結婚するにはどれくらいお金が必要?結婚にまつわるお金の基礎知識まとめ

 

結婚をする予定のカップルにとって、何にいくらくらいかかるかという結婚にまつわるお金の疑問がたくさんあります。ここでは、結納から結婚式まで、結婚にまつわるお金の基礎知識をまとめています。これから結婚する予定の方は、お金を貯めるためにも、予算を立てるためにも、ぜひチェックしてみてください。

 

結婚式と結納金について

結婚式を挙げるカップルは多くおられます。結婚式場、招待する人の数、規模によって差がありますが、100万円単位のお金がかかります。結婚式の前には結納という儀式が行われ、男性側から女性側へ、養子を迎える場合は女性側から男性側へ結納金が贈られます。

 

結納金には決まった額はありませんが、嫁ぐための支度金という意味合いがあるので、100万円などのきりの良い金額が好まれています。結納金は、迎える側の誠意を表すものですから、男性側の家族で決定し、新札を用意することが好ましいとされています。

 

ご祝儀や結婚内祝いについて

結婚式に列席する際に、ご祝儀を持っていきます。何となく相場はこれくらい・・・と知ってはいても、最近の事情などよくわからないという場合もあるでしょう。家族として、友人として、同僚として出席する場合、どれくらい包んだら良いのでしょうか。

 

家族の場合50,000円。友人や同僚として出席する場合は30,000円が相場となっています。次に、結婚内祝いについてです。カタログギフトや商品券が人気のお返しとなっています。各自好きなものを選ぶことができるので人気となっています。相場は、いただいた金額の約半額くらいが相場となっています。高くても、低くても失礼になってしまいますので、慎重に選び、お返ししましょう。

 

披露宴や食事会について

結婚式に披露宴はつきものですが、披露宴にはどれくらいお金がかかるのでしょうか。一番多いスタイルは300万円~350万円ほどです。高額ですが、2人の結婚資金、両親からの援助、招待客からのご祝儀などでまかなうことができるでしょう。

 

結婚式の前までに支払う方法、当日支払う方法、後日改めて支払う方法があります。食事会を行う場合もあるでしょう。食事会に参加する人数にもよりますが、料亭やレストランを用いる場合、1人当たり7,000円~1万円ほどが多いようです。

 

まとめ

結婚にまつわるお金の基礎知識についてまとめてみました。結婚式や結納金、ご祝儀に結婚内祝い、そして披露宴や食事会などがあります。お金は確かにかかりますが、一生に一度のことですし、日頃の感謝を表すこともできます。そして、2人の新しい門出を祝福していただける特別な日となります。

良縁2