縁結びのパワースポット 東京・原宿の明治神宮とは!?

東京・原宿の明治神宮とは

明治神宮

明治神宮(めいじじんぐう)は、東京都渋谷区にある神社です。祭神は明治天皇と昭憲皇太后。1920年に両御祭神と特にゆかりの深い、代々木の地に鎮座となります。初詣は例年日本一の参拝者数を集める神社としても知られています。

そのほか、大相撲横綱土俵入りや、こどもの祭まで幅広い祭典と行事、厄祓い、祈願をとりおこなっています。加藤清正が掘ったと言われる清正井(きよまさのいど)や明治天皇のおぼしめしにより昭憲皇太后のために植えられた、美しい花菖蒲など、多くの見どころがあります。

鬱蒼と茂った緑したたる常磐の森は、神宮御鎮座にあたり、全国から献木されたおよそ10万本を植栽した人工林で、面積は70万平方メートル、豊かな森に成長し国民の心のふるさと・憩いの場所として親しまれています。

本殿の曲がる角の角度は88度となっていて、この数字は末広がりの八から来ているといわれて最強のパワースポットとなっています。また、清正井は水温が15度で毎分60リットルの水が湧き出ており、水には浄化作用があるので、癒しのご利益もいただけます。

携帯の待ち受けにするとさらに運気がアップすると言われています。大鳥居から続く南参道は「良縁」「縁結び」のご利益をがあると言われ、この鳥居は木造の鳥居としては日本最大の大きさで、樹齢1500年の木から作られました。

鳥居をくぐってすぐ右手の大木に特にパワーが宿っていると言われているので、触ることでご利益をいただけます。運を開くためには自分自身が健康で家族も幸せであることが開運に繋がるはず。社殿は健康祈願家内安全もご利益があるので、しっかりと祈願したいところです。

拝殿に向かって左にある2本の木は「夫婦楠」と呼ばれるご神木で、夫婦円満・家内安全のご利益があると言われています。拝殿に参拝した後、御神木から社殿に向かって拝礼するとパワーアップします。

明治神宮は全国的に見ても数少ない世界平和を祈願した神社なので、自分へのご利益ばかり考えるのではなく、世界が平和で幸せになれるように祈ることが大切かもしれません。この神社のご利益は癒しと浄化で、男女の仲、良縁などの癒し、精神力を高めた未来を切り開く浄化の力などがあると言われています。

明治神宮のアクセス

交通アクセスは、原宿口<南口>JR山手線「原宿」駅、東京メトロ千代田線・ 副都心線「明治神宮前<原宿>」駅。代々木口<北口>
JR山手線「代々木」駅、都営地下鉄大江戸線「代々木」駅、東京メトロ副都心線「北参道」駅、・参宮橋口<西口>小田急線「参宮橋」駅
車は、首都高速4号新宿線代々木ICより約5分 です。

良縁2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA