どこまで言うべき?秘密をカミングアウトする時に注意すること!

 

お付き合いが始まる時に大切なことは何でしょうか。いくつか考えられます。ここでは、彼に秘密をカミングアウトする時に気をつけるべきことをまとめています。話すべきことと、話さない方が良いことがあります。その辺をよく見極めて信頼関係を深めていきましょう。参考になる点をぜひチェックしてみてください。

 

できるだけ隠し事がないように

相手との信頼関係を深めるためには、できるだけ隠し事がないようにすることです。どちらかに隠し事があると、どうなるでしょうか。本当のことを伝えていない自分に嫌気がさしてしまうかもしれません。いつまでも後ろめたさが残る感じがします。

 

自分に隠し事があると、相手にも隠し事があるのではないかと不信感を抱いたりするかもしれません。ですから、できるだけ隠し事がないようにし、スッキリとさわやかな関係でいられるようにしましょう。

 

秘密は早めに話しておくとベスト

彼には、何でも包み隠さず話すべきでしょうか。嘘と秘密は意味が違います。 嘘をつくとは、事実でないことを言ったり、だますような意味合いがあります。秘密とは、隠しておくことや、教えないことを指します。もし、彼に嘘をついているなら、真実を話すべきでしょう。嘘をついてしまったことを謝り、その理由も述べます。

 

秘密は、何かを訂正するものではありませんが、交際していくにつれていずれ話さなければならないような内容ならば早めに話すのがベストでしょう。持病のこと、家族や兄弟のことなど思いきって話してみましょう。彼は、自分を信頼して話してくれたことに感動するに違いありません。

 

恋愛や元カレの話はしない方がよい

いくら信頼している彼でも、話さない方がよいこともあります。それは、過去の恋愛や元カレの話です。「今までに付き合った人の数は?」とか、「自分は何人目の彼?」などと聞かれることがあります。しかし、そこで正直に言ったところで彼はどんな気持ちになるでしょうか。

 

リアルな数字を聞いて、ヤキモチを妬くかもしれません。過去の出来事にヤキモチを妬いても苦しむだけです。あなたと出会う前の話だと言っても、頭から離れません。そうなると、あなたとの関係がぎくしゃくしてくるかもしれません。

 

まとめ

秘密をカミングアウトする時に気をつけるべきことを取り上げてみました。彼との信頼関係を深めるため、できるだけ隠し事がないようにしましょう。秘密があるなら早めに話しておくのがベストです。話さない方が良い秘密は、恋愛や元カレの話です。これらの点に気をつけていきましょう。