マリックス親おや交流会に見る「代理婚活あるある」30選

代理婚活あるある!
(※マリックスの親おや交流会に参加したことのある
親御さんたちを独自取材!)

 

  1. 初参加!前日に案内を読み直して準備の大変さにビックリ!⇒返信用封筒に自分の住所・氏名を記す・切手を封筒ごとに小分けにする・封筒ごとに写真を貼った身上書と切手を入れる などけっこう準備が大変。前もってやった方が。マリックスはトラブルを防ぐため、「特定記録」を推奨しているので、1通につき、通常より160円ぶん多い切手が必要。
  2. 受付は開場時間のけっこう前から行列⇒できるだけ早めに行きましょう。ロビーやラウンジもありますし。
  3. ひとりだけ目立つ服装で来てしまった!⇒父親はスーツがほとんどだが、母親は華美でないお出かけ服という人がほとんど。しかし混雑する中で覚えてもらいやすいようにわざと目立つ色などもアリかも。
  4. 1万6千円(初回はプラス2千円)を払っても欠席する人も。⇒おそらく子供の許可がおりなかったのか?子供に黙って申し込むのはやめた方がよさそうです。
  5. 男女で分けても50人から80人くらいになるので、リストに印をつけておかないと大変!⇒条件をしっかり絞り、蛍光ペンや付箋を持っていくといいかも。
  6. 両親とも大卒、父親が一流大・一流企業などがほとんど。⇒料金が1万6千円(初回はプラス2千円)なので必然的にスペック高めになる。が、そこまで高スペックな人(家族全員、東大とか、医師一家とか)はいてもごくわずかなのでご安心を。
  7. リストには印をつけたけど、その番号の人がどこにいるかわからない!⇒リストに印をつけたら、座席表でその番号に印をつけて。年齢など簡単な特徴も欄外にメモすると効率よく回れます。
  8. 何通か身上書をゲット。だけどどれが何番の人の身上書なのかわからなくなった!⇒身上書はたいてい封筒に入れて渡されるので、封筒にすぐに番号を記入しましょう。
  9. 写真・身上書・メモなどが会場によく落ちている⇒写真は身上書にしっかり糊付けを。当日は整理整頓のしやすいファイルなどを使用するとよいかも。
  10. 初めて会うたくさんの人と混雑する中で話してグッタリ。⇒待ち時間やフリータイムに黙っていたらもったいない。せっかくなので周りの親たちと情報交換を。何度も参加している親からはいろんな話が聞けます。
  11. シャトルバスは帰りはズラッと並んで、次の便になるかも。⇒お手洗いはフリータイムに済ませて、終了したらすぐに乗り場に向かうか、待ち時間に話せる相手を見つけておくとよいかも。
  12. 必死で動き回る母親に対して、父親は座ったままぼんやり。⇒特に娘の場合はあるあるな光景。可愛い娘を取られたくないが、かと言って一生独身も心配、という複雑な父親の姿。意外とすぐに身上書を受け取ってくれるので、条件が合うなら話しかけてみましょう。
  13. 身上書の写真を見てみると、「どうしてこんないい人が」と思う人ばかり。⇒太っている人や本当にルックスの悪い人はほとんどいない。なので逆に言うとルックスは気にせずに条件でどんどん選ぶべし。
  14. うちの子の写真だけ普通のスナップ写真で肩身が狭い。⇒せっかくなのでとっておきの奇跡の写真を持参しましょう。プロに撮ってもらうのもアリ。ただし成人式の着物の写真より普通に洋服の方がイメージしてもらいやすいかも。
  15. お見合いを申し込むために電話しようとしたら、どの番号にかけていいかわからない。⇒会場で身上書を受け取ったら必ずどの番号にかければいいか、携帯なら誰の携帯か聞いてメモをしておきましょう。
  16. 12月の交流会は成婚に結びつくことが多い。⇒年末年始は普段より親子でじっくり話す時間がとれるからのよう。なのでマリックス推奨の身上書返却期間2週間を過ぎても、お相手に1本もう少し待っていただけますかと連絡を入れて、じっくり親子で話し合ってもよいかも。
  17. 開場の11時半から終了の15時までお水・サンドイッチ・コーヒー程度。⇒サンドイッチは最後の30分程度のフリータイムでしか出ないので、お腹がすかないように朝食はしっかりとっていきましょう。
  18. なぜかリストに大学名が表示されてたり、されてなかったり。⇒ちゃんと表示してほしい場合は開催前の確認の時点できちんと伝えておきましょう。記入事項を送る時に赤で書いておくとか、電話で伝えてもよいでしょう。
  19. 他県からの参加者も。⇒遠方からくる親もいます。子供が東京で働いているからという場合もあれば、結婚して地元で暮らしてほしいという親もいるので、そのあたりは確認を。
  20. 基本、初婚ばかり。⇒再婚の人はいるけれどかなりレア。20代ならいいかもしれないが、30代以上で再婚ならあまり成果は得られないかも。
  21. 男性・女性ともに親と同居している人が多い。⇒男性は4割、女性は6割くらいが親と同居している。それだけ大事にされている、育ちが良いということかもしれないが、女性は結婚してすぐに姑と同居でないか確認した方がよいかも。
  22. 意外に若い女性の親が多い。⇒20代の女性の親も10名くらいいる。35歳以下の女性が半数を占めることがほとんど。ただしその親と話すには順番待ちが必要なこともあるので、やはり効率よく回ることが必要。焦らなくてもフリータイムにゆっくり話しかけてもよいかも。
  23. 男性は20代~50代まで幅が広い。⇒娘の年齢の条件が幅広いなら、年齢にこだわらず、多くの男性の親とやりとりしても。その場合は娘に年齢以外にゆずれない条件を聞いておきましょう。

~一度の親おや交流会で2~3組の成婚があるようです。また、どの親も1人くらいとはお見合いさせているよう。なので、この「代理婚活あるある」をよく読んで、万端の準備でのぞめば子供の晴れ姿が見られるかもしれません!~

そもそも代理婚活って?「マリックス親おや交流会」参加者口コミ

【実録】マリックス代理婚活は真剣な親たちの救済の場だった

【代理婚活(親コン)】親が子供の代理に婚活?うるさいトラブルや口コミ・評判はどうなの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA