ込まれる

とその時は思っていました。しかし、彼はここからはまるで別人になったかのように、押しが強く私を引っ張るように事務所と呼ばれる中へ連れ込んで行きました。(やべーまさか、犯されるかもしれない!)と思った私は、隙を狙ってキン◯マ蹴り飛ばして…いや、大声で叫んだ方がいいか?

 

でも彼に限ってそんな…男のくせにやたら化粧品大好きで、カフェ大好き、スイーツ大好き。私の中では若干オネェ疑惑さえ浮上していた彼がまさか…嘘でしょ…!?などと頭の中が本当にパニック状態でした。しかし、事務所と呼ばれる場所を見渡すと、 若い子がすでに何人か椅子に座ってノートを広げており、皆んなキラキラした笑顔でセミナーが始まるのを今か今かと待っていました

 

あれ?私の勘違いだったのかな?本当に勉強会みたいだぞ?だったらそんな強引に連れてこなくてもいいのに…。この時の私は無知でした。世間知らずでした。だって、ネットワークビジネスMLMと言うものを知らなかったのですから…

 

ついにセミナーが始まる…?

講師らしき中年の男性が前に立ち、セミナーは始まりました。中年のじじぃはやけにテンションが高く、世の中のお金の仕組み?的な話をするのですが、話の所々に『ここにいる人たちは、ここにいる時点で勝ち組だ!』や、『ビジネスチャンスを掴んだんだ!』などと、メンタルセミナーとは程遠い言葉をベラベラとしゃべり続けました

 

それを周りの人達は、キラキラと瞳を輝かせ食い入るようにじーっと黙って聞いています。話も終盤に差し掛かった所で、中年のじじぃが『ここで最後にクイズです!このクイズに正解した方1名に、まだ日本では未発売のこの!エッセンシャルオイルをつけてあげるよー』と、小さなボトルをチラつかせてきました。

 

黄色い歓声があがる異世界

その途端に会場内が異常なほど湧き上がりました。クイズが何だったかは覚えていません。もぉついていけねぇ、帰りたい、それしか考えていなかった私は露骨に携帯を取り出し別の世界へ現実逃避真っ最中ー…すると突然、隣の席の女の子がきゃー!!と黄色い声をあげたのです。どうやらクイズに正解したらしい。

 

中年のじじぃに手を握られ、手首にエッセンシャルオイルをすりこまれていました。なかなか気持ち悪い図でした。それを周りの子たちは、羨ましいー!と騒いでいました。もちろん彼も羨ましそうに、『日本未発売だって!これ付けてるだけで、明るい気持ちになれるよね!』と私に話し掛けてきます。

 

私はあまりの周囲の反応に、そんな事はないなんてここで言ったら、大変なことになるかもしれないと、つい『う、うん。そーだね。』と!笑ってその場をやり過ごしました。その間も、『エッセンシャルオイル!匂いだけでも嗅がせてくださいー!』と、中年のじじぃの手首をくんくん嗅ぎ、『すごーい!いい匂いすぎるーっ!!』と、まるでアイドルにでもあったかの様に騒ぎ立てる若い子達…

 

キモい、キモすぎる…

なにがどーなっているのか、理解ができないでいました。中年のじじぃはただただ『ニュースキンの商品は素晴らしい!』と熱弁していました。たしかにニュースキンの製品は私も気に入ったけど、この中年のじじぃとなんのかんけいがあるのだろう?というか、メンタルのセミナーじゃなかったのかい??メンタルのめの字も出て来やしないよ??

 

訳のわからない世界の演説が繰り広げられる中、私は唯一話が頭に入ってこず、ただボーッと聞いているしかない状態でしたが、やっとセミナーが終了の時間になり、そっこー帰ろうと出口に向かいました。しかし、そうはさせない!と言わんばかりにペアーズで出会って仲良くしていた 彼が、私の前に立ちはだかり『どうだった?』どうだったって…いやいや、キモいでしょ

 

宗教の勧誘?なんなの?

まだ実態を掴めていない私。そこへすかさず、ペアーズの彼の尊敬する方と言うのが前へ立ちはだかる。その取り巻きなのか、いかにも一人じゃ何も出来なさそうな奴らが私の両サイドに立ちはだかる。囲まれてしまった…

 

尊敬する方『色々聞いたよ、離婚したんだってね。悩んでるんだってね。』…はぁー??なんで初対面のこいつが、私のこと色々知ってるの?てかまず名乗れよ、偉そうにしてるけど私はあんたなんか知らない。ペアーズの彼が、私の知らないところでこいつに色々話してたんだー…と思った瞬間、一気に気持ちが冷めました。

 

こいつは友達じゃなかった。本当に男を見る目が無さすぎて、嫌気がさしてきた。そんな事は今はとりあえず置いておいて、この場から脱出しなくては!!しかし、囲まれてしまったし、周りには先ほどまで教祖様のように讃えられていた中年のじじぃと、その取り巻きたち。下手に動いたら、それこそ何されるかわからない。とりあえず話を聞こう。

 

家で検討します=さよならします

そして、家で検討させて下さい。と保留にしてここを出よう。そしてそのまま音信不通になろう。そう決めた私は、机の下でスマホを握りいつでも110番出来るようにした上で、話を聞く姿勢を見せました。彼の尊敬する人という男は、私の悩みを聞くふりをして、延々とビジネスで成功したエピソードを話し始めました

 

実家が売れない本屋で、この先本は電子化していって必要ではなくなるだろう。だから僕は実家を継ぐのは辞めたんだ。僕の代で終わらせてしまう事に対して、正直色々と葛藤したよ。でもね、このビジネスを掴んだ僕は、今では不労所得で生活、両親にも親孝行をたくさんしているよ!だってさ。どーでもいい。とにかく帰らせてくれ。

 

そして話は終盤になり、『あなたも今愛用してくれているよね、うちの化粧品。だったら一緒にビジネスをしよう。今日からあなたもビジネスパートナー!』私はもぉイライラがピークに達し、あんまりしつこいので嫌になりました。ニュースキンの製品は好きですが、あなたたちは嫌いです。とだけ言って、逃げるように帰りました。

 

It’s a ”ネットワークビジネス(MLM:マルチ商法)”

家に帰ってから、ニュースキンについて調べると、ネットワークビジネスという言葉が出て来て、 ここでやっと私はネットワークビジネスに勧誘されていた事に気が付きました。私が買った商品の売り上げの一部が、ペアーズの彼に何パーセントか入っていた事、もし私がビジネスとして始めた場合、私の売り上げも彼に何パーセントか入ってしまう、と知ってゾッとしました。

 

ペアーズの彼は、半年かけてじっくりじわじわ、私のことを自分の傘下に取り込もうとしていたんです。あんなに親身になって話を聞いてくれていたと思ってたのに、全ては自分の収益のためだったと知ってがっかりしました。

 

あー、つくづく男を見る目がねぇなーと感じた出来事でした。

 

 

pairs2

ペアーズへの登録はこちらから


【悲報!】婚活アプリ「ペアーズ」で出会ったネットワークビジネスニューススキンの男との体験談