女性の婚活は何歳から始めるべき?婚活市場での価値から考えてみた

 

『婚活』というと、いわゆるアラサー世代から始めるイメージがありますよね。しかし、中には20代前半から始める人もいれば、アラフォーになってから始めるひともいます。「まだ早いんじゃない?」「もう遅いんじゃないか?」など人によって様々です。では、婚活市場的な目線から見るとどうなのでしょうか?

 

婚活市場での女性の価値

 

最近の日本は晩婚化しており、30代後半・40代で初婚を迎える女性もそれほど珍しくありません。若い頃からバリバリ仕事して、キャリアを積んで、恋人を作るひまなんてなかったという人もいるでしょう。ですが、ある程度の年齢になると、『結婚したい』と婚活を始める方もたくさんいます。

 

しかし、『婚活市場』というのは残酷なもので、女性は年齢が上がれば上がるほど、市場価値が下がってしまうのです。男性は、ある程度年齢が高い人でも、高収入など高スペックの人であれば、チャンスはあります。若いお嫁さんをGETすることも可能なので羨ましい限りです。

 

ですが、婚活において女性は、年齢がかなり重要視されます。出産が関係してくるので仕方ないことではありますね。結婚相談所や婚活パーティー、婚活サイトなどでは、男女ともに条件から入ることになります。男性側が最初に目にするのは恐らく容姿と年齢でしょう。外見がタイプでも、年齢が引っかかればアウトにされることもよくあるでしょう。

 

逆に容姿が普通でも、若ければ男性からのオファーがたくさんくると言います。美人でも、年齢が高くなると、男性側から懸念されます。もちろん結婚は条件がすべてとは言えませんが、内面は後々の問題になってくるので、最初の関門を突破できないことにはどうにもなりません。

 

アラサー・アラフォー世代の女性は、 年齢で引っかかって婚活が上手くいかないということが非常に多いです。また、男性自身が良くても、親から反対されることもあります。それくらい『結婚』には年齢は大事なのです。

 

婚活は何歳くらいから始める人が多いの?

一般的には20代後半~30代前半から始める人が多いでしょう。ある程度の年齢になると、『彼氏』よりも『結婚相手』を望むようになります。結婚願望がない人とお付き合いするのはリスクが高いのです。婚活であれば、同じように結婚相手を探している人に出会えるので、効率がいいですよね。

 

年齢が高くなってくると、自然な形で異性と出会うのはかなり難しくなります。同世代の知り合いは既婚者が増えてきますし、職場も既婚者か恋人がいる人ばかりということはざらです。若い時は飲み会によく参加していた人でも、年齢が高くなったら全然なくなった、という人も多いでしょう。

 

結婚相談所や婚活パーティーなどが抵抗ある人でも、友達の紹介も期待できなく、そういう場にいくしかない人も多いです。また、女性は子供を持ちたい場合、タイムリミットがあるので、効率を考えると『婚活』が近道と言えるのです。

 

20代前半から婚活を始めるのは早い?

上記で述べた通り、婚活市場の女性のメイン層はアラサー・アラフォー世代と言えます。ですが、これは需要の高い年齢というわけではありません。男性側は若い女性を望んでることが多いです。20代と30代では男性の反応が全然違うと言います。年齢がすべてではないですが、婚活では年齢がとても重要になるので、『婚活しよう』と思った時に始めた方がいいでしょう。

 

若い方がお相手への条件も多少のわがままはきくと思います。年齢が高くなると、結婚相談所などでも条件を下げるよう言われることが多いようです。若い方が自分の理想の人と出会える可能性が高いので、婚活に抵抗さえなければ早めに始めるのは全然アリだと思います。

 

ですが、まだ20代前半で、急いでいないのなら、もう少し気軽な出会い方で探すのもいいかもしれません。婚活では恋愛感情を求めるとなかなか上手くいきづらいという点があるので、明確な希望があるなら結婚相談所などで活動するのも良いと思いますが、『良い人がいれば』くらいの感じであれば、ネット婚活とかは若い人も多かったりするので、そういう方がいいかもしれませんね。婚活パーティーは、対象が20代後半~のものが比較的多いです。

 

『婚活を始めるのは何歳がベスト』というよりは、『婚活しようかな』と思ったら今すぐでも始めた方がいいです。すんなり結婚に辿りつける人もいますが、長期的になる可能性も充分に考えらますし、この先の人生で一番若い『今』を大事にしてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA