そもそも代理婚活って?「マリックス親おや交流会」参加者口コミ

マリックス
親おや交流会

に参加した
親たちの口コミ集めました

代理婚活 世代別の意見

 

最近テレビやネットニュースで取り上げられ、何かと話題の「代理婚活」。 ザックリ言うと「子供の代理で親が婚活すること」ですが、世の中の反応は賛否両論。
まずはネットの口コミ・評判からわかった世代別の代理婚活に対する意見を紹介します。

 

 

反対派

  • 20代 「あり得ない。親と好みが合うワケじゃない」
    「まだ結婚なんて考えられない」
  • 30代 「まだ親に探してもらうほどは焦っていない」
    「十分プレッシャー感じてるんだからそっとしといてほしい」
  • 40代 「親が気に入った人と合うと思ったことがない」
    「親が出てくるから話がややこしくなる」
  • 50代以上 「過保護すぎるのでは」
    「無理やりくっつけてもうまくいかない」

賛成派

  • 20代 「彼女いない歴=年齢なのでいざとなったらアリかも」
    「結婚に夢を持っていない。するなら親のためだから」
  • 30代 「親と価値観がすごく合うのでアリだなと思う」
    「忙しくて婚活できず不安なので」
  • 40代 「親が行きたいと言うなら反対できない」
    「ずっと心配かけているので」
  • 50代以上 「結婚は本人同士だけの問題ではないので」
    「親が子供のために努力するのは何歳になっても当然のこと」

だいたいこんな感じでした。
2ちゃんねるやヤフコメでも賛否両論。意外に20代30代で「ナシよりのアリ」意見が多かったのはビックリしました。

口コミからわかる代理婚活とは!?

報道が先行している代理婚活。実態はどうなのか?参加者にシステムを聞いてみました

では実際に老舗結婚相談所・マリックスの親おや交流会に参加した人たちに教えてもらった代理婚活の中身を紹介します。

マリックス親おや交流会 応募方法

 

参加者によると、親おや交流会の応募は意外とめんどくさいです。

 

 

①まずHPの入力フォームに必要事項を入力します。

  • 父親・母親の名前
  • 郵便物の宛名指定
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

「郵便物の宛名指定」とは、母親は参加したくても父親には言いづらい・同居しているシュウトメには知られたくない・・・など家庭によっていろいろ事情があることを考慮したもののようです。ただし申込フォームには「親御様がここに入力する内容はお子様の同意を得ていることを前提としています」とあるので、子供にヒミツというのはダメです!

②すると数日後に郵便物が届きます。中に入っているのは以下の2つです。

  • 申込フォームに入力した内容が印刷された用紙
  • 子供の情報を記入する用紙
  • 今後の手順が書かれた用紙

今後の手順にのっとって、まず電話をかけます。そこで参加の意思を伝えた上で、入力内容に訂正があれば訂正し、子供の名前・住所・学歴・職業・長所などを記入した用紙を郵送します。面倒なことに「電話」と「郵送」両方です。しかし身元確認をしっかりやるため、なのでしょうね。

③そして指定の日までに料金を振り込みます。

  • 料金は1万6千円
  • 初回はプラス登録料2千円
  • 夫婦で参加の場合は料金2倍(2万6千円)
  • 子供が2人以上の場合は1人につき5千円

けっして安くはありません・・・。
※上は東京会場の料金。大阪・名古屋は1万3千円、福岡は1万千円。

④すると身上書と当日の案内が郵送されてきます。この身上書に子供の情報を記入して写真を貼って、当日はそれを親が見せ合うのです。

  • 親の連絡先の住所・電話番号
  • 子供の名前
  • 子供の住所(市区町村まで)と本籍地の都道府県
  • 子供の生年月日
  • 子供の身長・体重
  • 子供の学歴・所有している資格
  • 子供の勤務先
  • 子供の趣味・自己PR・お相手への希望
  • 子供の婚歴(初婚・再婚)
  • 家族構成と家族の学歴・職業

マリックス親おや交流会 当日の流れ

東京会場はリーガロイヤルホテル東京

会場はゴージャス!
タイムテーブルは以下の通り。

11時半  会場(プロフィールの一覧配布)
12時40分 説明
13時   開演 マリックス代表あいさつ
13時05分~13時50分 男性側の親からアピール
~14時35分  女性側の親からのアピール
~15時    フリータイム(軽食付き)

東京会場はリーガロイヤルホテル東京の大ホール。
ゴージャスです。しかも同じフロアのすぐそばでは結婚式が開かれているとか・・・。花嫁衣装に身を包んだ新婦と新郎が並んで写真を撮られていたりする横を通ったりするそうですよ。何だかせつないですねぇ・・・。それとも「うちの子も頑張って花嫁衣裳を着せるわ!」と逆にはりきるのでしょうか!?

たたかいは開演前から始まっている!
ところでこのタイムテーブル、見ててあれっ!?と思いませんか?

そうです、会場から開演までに1時間半もあるのです!
11時半から受付が始まり、そこでホチキスで止められた数ページにわたるプロフィール一覧&座席表が渡されます。要はこの1時間半の間に必死で全員のプロフィールを見て、話したいお相手がどこに座っているかを座席表で確認し、印をつけたりメモをとったりするのです。

座席表

プロフィール一覧

ほとんど勉強に近い感じだそうです・・・。皆さん、もう必死。ある程度条件を絞らないと、とてもじゃないですが、1時間半の間に選べません。何しろ東京会場の定員は200名。さすがに全部うまることはないようですが、100名を切ることはなく、だいたい100~150名は来るそうです。チェックするのは異性の子供のプロフィールだけですからほぼ半分にはなりますが、なかなか大変とのこと。たとえば「うちの子は30歳女性だから30代の男性はOK、でも40代の方や再婚の方は条件からはずそう」といった感じでじゃんじゃん選んでいかないと、とてもじゃないですが、時間内に選びきれないようです。

とは言え、リピーターも多いらしく、つわものは10回以上来ているとか。慣れた方はそんなに早くから来ないため、説明が入るのは開演20分前になっています。

 

代理婚活は親の自力で行われる!
13時、開演。
40年以上の歴史を誇る老舗の結婚相談所・マリックスの代表・升村要氏からあいさつがあります。

そしていよいよ45分間、男性の親からのアピールタイム。
五十音順に分けられたテーブルの青の番号の席に座っている男性の親が、パラパラと立ち上がり始めます。そして赤の番号の席に座っている女性の親のところへ各自、自由にお話しに行く、というシステムです。

システム・・・ってほどでもないですね。正直、いろんな方から口コミをお聞きして、ビックリしました。主催者のやっているのは申込の受付・プロフィールの準備・問い合わせへの説明など事前のものがほとんどで、当日は受付とコピーの受付(相手に渡す身上書が足りなくなった時のため)とお手洗いの案内とかくらいしかやってくれないそうです。まぁ、声をかければ対応してくれるようですが。

ほんとにシステムとは言えません。ミラコロ独自取材によると、親おや交流会はめっちゃアナログ。親同士、自分で自分の子供の身上書を持って、座席表を頼りにお目当ての異性の子供の親のところへ行き、話をして、お互いの子供の写真付き身上書を交換するのです。

終了後、お見合いするのもとにかく親ががんばる!
そして持ち帰った身上書を子供に見せ、お互いに気に入ったら、親同士で連絡を取り合い、お見合いをする、という流れなのだそう。マリックスは「お見合い料は無料です」と言っているらしいですが、「当たり前だ!」と言いたくなりますよね。

ちなみに、身上書を交換したものの、お見合いに至らなかった場合は自分で送り返すのです。ここでもマリックスは何もしてくれません。ですから会場で身上書を交換する時、みんな返信用封筒と切手を一緒に渡すんだそうです。

身上書はすんごい個人情報のかたまり。ですからマリックスでは「特定記録郵便」というのを奨励しているそうで、これは通常の郵便料金にプラス160円かかります。特定記録とは、その名の通り、郵便物を出した記録が残るもので、受領証がもらえるのでのちのち出した出してないのトラブルが避けられるものです。

ひとつ補足。
親のアピールの順番は、いつも男性が先というワケではないそうです。男性が先だった次の会では女性が先になります。これは参加者の要望が反映されたものだとのこと。年齢や条件によっては待っていてもあまり申し込みが来ないという親にとっては、自分からどんどん動きたい、ということのようです。

代理婚活に参加した親の口コミ

 

 

では、代理婚活に参加した親御さんたちの生の声をお読みください。

20代の子供をもつ親の口コミ

  • (20代後半女性の母親・初参加)娘は小中高と女子高育ちのせいか、あまり男性と縁がなく、女らしさをアピールするのが苦手なようでなかなか彼氏もできない。30歳を超える前に何とかいい人をと思って参加した。
  • (20代後半男性の母親・初参加)20代のお嬢さんをここで結婚させた知人に勧められて参加した。親同士が先に仲良くなるので、お見合いして本人同士が気に入れば、あとはとてもスムーズに運んだと聞いたので、30歳になる前にと思って参加した。
  • (20代後半女性の母親・初参加)とても真面目でおとなしい娘で、しかも年配の男性ばかりの職場で働いているため、婚期を逃してほしくないと思い、参加してみた。娘に話したところ、特にいやがりもしなかった。
  • (20代後半女性の母親・2回目)夫が経営者なのでできれば後継者になってくれるお婿さんに来てほしい。なかなか難しいとは思うが、気長に続けていきたい。

30代前半の子供をもつ親の口コミ

  • (30代前半男性の母親・初参加)同じ年の息子を持つ知人から、ここに何回も通ってお嫁さんを見つけたと聞いて参加した。男性も30代後半になると申し込みが減るようなので、何とかあと1年くらいでお相手を探したいと思っている。
  • (30代前半女性の父親・初参加・夫婦で参加)妻の方が一生懸命で、ついてきただけだったが、皆さんの真剣さに圧倒された。感じの良い親御さんばかりで、お子さんもしっかりした方ばかりなので、確かにここなら良い相手が見つかるかもしれないとは思った。
  • (30代前半女性の母親・2回目)参加する前は、30歳を過ぎたのでかなり年上の男性ではないとムリだと思っていたが、前回、同じ年やひとつ下の男性とも身上書を交換できた。自分もお見合い結婚だが、今は待っていても縁談は来ないので、参加しているうちに良いご縁があるのではと期待している。
  • (30代前半男性の母親・複数回)何度も参加していると、だんだん顔見知りの親御さんが増えてくる。中にはお見合いした女性の親御さんもいる。でも皆さん、お互い様なので、特にトラブルになることはない。
  • (30代前半女性の父親・2回目)前回は妻ひとりだけで参加。何通か身上書を持ち帰り、何件か見合いもしたが、うまくいかず。妻と私では意見が違うので、それなら一緒にということで夫婦で参加した。娘は仕事に夢中で忙しいのもあって、「また行くの?」と面白がっているところもある。

30代後半の子供をもつ親の口コミ

  • (30代後半男性の母親・2回目)弟は結婚して子供がいるが、兄は昔から奥手。彼女を家に連れてきたこともない。結婚に対する意欲があるのかないのか分からないが、前回1度お見合いして今回も応募するよと言ったら嫌がりはしなかったので、参加してみた。
  • (30代後半女性の母親・4回目)本人に任せていたらとうとうこの年になってしまい、40歳で未婚になったらどうしようと心配でたまらない。早くいい人を見つけて肩の荷をおろしたい。
  • (30代後半女性の母親・3回目)若い頃にはお付き合いしている男性もいたようだが、最近は本人もあきらめているような感じ。でも本当はつらそうなので、親の心の安定のために行かせてと軽く行って参加している。何とかいい人を見つけてあげたいという気持ち。

40代の子供をもつ親の口コミ

  • (40代前半女性の母親・3回目)本当は自分で探してほしいというのが正直な気持ち。ほどほど収入もあり、自分で好きなものも買えるのでなかなか本人がその気にならない。3回目の参加になり、参加するたびに複数のお見合いに至っているが、なかなか難しい。
  • (40代前半女性の母親・2回目)30代の終わりから参加しているが、40代を過ぎると急に申込が減るし、親御さんと同居という条件が増える。やはり早いうちから動かれた方がよいと思う。
  • (40代後半男性の母親・2回目)30代まではいろいろ縁談もあったがうまくいかず、40代に入ってあきらめていたが、知人から話を聞き、参加し始めた。自分たちが元気なうちに何とか結婚してほしい、少しでも助けになればという気持ち。

【実録】マリックス代理婚活は真剣な親たちの救済の場だった

【代理婚活(親コン)】親が子供の代理に婚活?うるさいトラブルや口コミ・評判はどうなの?

マリックス親おや交流会に見る「代理婚活あるある」30選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA