恋愛バラエティー番組「ヒット’76〜’79」とは?参加賞がまさかの○○!?

恋愛バラエティー「ヒット’76〜’79」とは?

 

恋愛バラエティー番組は今の時代でも人気がありますが、昔も人気を集めていました。今から約40年前のヒット’76~’79という番組は、1976年4月3日から1979年3月31日までの期間放送されており、歌謡番組の要素を取り入れた恋愛バラエティー番組でした。毎週土曜日の18時から18時30分まで放送された30分番組で、トータルで154回ありました。

この番組は、一般女性あるいはゲストの女性歌手とのデートを目指して12人の一般男性が質問に答えていき、最終的に残った一人の男性と女性でカップルが成立するかどうかを見届けるという内容です。

また、他のゲストとして招かれた歌手が歌を歌うという内容もありました。12人の男性から1人の男性に絞られるとき、落とされた男性は滑り台で滑っていくというユニークな落とされ方で若者から人気を集めました。

ヒット’76~’79は3年間で終了しましたが、1983年12月によく似た内容の番組が再びつくられることになり、この番組が多くの人々の記憶に残っていたことがわかります。当初司会は海原千里・万里という女性姉妹の漫才師によって行われていましたが、1977年4月からはレッツゴー三匹に引き継がれました。

ちなみに海原千里は後日上沼恵美子に改名し、現在でも関西で冠番組を持つ人気コメディアンです。また、司会は1978年4月からは春やすこ・けいこに変わりました。インタビュアーとしてはフォーリーブスのおりも政男の他に、日本テレビアナウンサーや漫才師などがいました。

なんと参加賞が〇〇!?

 

番組の流れは女性の自己紹介からスタートし、前半戦の質問が行われます。オープニングが終わるとCMが入り、司会者による漫才の次にはゲストによる歌が披露されます。次に他のゲストの歌が披露されたら2度目のCMが入り、後半戦のデートコーナーになります。商品が読み上げられたら3度目のゲストの歌が披露され、3度目のCMが入ります。エンディングでは女性にインタビューが行われ、出演者がステージに集まります。4度目のCMが入ってクロージングとなります。

カップル成立となった場合には、賞品としてペアウォッチがプレゼントされました。参加賞もあり、女性にプレゼントされるのはウェディングドレスというユニークなものでした。女性ゲスト歌手には多くの人気者が登場しており、当時高い人気を集めていた桜田淳子や柏原郁恵、山口百恵やピンクレディーといったアイドルが中心でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA