笑える婚活体験談⑥ 「マッチドットコム」で海外婚活!【婚活女子必見】恋愛と嗅覚の豆知識付き

婚活マスターレベッカ
笑えるアラフォー婚活体験談
第6弾 マッチドットコム
~【婚活女子必見】恋愛と嗅覚の豆知識付き~

アラフォー女子・レベッカさんの婚活体験談 第6弾!

婚活歴10年以上!!婚活マスター・レベッカさんの抱腹絶倒の体験談、今回は前回に引き続きサイト婚活。
 
30代後半に差しかかった5年ほど前、「マッチドットコム」でいよいよ国籍も超えちゃいそうに!?恋愛と匂いの関係についての役に立つ!?婚活知識も出てきますよ!

第5弾を読む♡

1.ワールドワイドに婚活スタート!

 

30代後半の頃、どうしても結婚したくて、付き合っていた彼と色々話し込んだ時期があった。

でも、結婚には至らなかったので、婚活に集中するため別れた。

他にも出会いはあったし、結婚を前提にと言ってくれる人もいたけど、
いざとなるとうまくいかない。

また自分に自信を失いかけ、かといって結婚相談所にまた登録するのもな~と過去の失敗を思い出しては くじけていたら、友達の友達が“マッチドットコム”で結婚したという情報をキャッチ!!

早速、新婚ホヤホヤのご夫婦にねほりはほり。

彼女の見解による“マッチドットコム”の特徴は、

  • 顔をネットでさらすだけあって、仕事や自分に自信のある男性に出会える。もちろん例外も多数(笑)。
  • とにかく手軽
  • 選択肢が多い(日本全国だし、世界中の検索も可
  • 目的が様々なので(おピンク系やら国籍狙いとか)、警戒心は怠らず、でもアグレッシブに!

とのこと。使うツールは何であっても自分次第ってのは同じやわな。まあ大したアドバイスを得られるわけでもなかったけど(笑)、背中を押してくれたということで、登録!

あの撮影会の写真を無駄にしたくないし!!
(※「あの撮影会」について知りたい方は前回記事へ!<ahref=”https://miracolo.me/archives/5690″>https://miracolo.me/archives/5690)

無料と有料があって、サービスのグレードが違うだけだったけど、無料はメッセージのやり取りができないし、嫌な人をブロックできないから有料で登録。
写真も好きなだけアップしてよい。
撮影会の写真および過去の奇跡の写真も載せておく(笑)。

 

来るわ来るわ、申し来みがわんさか💛
いかんいかん、ここで調子に乗ってはならぬと、今まで耳の痛いことを言われてきたことを思い出し、自制した。

結論、3か月間の活動の中で、日本人、外国人問わず、デートをした人たちは10人くらい。何度かデートした結果、1名に絞り、結婚を前提にお付き合いをスタート!

まあ、結果は言わずもがな・・・ですが。

結婚は勢いでするものとはよく言ったもので、大正解だと思う。
婚活は頭で考えて行動するべきではあるが、決断力とその決断が折れないうちに勢いよく走りきらないと、迷走し続ける。私のように(笑)。

これからの人生をプランニングするため、結婚条件における自己チェックと相手の条件整理、それらに対する評価基準の設定、合否判定後1人に絞り込むための総合評価と感情との調整、結婚後のリスクヘッジの準備などなど・・・。
改めて文字の羅列を見るとめんどくさいのお~!と思うけど、実際、自覚/無自覚にかかわらず、こういうことを考えて婚活しなければ、

やみくもに手探りで相手を探そうとしても、時間とお金のムダ!!!

自分の決めた評価基準をクリアし、数人の候補の中で総合評価が一番高ければもう決定!
婚活を打ち切ってその足で婚姻届け出しに行くくらいの勢いが必要
やったな~。

長く婚活してきて反省点はそれ。

2.知り合いに遭遇しちゃう可能性もある

 

さて、この“マッチドットコム”。
日本国内にいる外国人の職業はアーミー系、外国語教師、IT系の駐在社員が同じくらいの割合でいたように思う。
他には旅行中でしばらく滞在するという人(笑)や、無職、自称フォトグラファー、自称デザイナー、自称CEO。

なぜ“自称”をつけるかって?

証拠がないから。

話し込めばだいたい本当か否かは判定できる。

他にチラホラと日本企業に勤める外国人や、非営利団体の駐在員などもいた。

登録はすぐできるが、項目を埋めていくのが結構大変!
項目が多いということもあるけど、あまり変なこともかけないし、重くもなれない。
自分が検索した時、項目がしっかり埋まっている方が好印象だし安心することを思うと、スキップするわけにもいかない。

結構時間がかかりながらもようやく完了し、希望の詳細条件を設定。
検索開始!ポチッとな!

なんとトップに国際諸機関に勤務の知り合いが挙がってきた!
昔お付き合いする寸前のところでダメになった人だった。
あの彼が!?うそ!?なんで!?
こんな逸材がいたら女性が殺到して大変だろう!と思い、
再チャレンジもかねてコンタクトをとってみた。(とるんかい!)

すると、いつの間にか結婚して、離婚していた。

展開はやっ!!

私が婚活でひーこらひーこら言ってる間に、結婚してしかも離婚まで!

ちなみに離婚理由を聞いてみた。
「僕の行動に意見するのが面倒でね。」ときたもんだ。
こえー・・・。

おとなしくしてたらいいのか?最初はいいだろうけど、絶対無理。
本性出てまうって。
別にとやかく意見するつもりはないけど、お互い完璧な人間でもないんだし、意思のない人形でもないしねえ、コミュニケーションとしてツッコミだってするでしょうよ。

それも言い方次第だったり、タイミングだったり、表現方法の問題かなと思うけど、彼の場合そういう問題ではないらしいので、付き合わなくてよかった~と心底思った。

私だったらクソミソに言われて廃人になってそう。こわいこわい。

3.登録者数世界No.1のサイトなだけはある。

 

“マッチドットコム”はいちおう男女別に閲覧できるが、「Yahoo!お見合い」のように、同性の検索ができないなどの閲覧制限はかかっていない。
ジェンダーレスの観点から、男性が男性を、女性が女性を探すこともできる。

コンタクト(ウィンクといって“あなたをお気に入りに入れました”通知)はジャカジャカくる。チャットも来る。チャットは海外からが多かったな。

希望エリアを日本にして、相手を日本在住に設定していても、それは閲覧のリストが絞られるだけで、私のプロフィールは相手の検索次第でヨーロッパでもオセアニアでもリストアップされる。

無料会員で登録した場合は、メッセージが見られない。
お気に入りとメッセージが届いたよというお知らせだけがわかる。

しかし相手がゴールド会員だと、無料会員の人でもメッセージはみられる。
男性はゴールド会員が多いので、女性は無料会員でも大概メッセージを読むことができる。

ちなみに有料会員は、スタンダードとゴールドの2種類があったが、今は、“スタンダード”と“バンドル”とかいう聞きなれない名前に変わっている。

私はスタンダードプランだったので、メッセージを送ることはできるけど相手が無料会員だと返事がもらえないという、ちょっとじれったい仕組みになっていた。

そういった中、日本人のサラリーマン、外国人のサラリーマン、外資系非営利団体の職員の人、日本に住んで長い自称CEOの外国人、などとデートしてみた。

ところが彼らは結婚を考えているというよりも恋人が欲しいという感じだった。

そりゃそうか、“マッチドットコム”には恋人探しと書いてあるやん。
看板に偽りなし(笑)。

ま、まあ、実際ここで出会って結婚している人もいて実績があるわけだし、何でもトライや!
そしてここでは相談所とは真逆に、妥協せずに検索!

選ばれるのではなく、選ぶのだ!

婚活仲間の中で同じく“マッチドットコム”に登録した仲間もいた。
もちろん取り合いになることもあった(笑)が、そこは割り切って、恨みっこなし精神で取り組む。

だって、みんな真剣やもん、遠慮なんかしてられまっかいな!!

そしてある1人がインドネシア人といい感じに。あれよあれよと結婚話にまで進む。

え!?早くない!?
まじか。ちょっと待ってよー(汗)。

しかし別れた。
どうした!同志!

全員に通達が届く。

「日本国籍 > 私」

なるほど、そういうことか。なんとなくね・・・チラッと気にはなってたで、うっすらね。
あ、もちろん、国籍狙いじゃない誠実な人もいまっせ!!(笑)。

コレ系は女性より男性のほうが狙われやすい感じ??
仲良くなった日本人男性が、中国人とロシア人にモテまくったと言ってた。
ほんまかいな。

職業・月収・貯金額・資産・実家の土地・相続権・加入保険の種類などなど、
ものすごーく、さりげなーく、言わされるらしい。

すげえ!!そのテク教えてくれ(笑)

婚活では、証明書の提出済みの項目や本人が正直に話している分の内容など、もろもろの情報をゲットできるけど、“ふと出会った→付き合った→恋愛の延長で、はい結婚!”となった場合は、何の情報もなかったりする。

しかし、そういった現実的なことを考えるのは決してゲスい話ではない。
と私は思う。

声ちっちゃいぞー

別にそれを細かく知ったところで、好きな人なら別に影響はないかもしれないし、20代で知るのと、30代で知るのとでは違うだろうし、40代に至っては、自分でどうとでもなるので特になんとも思わないという人もいれば、逆に、自分一人で生きていくのは困難で結婚によって支え合いたいから死活問題だという人もいる。

男性からすれば、それで自分を測ってほしくないと思うかもしれないが、それも含めての魅力ではないかい?

能力があるのか、能力を維持するのに努力をしているのか、努力を継続できる意思の強さはあるのか、心身共に健康で骨太な精神力はあるのか、すなわち
「生命力」をみているのだ!!

健康も大事、でも生活力があるかどうかも大事、かつ、このご時世、この日本において、もし最低限の生活水準レベルを下回ってしまう場合、補ってあまりある愛と幸福感は得られるのか等々、男女共に考えることやと思うけどなー。
どうなんやろ???

4.本能によるパートナーの“嗅ぎ分け”

 

例えば、嗅覚には表面的な“匂い”を嗅ぎ分けるだけではなく、本能でキャッチする“ 匂い ”というものがある。
(“匂い”と呼ぶべきか、“気配”と呼ぶべきか??)

人工知能研究者の黒川伊保子さんいわく、
ビル7階相当分の距離が離れていてもキャッチできるらしい!!

脳ってスゲー!!おったまびっくり~!

「オフィスを出ようとしたら偶然エレベーターで会った」は、偶然のようで偶然ではない。
来るとわかっていて無意識にそのタイミングでエレベーターのボタンを押しているのだ。
ふふふ・・・。

「不思議とよく会う」。これも偶然ではない。いるとわかっていて無意識にそこへ向かっているのだよ!明智くん!!
(誰が小五郎やねん。)

かつ、遺伝子の“免疫力”も判別している。

自分と同じまたは近い免疫力に関しては、その人をクサいと感じたり、無関心だったりする。
でも全く異なる免疫力を持った人に対しては、いい香りだと思ったり、無臭で快適~♪と感じたりする。

これは匂いを発している物質の粒子が鼻腔の嗅繊毛(きゅうせんもう)に触れて反応するものとは別に、大脳辺縁系がキャッチし複合処理する中で遺伝子と照合され、自分の意志とは無関係に、“好ましい/好ましくない”が判別されるからなのだ!
(より免疫力の強い優秀な子孫を残すための本能らしい。)

距離による察知能力や本能に関する研究については、脳科学者の中野信子先生もTVでよくおっしゃっているし、出版されている著書にも書かれていたりするから、わりと興味深く両先生の本を読んでたな~。

「あれ?参考にしたはずなんやけどなあ・・・あれ??」
と、自己ツッコミは切ないからやめておこう。

そもそも人間は1兆種類の匂いを嗅ぎ分けられることが、米ロックフェラー大学の研究チームがはりきって論文発表しとったけども、そこへ本能による察知能力や遺伝子レベルの照合なんか上乗せされたらもう、最強やんか。パートナーを迷わず探し出せるんちゃうの。

で、実際いま結婚している人は、それぞれちゃんと“選んで”結婚してんねんな~と改めて感心・・・なんて
してる場合か!(笑)。

5.恐るべし人間の嗅覚・・・!

 

ある時、婚活仲間とデート相手がかぶった。

彼は日本人男性で、私とは“マッチドットコム”、彼女とは“e-お見合い”というノッツェが運営するお見合いサイトで知り合った。
複数登録していたみたいなので、別サイト同士の私たちでもかぶるのは、まあしゃーない。
フッ・・・“婚活あるある”の1つやな。

私はデート後、即NGしたので取り合うことはなかったのだが・・・。
ではなぜ取り合わずに済んだのか?その理由とはズバリ「香り」。おっと私としたことが、オブラートに包んでしまった!
「匂い」ね。いや「臭い(におい)」が正しいな。
なんせクッサイから!!!

「こんにちは」と近づくにつれ何やら臭う。一緒に歩いてお店に入る。食事する。散歩する。電車乗る。ずっと臭い。

お前かーーー!!

体臭が恐ろしく臭い!!
どっから何出したん!?
ってくらいのオリジナルブレンド。
こんなん匂いフェチでも卒倒するで。
SOSレベルや。
嗅覚野注)やられて大脳が停電するとこやったわ、勘弁して。
注)嗅覚野:人は大脳にあるココで「匂い」を情報処理するそうです。

「え?誰の話?」と友達がいう。

ま、まさか・・・友達はまったく感じ取らなかったというのか!あの臭気を!?
オーマイガーガーガーガーガー・・・

かんっがえられない、あんなキッツいのに!?
どうひいきめにみてもクッサイやろがい!と言いたかったが、「あれ?気のせいかな?それとも周りの人と間違えたんかなあ?」と、臭いの元を誤魔化してみる。
が、クサかった事実は訂正ナシ。
まあ、たまたまだったかも知れないしね・・・。(←1ミクロも思ってない)

すると友達は「次に会ったら確かめてみる。」といって、次のデートでは、本人から、服から、持ち物から、あらゆるものを嗅ぎまくったらしい(笑)。
結果、「そこまでヒドくない」という。

うっそーん!
あんっなキッツイのに!?まじか!?
聞けば、「原因のわかる臭いはある、認める」と。でも「体臭はない」という。
いや、「原因のわかる臭い」て・・・なんやねん、めっちゃ嫌。その方が嫌。

そのまま彼女はそのクサ男と付き合うことになり、いつの間にか同棲していた。

臭いのにええのん!?」
と、
結婚じゃなくて同棲なん!?事実婚でもないの!?」
という、W(ダブル)の悲劇・・・いや、驚き

彼はまず同棲ありきで、子供が出来たら次のステップとして結婚を検討するという考えだったらしい。
多少付き合ったからっていきなり結婚は「NO」と言われたそうな。

そういえば、以前仕事で知り合ったフランス人と付き合った時、そんなようなこと言ってたな。
てっきり“おフランス スタイル”かと思いきや、ジャパニ~ズにもいたのか。
これは人種関係なく色んな考えがあるので、まあ2人でよしなにって感じで、どちらにせよ、めでたいめでたいと祝福。

ちなみに他の婚活仲間2名(勝負写真の撮影クルー)も、彼女の友達として紹介され、異臭の彼に会った。
すぐさまメッセージが届く。

「SOS」

6.急展開!

 

で、子供が出来たのになぜか結婚せず別れるという選択!

その後、これからはシングルマザーで頑張るのかと思いきや、私がすでに退会していた“マッチドットコム”に登録し、サササーとマレーシア駐在の日本人と結婚した。
今はインドネシアに引っ越したとかなんとか。

驚いたのはその決断力行動力!婚活始めた頃からは想像でけへん。

海外志向はゼロで、日本にしか住みたくないと言っていたのに、
幼子連れてマレーシアに嫁ぐ度胸に感心。

“マッチドットコム”に登録してすぐ彼からメッセージが届いたそう。
「〇月〇日~3日間日本にいます。最終日はXX時の飛行機に乗って帰りますので、よかったらランチをご一緒しませんか?」

いい!ザ☆シンプルイズベストな良いメッセージ!
そりゃノるわ。ノっちゃうね。プロフィールも感じいいもーーん。

同席していた他の婚活仲間が「なんのやり取りもしないまま会いに行くことに不安はなかったん?」と質問。
「相談所のお見合いがそうやん。行って初めてその人との会話が始まるねんよ?それまで写真とプロフィールと相談所の人の主観しか情報ないやん。一緒やん。」と。

ご名答。おっしゃる通り。

SNSの婚活サイトでよく目にする、
「メールなどでお話しして、仲良くなれたら会いましょう」
とか、
「まずはメールでお互いを知って」
とか、まどろっこしいねん!と思ってましたんやー。

私は“会ってみな何もわからへん”という考えもあるし、ある程度写真とプロフィールの書き方で、不安の対象かそうでないか判別できるから、まずはサクッと会いたい。
どうやら彼もその類の人だったらしい。

で、子供連れて会いに行きましたとさ。お互いビビビと来たんだとさ。次に日本に来た時に数日一緒に過ごしましたとさ。で、その次にはもう両親に挨拶婚約!

はやっ!!

スラッシュビートなメタルだぜ・・・。
( ↑ トントン拍子と言いたい)
なお、彼女いわく「子供います」とか「バツイチです」とか日本人男性相手ではハンデになるのかと思ったら、独身の時よりモテた!とのこと。
うーん、確かに結婚できているのだから、“誰かに人生を決断させられるほど魅力的である”、“子供を産める身体である”、“1人で子供を育てて頑張っている芯の強い女性である”、などなど男性の本能に訴えかけるものがあるのかも・・・。

その友達に触発されてか、“マッチドットコム”で外国人と触れ合う機会が多かったせいか、もう1人の撮影クルー(←もうええって?)こと婚活仲間Sちゃんが、
「私、海外に住みたいし、タイプ的に国際結婚向きやわ」
急に言い出した。

「おいおい、待て待て、焦んなコラ。あんた英語話せたっけ?」と言ったら、
「日本語話せる人めっちゃ多いからその中から選ぶ!」という。

はあぁ・・・。しかし流暢な日本語ならまだしも、カタコト同士でどうするよ!?
多少話せる程度なら、アプリを駆使すればなんとかなるって!?大丈夫なのか???

私が退会した後も彼女は“マッチドットコム”でせっせと頑張り、1年くらい経ってから
「やっぱり日本人がいい・・・」と言って、日本の結婚相談所に入り直した(笑)。

絶 賛 継 続 中 !!

迷子になりながらも前進しようと頑張ってるSちゃん、立派やで!
むしろ1年もよく頑張ったよ!

そういう私も、早々に辞めたくせに、また再登録し、何人かデートしたがやはり撃沈するという、迷走を繰り返した。
類友やな~~(笑)。


まずはネットで海を越えたレベッカさん。
友達と婚活相手がかぶったり、
嗅覚と恋愛の関係に思いをはせたりしていましたが、
次回はとうとう本当に海を越えます!乞うご期待!

↓↓↓↓マッチドットコムのサイトはこちらから↓↓↓↓
マッチ・ドットコム

笑える婚活体験談⑦ 海外駐在員婚活にアメリカの結婚相談所!?

1 個のコメント

  • […] 笑える婚活体験談 第一弾 笑えるアラフォー婚活体験談第1弾「KKRブライダルネット」 第二弾 笑えるアラフォー婚活体験談第2弾「ツヴァイ」 第三弾 笑えるアラフォー婚活体験談第3弾「ツヴァイ」その2 第四弾 笑えるアラフォー婚活体験談第4弾「KKRブライダルネット」その2 第五弾 笑えるアラフォー婚活体験談第5弾「Yahoo!お見合い」 第六弾 笑えるアラフォー婚活体験談第6弾 「マッチドットコム」 […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA