縁結びのパワースポット 埼玉県の川越氷川神社とは!?

川越氷川神社とは?

川越氷川神社(かわごえひかわじんじゃ)は、埼玉県川越市にある神社で、川越の総鎮守とされています。関東三大まつりで国の重要無形民俗文化財である川越祭り(川越氷川祭)は元々、氷川神社の例大祭であります。

主祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)と奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、その子供で大己貴命(おおなむちのみこと)、脚摩乳命、手摩乳命で、2組の夫婦神が仲良く鎮座することから、古くから縁結びの神として信仰されています。

創建は欽明天皇2年、本殿の様式は入母屋造。歴史は欽明天皇が入間川で夜な夜な光るものを見て、これを氷川神の霊光だと捉え、当地に氷川神社を勧請したと伝えられています。この神社は、川越の総鎮守とされ太田道灌以来川越反歴代藩主の尊敬を受け、その後酒井忠勝らが社殿造営を行いました。

また、昭和23年境内より祭祀用の石剣が発掘され、当地では5世紀を中心とする古墳時代から、集落が形成され祭祀が行われていたことが判明しました。川越氷川神社が司る有名な川越氷川祭は川越藩主・松平信綱時代に開始されました。

2014年から始まった縁結び風鈴祭には、「風鈴回廊」が設置され、願い事の書かれた短冊を結びつけた風鈴が多数飾られて、涼しげな音色が聴けます。縁結びの神社として有名で、多くの参拝者が訪れるますが、最近では韓国の人気ドラマ「私たち結婚しました」のロケ地となり、川越氷川神社が紹介され、外国人参拝者も多数訪れているうようです。

氷川会館は埼玉県内では唯一の神社隣接の専門結婚式場として知られています。また、結婚式のなかで行われる誓いの儀式「結い紐の儀」は川越氷川神社独自の儀式として商標登録されています。このように、恋愛成就のパワースポットとしてだけではなく、戌の日・安産祈願も有名です。

1日限定20個の縁結び玉(境内の玉石を持ち帰ると良縁に恵まれるといわれている)や、.絵馬トンネル(その数およそ3万個にものぼる)も夕方からライトアップされ幻想的な雰囲気に包まれるので人気が高いです。婚活に励む人には、心強い神社です。

川越氷川神社のアクセス

交通アクセスは、東武東上線・JR川越線川越駅、西武新宿線本川越駅より東武バス。川越氷川神社下車すぐ。喜多町下車徒歩5分。小江戸巡回バス(イーグルバス)氷川神社前下車すぐ。

車は関越自動車道川越インターから国道16号にてさいたま市方面に向かい、小仙波交差点から国道254号に入り、氷川町交差点を左折。川越インターより車で約20分。

良縁2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA