年収300万円の男性を年収1000万円に育てる方法&思考10選

 

婚活中に出会う相手を年収だけで選んでいると結局良いお相手が見つかりません。年収以外の見た目、外見、雰囲気が理想的で、年収が低いだけの男性を、年収1000万円に育て上げるコツ、将来年収が上がる男性の選び方をまとめました。読書感覚でのんびりと読んでいってください。

長文なのでブックマーク推奨。

 

 

 

読むまでにかかる時間:約40分

読むまでに消費するカロリー:45kcal

 

消費者から生産者に切り替えさせる

 

 

  • お金はお金に稼いでもらう
  • 先行者利益を取りに行く
  • 消費者が求めるものを扱う
  • 流行・トレンドを先取りする
  • 常に情報発信することを心がける
  • 自分の信者・サポーターを作る

 

どんな仕事も他者の役に立っているからお金がもらえるわけですが、本当に力がある人はある程度の財を持てば、その人の生活費はその人のお金に稼がせて、本人はもっと他の所で活躍できるようになります。不動産やFXを無理に始める必要はないですが、アルバイトや契約社員として毎月一定額を稼いで、毎月生きるために消費するという生活スタイルからは早めに卒業させたほうが男性のためになります。スーパーマーケットのような小売業も、安く仕入れて、高く売るという基本を守って収益をあげているだけなので、人件費や維持費をその収益から支払っても、まだお金が余るというような仕組みを考えて実践させていくとよいでしょう。100円や1000円単位のフリーマーケットから始めてもよく、何も変化させず発展のないままダラダラ生活するよりは可能性がある男性に育っていくでしょう。

誰よりも先に取り組んだ人には、基本的に先行者利益がつくのが現代のお金のルールです。著作権や商標登録など知らなければ横取りされることもありますが、先行者であればその権利はきちんと守られると考えて良いでしょう。日本は海外の文化が遅れて入ってくる国で、この数十年ほとんどその様子が変化していません。海外の文化や流行に目を向けつつ、早い段階で日本にそれらを普及させるための下準備をしておけば、数年後に日本でヒットすれば先行者利益が得られるはずです。ベンチャー企業がやっていることと似ており、ヒットアンドアウェイの基本をおさえて、早めにビジネスをまるごと売ってしまうのも良いでしょう。先取りするというのは、泥臭く、かっこ悪いと思う人もいますが、その開拓者がいるからこそ、新しい文化も花咲いていくのです。アメリカ大陸の開拓も、宇宙開拓も、地味で人手を必要とし、泥臭く、地道な作業の繰り返しで成功できたものなので、ビジネスにおいてはかっこよさなど必要ありません。地道に開拓できる男性ほど、成功をつかむ可能性が高いです

 

自分のやりたいことを仕事にしても成功することはありません。購入する人、サービスを利用する人が満足してはじめてビジネスが成り立つため、自分がわがままにやりたいことだけやるというスタイルの働き方は必ず失敗します。ビジネスはいつの時代も自分と相手がいて初めて成り立つものですから、成功を求めるなら、相手が求めていることにきちんと気づいて応じられる感度の良さが必要です。気遣いとは異なり、主に観察力・洞察力が大切です。細かなことにも気付ける男性であれば、元々その力は備わっていると考えて良いですが、生活面でちょっとしたゴミや目立つ汚れを放置しているような場合は、女性が一から鍛え上げなければいけないため、お金持ちに育て上げるには時間と手間がかかってしまいます。

 

 

日本には幸いにも四季という、季節の移り変わりとともにトレンドの変化にも気付ける要素が昔からあったため、多くの日本人はちょっとした変化にも敏感です。手先の器用さや品質の高さもそうした気づく力が高かったために生まれたもので、今でも旬の魚介や野菜を選んで食べれば、食費は抑えられて、栄養価が高いものを食べられます。これは、生産者側でも同じことで旬のものは安く入手できて、利益がそこそこ出せて、ユーザー満足度が高くなりやすいため、ビジネスでもこの流行はとても大切にされます。FXでもチェックすべき経済指標の時期がくれば、そこに目を向けるのと同じで、新しいもの好きなのとは異なり、人の心をつかんでいるモノを見つけられる力が男性に身につけば成功させやすくなります。

ただトレンドを掴んでいても発信しなければ他の誰かに利益が流れてしまいます。諸行無常の世の中で、知っていても行動しなければ利益が生まれる場所が変化するのも当然のことで、積極的に知っていることに自信を持って情報発信するのはとても大切です。ブログでもTwitterでもなんでもよく、公に向けて自分をアピールできる力があるのはとても強いパワーになります。情報発信は、ある程度成熟してくると自然と求心力になるため、長い間情報発信できる人ほどベクトルの向きが代わって、発信する人に多くの情報が集積されるようになるものです。そのため、一見無駄に思えても配信すること、公開する行動を取っている男性は、いずれ成功していくことになるでしょう。

サラリーマンであっても、成功している人は顧客や取引先との信頼関係を築いて「この人ならば大丈夫だ」という安心感を持たれているものです。個人事業主でも、その人に頼ればきっと解決できると他の人に思わせることができれば、ビジネスはより密接な関係の顧客とともに成長を続けるでしょう。極端な表現をすればその弾性の信者を作る、きれいな言い方をすればその男性のファンを作るといえます。パートナーになる女性としては色んな人に人気がある男性は心配でもありますが、多くの人に好かれる男性ほど成功する可能性が高いです。パートナーの女性としてあなたが選ばれるには、あなたが最初で最後の女性で、結婚相手にふさわしいと思わせることです。ただその男性に媚びるのではなく、男性とともに成長や改善を続けていける女性だと、その男性に思わせることで選ばれやすくなります。

 

 

お金の価値観を塗り替える

 

 

  • お金は「ありがとう」の代名詞
  • お金は常に流動させるもの
  • お金は知識と経験についてくる
  • 贅沢とお金の本質は別物
  • お金は「賢者の石」:正しく使える人にしか集まらない
  • お金は自利利他基準で巡るもの

 

基本的にどんなビジネスも、どんな取引も双方対等に行われますが、根底にあるのは交換しているということで、取引をするもの同士の間に感謝の気持ちがなければいけません。商品を売ってあげている、商品を買ってあげているというような一方的な考え方はビジネスでは成り立たず、どちらも相互関係、協力関係にあるものです。お金はその商品やサービスの交換をする時の伝達手段でしかないので、どちらか一方にとってお金が優位に働くというのは本来異なる感覚です。特に年収の低い男性ほど、お金の扱いが雑だったり、お金の管理が甘かったりするため、お給料として受け取ったお金を「お客様からのありがとう」だと捉えて使えるように教育する必要があります。個人事業をやっていればその感覚は自然と身についてお金に対して感謝の念が生まれやすいですが、そうでないサラリーマンがパートナーになる場合には、価値観の上書きをしていきましょう。

お金は取引を行うため、商品やサービスの交換をするために存在しているものなので、常に流動するという性質を持っています。世界に100万円分のお金と100人の人間しかいないとして、90万円を1人の人間が貯金して使わないでいると残りの99人で10万円を分散して使うことになります。この時、90万円を貯金しているだけの1人は、一見裕福にも見えますが、実際には99人が10万円で回している経済の中でしか取引、消費ができないため得られるもののレベルはあまり変わりません。99人で10万円を分散している市場では、その価値に比例したものしか流通しないため、物資や食料もそれなりのものしか確保できません。90万円を持っている1人が贅沢をしようと思ったら、必ずお金を使って他の人を働かせて「贅沢」を用意しないといけないため、結局お金が流動することになります。お金の扱い方や富の仕組みを男性に学ばせてお金が入ってこられる地盤を確保しましょう

お金は「ありがとう」という気持ちに自然とついてくるものだということはすでに述べましたが、そこから得られる帰結として「誰かに役に立てること」という条件が生まれます。人の役に立てなければ感謝されることはなく、他の誰にでも、本人にでもできることをしたからといって感謝されるとは限らないため、お金を多く集められるのは、知識や経験、技、実力がある人ということになります。もちろん、才能や他の人には思い浮かばないようなアイデアを持っていてもお金は集まりやすいですが、アイデアや才能をしっかりお金に変える知識や経験があればさらにお金は集まるようになるでしょう。結婚相手の男性が勤勉で、新しい知識に対しても真摯に学びの姿勢を持てているようであれば心配ないですが、さらに求めるとすれば実学を中心とする行動に基づいた学習と実践ができていればより魅力的です。

 

 

裕福なのと贅沢できることは、その本質が異なります。男性がその違いに気づいていない場合には早めに改善して、お金が集まる人間に育てていきましょう。本物の贅沢というのは、お金をたくさんかけて高級なフレンチを食べるのではなく、好きな人と好きな場所で好きな時間に好きなことをしたり、好きなものを食べたりできるのが贅沢というもの(時空の束縛を受けないこと)です。どんなに高級な料理やアクティビティもひとりでやっても、時間に束縛されても何も満たされないものです。高級な「もの」はピンキリで、高いものはどこまでも高いためお金をかけても際限がありません。そこにお金をかけるよりは、時間やチャンスを得るためにお金をかけるのが裕福な人です。

お金は人を救うこともありますが、人をダメにすることもあります。お金を使う人によって、生かすことにも殺すことにもなります。たったの1000円でも使い方によって0円にも10000円にも変化するのがお金で、錬金術のような感覚で使わないと一瞬でなくなってしまいます。お金を稼ぐときには、お金を生かさないといけないため、消費するだけの感覚はなくして、消費しながらも何かを得られるようにするのが無難です。ただ稼いで消費するだけの生活をしているのが年収300万円の人の生き方で、稼いだお金から自分を磨いたり、仕事でプラスになるようにお金と時間を使っていくのが年収1000万円の人の生き方です。お金だけでなく、仕事に関わる人や環境、仕事を大切にできる人にしかお金は集まってこないものです。

自利利他とは、その行いが他人のためにもなって、自分のためにもなるという考え方・行動です。自分のことしか考えていない行動は我利我利と呼び、お金を稼いだり、徳を積んだりしたいときには避けるべき行動です。お金をたくさん稼ぎたいならば、まずは他人のためになる行動、仕事をするように心がけましょう。お金になる仕事を何でもかんでも行っていても、間接的にその仕事で迷惑を被る人がいればその仕事からお金が増え始めることはありません。全ての人と言わないまでも、人に対して迷惑・マイナスになるような仕事は避けて、人の役に立てる仕事を優先して最低限の自利利他を果たせるようにしましょう。普段のプライベートや仕事の関係ない時でも自利利他の精神は守って行動しましょう。

 

 

性格と行動を塗り替えていく

 

 

  • 素直で行動力がある
  • 大きな志と夢がある
  • 我慢強く勉学に励む
  • 失敗を恐れず実践する
  • 他人と比較しない
  • 上手に区別ができる

 

成功する人の多くは、ちょっとした思いつきやきっかけ、他人からのアドバイスに対しても素早い行動が伴います。他人から何かいわれても、素直に聞き入れて、適切に吸収し、行動に移せる男性は成功する可能性が高いです。腰を上げるまでが遅い男性はあまり成功する可能性がないので、年収の高さやある程度成功している男性をパートナーに選びたい方は、行動力の高さをチェックしましょう。素直過ぎて、他人の言うことばかり聞いてしまって、自分の軸がない男性は良くないですが、きちんと自分で考えつつ、柔軟かつ素直に行動できる男性はお金持ちになっていくでしょう。行動力を高めるには、日頃の身近なことからはじめ、家事や料理などから取り組ませれば行動力を高められます。

年収1000万円を目指しても、夢や目標、志がなければ高い年収を維持できません。また、目標がなければ年収1000万円を目指して行動できないので、どんな内容であっても夢、目標があるのは大切です。現状分析できずに夢ばかり語っている男性や、夢があるだけで資格取得やスキルアップの行動が現れていない男性は疑ってかかるべきですが、しっかり夢が叶う方向に向かって努力しているようならば応援しても良いでしょう。ただし、芸能関係や音楽関係の夢は成功しても長続きせず、成功できるのは才能頼りなため、応援する必要も、無理にお付き合いすることもありません。手堅く、地道な努力ができない人は夢を実現することは出来ません。

成功する男性は、どんな時でも学ぶことをやめません。人生120年、ずっと勉強が必要であることを理解しており、自分の知らない世界がたくさんあることを学びましょう。どれだけ勉強しても知らない世界があるので、地道に勉学に励んでいる方や、計画的に勉強している方、自分が学ぶべきことを理解している男性は成長する可能性があります。最初から勉強をせず、誰かに学ぶこともせず、楽をしてリスクもとらずに生きようとしている男性は成功するとはいえません。大きな挑戦をするにも自信が必要で、自信の裏付けになる勉学や知識がなければ、実際の行動には繋がりにくいものです。まじめに勉強している男性ほど成功する可能性が高いです。

 

 

ただ学んでいても、挑戦する行動力があっても、失敗を恐れて行動にムラができたり、挑戦するのをためらったりしていては成功することは出来ません。たとえ失敗しても、失敗したことから教訓を得て何度でも挑戦していける男性は、いずれ必ず成功します。ただし、挑戦するたびにお金をムダにしているような場合、前回の失敗の根本原因を分からずに挑戦している男性は成功するどころか、失敗の泥沼にハマっていくので、学ぶ力がない男性は年収1000万円とは程遠いです。勉強する時も、座学より実学を取るのもよいですが、リスクとリターンのバランスを考えられるように女性からサポートすることも大切です。

成功する男性は、偉い人やすごい人に対してのあこがれがない場合が多いです。尊敬する人や、リスペクトする人という概念がなく、どんな人でも学びの対象で、時には頑固さや偉そうな感じを見受けることもあるかもしれません。成功する人は、人を目標にするのではなく、事象や結果を目標にして行動していくため、人を比較対象として考えず、他人の失敗も成功も参考にしながら冷静に行動に移せます。仕事の評価や仕事の取り組み方についても、他人と比較せずにそれぞれの最善の方法を見いだせる男性は成功する可能性が高いです。

成功する男性の多くは、むやみにすべての力を求めようとはせず、できることとできないことを区別して、適材適所に実力を発揮していきます。男女のことについても近年よくある過剰な非差別、ジェンダーレスを考えず、男性と女性をほどよく区別して、できること、できないこと、得意なこと、苦手なことを理解して取り組むようにします。仕事においても、プライベートにおいても区別がはっきりとしている場合が多いため、お金、仕事、プライベートをしっかり区別できると期待できます。

 

 

弱点は得意な人にやらせる

 

 

  • 自分の弱点を分からせる
  • 弱点を人に言えるようにする
  • 弱点が異なる人脈をつなげる
  • 自分の得意分野で勝負させる
  • 他人を信じて任せる力をつけさせる
  • チームワーク管理力をつけさせる

 

成功する男性は、なんでもかんでも自分でやろうとはしませんが、自分の弱点を少しでも克服しようとして努力を重ねます。どう努力しても追いつかない自分の弱点を、無理をしてまで仕事で補おうとはせず、弱い所は素直に認めて解決して、他人の任せる力があります。弱点の部分だけを適材適所な人物に任せるため、他人に任せるのに正しい判断ができる男性や、人を信頼できる男性は成功する可能性が高いです。意地でも全てを自分でやろうとする男性より、その男性の弱点を他の人に任せられる人の方が年収1000万円に近いです。サラリーマンでも、協力して結果が出せる人は年収が次第に高くなっていくでしょう。

男性というのは基本的に意地を張ったり、見栄を張ったりする生き物なので、たとえ家族にでも自分の弱点を見せないことが多いです。しかし、他の分野で成功している人や、きちんと結果を出していて自信がある人は、自分の弱点も把握していて、弱点を他人に言うことにあまり抵抗がありません。すでにできる部分がある人は、弱点を他人に伝えたとしてもあまり困らないので、苦手なことはしっかり他者に相談して解決していきます。もちろん、その人自身で解決しないといけないことも多いですが、ビジネスでは、弱点分野を苦手な人が取り組まなくてもよいものなので、効率的に利益追求できる人物かどうかを判断しつつ、弱点があっても良いんだというのを男性に教えていきましょう。はっきりと苦手なことを言えれば、その部分を協力してくれる人も出てくる可能性が高いです。

成功する男性、年収が上がっていく男性は人に出会うことの大切さを学んでいます。分野に限らず、さまざまな世界で人付き合いを楽しむことが多いため、自然と自分の弱点としている部分を補い合える人を見つけていけます。ビジネスにおいても弱点となる部分をその道のプロに任せられれば、大きいプロジェクトも成功させられる可能性が高まるため、弱点や強化すべきことを理解している人は、異なる分野や業種の人脈を作っていきます。女性としてできることは、さまざまな人脈を広げるサポートをすることと、男性が出会った人々との連携をサポートすることで、新しい出会いを作りながらも、ビジネスで関係を持つまでの連絡や手続き過程もお手伝い、アドバイスできるのが理想的です。

 

 

男性のみならず、せっかく優れている才能や得意分野があるのに、仕事で生かさずにいる人はどこにでもいるものです。その人にとってはなんとも感じないことでも、他人からするとものすごい才能である場合もあるため、もし、本人が気づいていない得意分野や美点があれば、パートナーとなる女性がそれを見つけて伸ばしながら、本人にその才能やスキルの可能性を理解できるようサポートしましょう。例えば、建築・建設労働をしている人が実は音楽・リズム感の優れた人で音楽業界で頑張ったほうが成功しやすい場合もあります。趣味で描いている漫画のスキルがプロレベルで、それに特化すれば十分仕事にできる場合もあります。他人に教えてもらわないと気付けないことも多くあるので、男性の可能性を見いだせる女性として、男性をサポートしてあげてください。

男性に多いのが「孤高の一匹狼」なタイプで、周囲から見れば相手にしにくい存在でも、そういう男性ほどこだわりが強いこともあって成功する男である可能性も高いです。一人で活動している男性でも、ビジネス視点で協力者がつけばビジネスのスピードも質もあがって、大成功する可能性があります。努力する方向を間違えると失敗することが多いですが、客観的な視点でサポートして、男性を成功に導きましょう。一匹狼の男性は、たいてい仕事を他人に任せるほど信頼できないというパターンが多いため、他人を信じて任せる力を鍛えさせましょう。どうしても自分でやらないと不安だという人もいますが、人間1人でやることよりも人間2人で取り組むことのほうが生まれる成果は大きくなり、可能性も大きくなります。

組織のリーダーやプロジェクトマネージャーのような立場になれば、サラリーマンでも収入が大きくなっていきます。リーダーに必要なのはチームワーク、チームをコントロールする力、チームのバランスを保つ力です。事務仕事や肉体労働とは異なり、色んな人とバランスよく付き合えて、広い視野でそれぞれのメンバーのスキルを最大限発揮できるようにするような人事が得意になる必要があります。メンバーからの人徳、信頼を得られる人でないとメンバーがついてきてくれなくなるので、人柄の良さや多くの人の助けになれる男性、嫌われることの少ない男性はリーダーとして年収が高くなります。女性としてできるのは、男性をリーダーとして育てていくことで、日程調整や上手な連絡、分かりやすい相談や報告方法を学ばせると良いでしょう。

 

 

継続する素質があるかチェックする

 

 

  • 毎日コツコツ努力できるか
  • 習慣づけできる力があるか
  • 作業の効率化を検討できるか
  • 我慢強く続ける精神力があるか
  • こまめなリフレッシュができるか
  • 柔軟な考えができているか

 

人間には伸ばせるところと伸ばせないところがあり、最も身につけるのが難しいのが「物事を継続する力」です。継続する力は、その人自身が気をつけたり、努力したりしないと身につかないもので、親、家族、パートナーがいくら厳しく言っても、本人が困らない限り改善されることはありません。特に男性は、毎日コツコツ努力するのが苦手な性質があるため、若い頃から勉強やスポーツの朝練など、継続して努力する経験があれば大人になってからも必要な時に継続する事ができます。社会人になってからも資格取得のための勉強や毎日コツコツ続ける健康習慣などが必要なので、地道に毎日コツコツと努力できる人なのかどうかは良い男選びにおいて真っ先にチェックしたいところです。

取り組む内容によって、習慣付けの方法は異なります。勉強であれば、どこか時間を作ったり、お風呂にテキストを持ち込んだりできるようならば問題なく学びや資格取得をクリアしていくでしょう。しかし、普段勉強していない人は、勉強するまでに手帳に細かく日程を書き込んだり、勉強をするためにノートや筆記用具を新しく買ったりするところから始まることが多く、順番が逆な上に、形から入らないと学べないという出だしの遅れが気になります。早起きやお風呂での化粧水、育毛剤使用などは手に取りやすい場所に置いておけばよいので、簡単に習慣化できますが、それ以外の部分できちんと習慣化できるか、女性側でしっかりテストしましょう。お泊りデートのときなどには、特にそうした習慣をチェックできるでしょう。

習慣づけて、毎日何かに取り組むには余計な作業を効率化し、ムダな動きを減らして楽しくスムーズに行動できるようにする必要があります。毎日、掃除をする人は、手に取りやすい場所に掃除道具があるはずで、きちんとしている男性ならば掃除道具を置く場所も作っているものです。毎日料理をする人は調味料やスパイス、包丁、まな板がキッチンに出ているものです。普段料理をしない人、掃除をしない人は、それらの道具すら必要な場所に用意されていないため、効率も悪く、習慣づいていないのがすぐにわかります。必要なものを、必要な場所に適切に管理できるかどうかは、その男性が仕事のできる人かどうかをチェックするポイントになります。

 

 

我慢強さも大人になる時点でかなり差が付く部分です。学生の頃からしっかり我慢に慣れて、忍耐強く物事に取り組める人ならば、ちょっとくらい嫌なことやトラブルが合っても適切に対処できるはずです。もちろん、人それぞれ我慢できる部分と、我慢できない部分がありますが、我慢強く待てる男性を選ばないとすぐに私たち女性が捨てられてしまう可能性があります。どんな人にも欠点は必ずあり、結婚を前提にしたお付き合いをするときには、男性だけでなく、女性も変えなければいけないことがあります。その際に、女性の変化や改善を待ってくれる男性でなければ、すぐにサヨナラされてしまうので、最低限の忍耐強さや常識を持ち合わせている男性を選びましょう。試す方法としては、デートに少し遅れて行ってみたり、トイレの時間をあえて少し長く取ってみたり、一緒に長い行列に並んでみたりすれば忍耐強さを簡単にチェックできます。

長い間、物事を継続するには適度な休息、リフレッシュが必要です。既に経験豊富な男性ならば息抜きやガス抜きの仕方も心得ているもので、仕事中でも、プライベートでも、程よいタイミングで休息を取るものです。我慢強いことと無理をすることは全くの別物で、体や精神にまで負担をかけて、ギリギリまで、最悪の場合、倒れるまで何かに没頭してしまう場合は、忍耐強さの素質はあるのでリフレッシュの仕方を教えてあげましょう。女性から、休息を取るべき所でマッサージをしてあげたり、すぐに休める状況を作ってあげたり、一緒に仕事や雑務をこなしてあげたりするだけで、かなり男性は気持ちが楽になるものです。

経験豊富な人は、一つの作業にも複数のやり方があることを知っています。一つの課題に対してもそれぞれバラバラのやり方があり、時には人によって異なる答えが出ることも分かっています。そのため、考え方や行動に柔軟性があり、毎日続けて行うルーチンワークであっても、ちょっとした変化に応じてすぐに対処することができます。長い間継続して習慣化してくると、何も考えなくてもストレスフリーに行動できるようになってしまいますが、時にはその継続作業をアレンジして取り組み、楽しみながら過ごせるくらいの心の余裕がある人のほうが成功しやすいです。我慢強さや継続する力のチェックを通して、男性に成功するための素質があるかどうか確かめてみてください。

 

 

男性のストレス耐性を育てていく

 

 

  • 男の我慢強さを鍛えていく
  • 要求は少しずつ大きくする
  • ストレスを適度に与えつつ癒やす
  • 健康維持しながら無理させる
  • 具体的な言葉で行動を促す
  • 理想と期待を男性に向け続ける

 

大人の男性に我慢強さを身につけさせるには、相当な働きかけが必要です。アメとムチを使い分けていく必要もあり、安全かつ確実な方法は見つけにくいです。滝行ほどのことをする必要はないですが、サウナに長い時間入ったり、工場ラインのアルバイトを経験させたりするなど、場合によっては嫌われたり、怪我をするリスクも考慮して取り組まないといけなくなります。筋トレをさせるのも効果的ですが、ストレス耐性の低い男性を鍛え始めると、身についてくるまでは他のことができなくなるので、まさしく小中学生のような子どもを相手にしているような状況に陥ります。下手をすると子育てよりも大変なので、しっかりと大人に成熟している男性を選ぶようにしたほうがよいです。

女性として一番男性に影響を与えるのは、おねだりを少しずつ大きくしていくことです。最初は数百円のお願いからはじめて、少しずつ1000円、2000円のものをねだるようにしていき、最終的にはもっと大きい要求を飲んでくれるように仕向けていきます。当然、数万円や数十万円のものをねだるところまでいくと、流石に男性に捨てられるので、大きい金額であっても3000円から5000円くらいまでに留めるようにしましょう。貢がせるならば、大金ではなく、少額を複数回、何度もかけてもらうようにした方が良いです。時間をかけて男性に貢いでもらう構図を作れれば、男性もその要求に応えられるようにより仕事の成果をあげようとしたり、無駄を減らしてお金を残してくれるようになるでしょう。そこまでできる男性ならば、結婚相手に選んでも全く問題はないはずです。

一人暮らしが長かった男性ほど、他人と一緒に暮らすことでさえもストレスを感じることが多いです。男性にとっての最高の癒やしはセックス、食事なので、それにご褒美にするかわりに耐えてもらうストレスを上手に与えるようにすると男性の成長を見込めます。好きな女性を思いっきり抱けるのは、男性の夢でもありますので、例えば、家事(風呂・トイレの掃除、床のモップがけなど)を少しずつ任せられるようにしながら、ご褒美として気持ちのよい愛のあるセックスをご褒美としてあげれば、男性の成長は加速します。おいしい手作り料理を振る舞うのもおすすめですが、女性との甘い時間の為を思ったほうが男性は努力が続くものです。

 

 

ビジネスにおいて、どうしても無理をしないといけない事はよくあります。そんな時でも健康を意識して体に無理をさせられる男性は、本当に必要な時に活躍できる可能性が高いため、ビジネスでも頼りにされるでしょう。健康を害してしまってはプロジェクトのいちばん大切な時に、現場にいられないこともあるため、管理職や上層部からの評価をもらえずに出世に響くこともあります。地道に結果を出しながらも、評価されるときには直接評価してもらえるように、必要に応じてゴマすりをするのが成功する男性の要素です。睡眠時間や食事回数の我慢だけでなく、日頃から男性の可能性を高められるように、日々努力、日々精進を怠らない精神を男性に植え付けましょう。

男性は、あいまいな言い方や間接的な表現をされても、よく理解できない場合が多いです。お願いや頼りたいときには、はっきりと何をしてほしいのか伝えないと行動に移しにくくなる上、男性からの助成に対する評価が下がります。

  • ~してほしいのだけれど…
  • ~があったらなぁ…
  • こういう場所もいいなぁ…
  • 今の私には~が足りないなぁ…

のように、つぶやきに近いレベルで何かを言っても、あまり男性には響きません。このような言い方は、女性のトーク力のなさが露呈するのと同じなので、男性の気を引きたくても女性が避けなければいけない話し方です。曖昧な表現をするくらいなら、はっきりと言ってくれた方が男性は行動しやすく、印象も良いものです。

男性は常に期待されていないと、やる気がしぼんでいきます。さまざまな挑戦、取り組み、仕事、家事の手伝いをしてくれていて、お礼だけ伝えたり、褒めたりしているだけでは少しずつ習慣が崩れていきます。男性を信頼して、期待して任せていることを分かるように伝えてあげることで、男性のやる気は数十倍にもアップします。

  • あなたなら任せても安心だね!
  • あなたの方が上手にできるね!
  • あなたのやり方は器用だね!

というような、その男性でないとできないんだよ、という点を伝えながら褒めるのがポイントです。期待されていることと、信頼されていることで男性はさらにその分野で努力しようとするので、賢く男性をコントロールして、トータルで仕事のできる男性を育てていきましょう。

 

 

他人に好かれる男にする

 

 

  • 笑顔を振りまけるようにする
  • 笑えるネタを常に仕込む
  • おもしろい=魅力的だと思わせる
  • 気遣いと行動を身につけさせる
  • 他人の悪口・愚痴は言わせない
  • マイナスワードを使わせない

 

老若男女、他人に好かれることの多い人は、笑顔で、程よい笑い声を振りまいていることが多いです。まじめでおとなしい雰囲気も大切ですが、自然な笑顔を作れる人はどんな場所でもうまくやっていけます。女性が明るい雰囲気を出すには、笑顔でいて、自然体でいて、ちょっとした仕草や所作に違和感がない事が大切です。雑談や小話でも気持ちよく楽しめるように話を盛っていければ外見に関係なく、モテる女性になれて、よく話しかけてもらえる女性になります。天然ぶりっ子や下ネタで笑いを無理に作ろうとするのではなく、ウィットに富んだクスッと笑えるような話し方ができるのが一番です。

ただ話をするのではなく、持ちネタを用意しておくと、外見や服装に関係なく、他人に好いてもらえるようになります。自虐ネタや政治ネタは避けなければいけませんが、クスッと笑えるような話をどんなときにでも振れるようになっていれば、飲み会に誘われる可能性も高くなり、様々な場所でモテる、注目される女性になります。他人を貶めずに笑えるネタを用意し、無難な所で言えばペットのかわいらしい動画や写真を活用するのもおすすめです。あるあるネタや、自身の幼いころの他愛のない失敗談くらいならば気分を害されることはない上に、相手の興味を自分に向けさせられるので賢く活用してみてください。

男女ともに楽しい時間を作れる人は魅力的な人だと認識してもらえます。特に、婚活パーティー中には、年収や仕事、欲しい子どもの人数などを聞いてきた女性より、自然に明るく楽しい時間が過ごせた女性の方を選ぶ男性がほとんどです。男性が女性を選ぶときには、雰囲気や感覚で選ぶことが多いので、まず女性としてできることは自分磨きとトーク力の向上です。将来的に年収がアップする男性の多くが、他人と楽しい時間を共有できる場合が多いため、最低限女性との会話でも同レベルのトークが出来ないと高年収な男性に選んでもらえません。トーク力は、そのままその人の知識や能力を反映させていると考えられるので、トークネタ用意やトーク慣れをして高収入になる可能性が高い男性を捕まえましょう。

 

 

高年収な男性や、成功する男性の多くは、細かな気遣いができます。ちょっとしたことに対しても素早く行動できて、女性をエスコートするときにも細かな気遣いで、女性を守ってくれます。完璧すぎる、気遣いされすぎるのは困ってしまいますが、細かなことに気付ける能力は、それだけで才能です。リーダーになる人の多くは、ちょっとした気遣い、気配りができる人が多いです。それが逆に他人の欠点や、プロジェクト・仕事で気になることが多すぎて困ってしまうこともあるので、女性としては、バランスよく気遣い出来るようにサポートしてあげましょう。

自分、家族、他人、ものに対して悪い言葉を使う人は大抵成功しません。特に、お出かけ中、レストランやカフェなどでもいちいち文句をつけるような男性は器が小さいというだけでなく、たとえそれがお金を支払って手に入れたものでも、がんばって用意してくれた人がいるということまで気が回らない男性ということなので、将来的に仕事で成功できるとは考えにくいです。規模の大きいビジネスをしている人ほど、どこに顧客が眠っているかわからないので、むやみに他者を批判できません。もちろん、時には文句を言わなければいけない接客を受けることもありますが、できればそういうレベルのお店や場所に行かなくて済むように、女性がサポートしましょう。極端な例を上げれば、民度の低いカフェやファーストフード店、出来たばかりのカフェやレストランは避けて、客層が安定している場所を提案するようにしましょう。

他人からの評価が下がり、自分の評価も下げてしまう言葉を男性が使っていたら、叱ってでも改善させましょう。

  • 自分なんて…
  • でも or やっぱり
  • そんなことも
  • どうせ…
  • ~だと思ってた

相手の会話やアドバイスに対して「でも」、「やっぱり」から会話が進んでいくのは改善させなければいけません。まずは、相手が話した内容を受け入れたり、認めたり、理解したりしてから次の話に移るだけで良いので、★素早い反論は厳禁★です。自分自身を卑下しすぎる言葉遣いも避けましょう。また、たとえ部下でも相手を卑下する言葉は使わないようにしましょう。どんな人でも自分自身を否定されれば、否定した人、否定した環境を嫌いになって、仕事でも勉強でも結果を出さなくなります。相手の話に共感する時に「…それ、俺もそうだと思ってた~」というような言い方をする男性もいますが、この言い方を連発する男性は、トークが相手任せで、自分から意見や考えていることを言わない場合が多いです。他人の言ったことにしか反応できない場合は将来的に年収が上がるとは考えにくいです。男性の話し方からも、ある程度年収の可能性を探れるので、婚活パーティーや合コンで男性の言葉遣いにも気遣ってみてください。

 

 

男の喜ぶツボをおさえる

 

 

  • 男は100%褒めて伸ばせる
  • アメとムチを使いこなす
  • 御恩と奉公を実践させる
  • 胃袋をつかんで欲求を満たす
  • 心身ともに満たして自信をつける
  • 健康的で明るい女性でいること

 

男性を伸ばすには上手に褒めて、上手におだてる必要があります。どんな人間でも他人に認めてもらえることに大きな喜びを得ます。幼いころの記憶から、母親に上手に褒められ、アメとムチを使いこなして育てられている男性は自然と物事への取り組み方が積極的になり、行動力や迅速な対応力にもつながってきます。男女ともに異性に褒めてもらえるのは一番嬉しいことなので、仕事でもプライベートでも男性を伸ばしていくには、程よい褒め方が大切です。むやみに褒めればよいのではなく、出来たこと、達成したこと、身についたことを見つけて、認めながら褒めるようにしましょう。

男性はアメとムチに弱い生き物です。仕事などで少し厳しくされても、成果が出てから認めてもらったり、褒めてもらったりすると大いに喜びモチベーションもアップします。アメとムチは使い分けるのが難しいですが、だめな部分は厳しく、出来ている部分は認めていくだけでOKです。家事については、一人暮らしが長かった男性ほど生活が乱れていたり、掃除や片づけが疎かになっていたりするので、時に母親のように厳しくダメな所はダメと言いつつ、改善できれば褒めてあげて、求めてくれば甘えさせてあげるというのも大切です。パートナーに認めてもらえたと思えれば男性は安心して仕事に取り組んで、まっすぐ家に帰ってきてくれます。

ビジネスにおいて、リーダーになるような人物ほど年収は高くなります。小さな組織のリーダーでいるのにそこまで経験や知識は必要ないですが、大人数のリーダーをしないといけないような場合には帝王学にも通じるような御恩と奉公を実践させるとリーダーとしての立場を守りやすくなります。組織の一員として働く側にとっても、誰にどのようについていけばよいか、誰に報告を集約させればよいかがわかれば仕事がスムーズに進められるようになります。サラリーマンでも会社から出るお給料とは別に、奉公して働いて結果を出そうとしてくれた分は、報酬という形で飲みに連れだしたり、休日を取りやすくしたり、さらに上の上司や管理職の人間に良い報告を入れたりすると認めてもらえた嬉しさから更なる結果を出してくれるようになります。

 

 

男は基本的に単純なので、自分の所に帰ってきたくなるような環境を作って「あの人の所に行けば落ち着ける・休める」と思わせることが大切です。女性には、包容力や優しさを求めるような男性ほど、胃袋をつかむ作戦は効果が大きいです。料理の腕は特に重要で、自宅で食べるよりも居酒屋で食べて帰るほうがコスパが良い、休めると思われたら負けです。家庭でご飯を食べるほうが幸せで、癒やされて、次の日の活力になると思わせなければ女性のところから離れていくようになります。仕事から帰ってきて汚れた部屋で、中途半端な食べ物を食べるよりは、外で一日のご褒美としておいしいごはんを食べる方が良いと思われては主婦としては負けです。共働きならば話は別ですが、婚活で主婦を目指すならば料理と片付けの腕は絶対必須です。

男性の心を満たす一番のご褒美はパートナーとの甘い時間です。ご飯やお金より、セックスで全てを受け入れてもらえるというのは男性にとって最高の時間です。好きな女性、パートナーの女性にとっての一番の存在でいたいと思うのが男性の心理なので、子どもが出来ても、男性を一番に大切にしていれば、親子ともども幸せな家庭を築いていけます。精神と身体の健康を維持するためには食事とセックス、ゆったり過ごせる空間が大切です。人によっては趣味に没頭できる場所と時間があったほうが良いときもあるので、自由な時間を許しながら、男性の自信を増幅させられるようにしましょう。

女性の一番の武器は涙と笑顔です。家に帰れば明るく元気に振る舞って、優しく包み込んでくれるような女性がいてくれれば、男性は非常に喜びます。体調が悪い人や、体調を崩しやすい女性は心配のほうが大きくなって、女性を支えることのほうが多くなってしまうため、本能的・動物脳的には不健康な人を避けてしまいます。風邪を引いた時や生理の時期にはどうしようもないですが、それ以外の時はできるだけ明るく、健康を大切にしていれば、婚活でも成功する確率が高まります。明るい女性でいることと、ノリが良い女性でいることは別物なので、遊んでいる感を出さないように女性自身の魅力を磨いていってください。

 

 

変化に強い男に育てる

 

 

  • 臨機応変な対応力をつけさせる
  • さまざまな環境に適応させる
  • たくさんの人に慣れさせる
  • 正しい思想・宗教学を学ばせる
  • 自分の意見を言える男にする
  • ふてぶてしさをつけさせる

 

年収が高い男性の多くは、臨機応変な対応ができる場合が多いです。ちょっとした変化にすぐに気づいて行動できるという素質があるので、もし行動力や臨機応変な対応が苦手なようならば、少しでも早く状況に合わせて自身の行動や考え方を変えていく柔軟性を身につけさせましょう。ゲームで言えば、麻雀やトランプのような遊びでは、そのターン毎に巡ってくる手に合わせて上がれるようにすると勝率が高くなります。自身の出したいものを簡単に出せるわけではないゲームなどで柔軟性や臨機応変な対応力を身につけさせ、成功者に近づけられるよう女性がサポートしましょう。場合によっては、アウトドアやおでかけなどを通して、その時々の状況に対応できるように少しずつ鍛えていきましょう。

どんな人でも変化に素早く対応できるようにするには、日頃の訓練や慣れが必要です。さまざまな場面で的確に対応できるようにするには、行動力や素早い判断力も必要になるため、普段から動いてない人は、変化にはすぐに対応できません。普段料理しか経験していない人に、いきなり洗濯を任せてもすぐに上手にできるわけはなく、ある程度経験や慣れがないとその環境に適応することができません。最も効果的なのは泊まりで旅行に行くことで、季節、場所、土地、寝る環境が自宅と異なる場所での生活に対応できる男性であれば、十分変化に強い男性だと考えられます。極端な表現をすれば、どこでも寝られる男性やどんな場所でも生きていけそうな図太い神経の持ち主は成功するためのポテンシャルが大きいです。

臨機応変な対応が出来るようになるには、人に慣れさせておくことも大切です。最も個々に異なる条件を持つのは、場所や天候ではなく、人そのものです。色んな人とバランスよく、センスよくお付き合いできる人は、それだけ変化への適応力が高く、相手に合わせながら、状況を受け入れながら対応できる人間なはずです。人混みの中をスムーズに歩いたり、人並みをかき分けてスタスタ歩ける男性はよく周りが見えていて、素早い判断をしながら行動できる人なので、変化への適応力も高いと考えられます。一緒にデートをする時や旅行をするときには、男性の歩き方や旅館、ホテルでの過ごし方をチェックすれば、臨機応変さを把握することができます。

 

 

さまざまな思想や価値観、考え方があることを知っている人ほど、環境への適応力が高いです。天候が急に雨になってしまうのは、自然のことなので仕方がなく、諸行無常の意識が身についていれば、天候の変化にイライラする事もないでしょう。因果の道理という、原因と結果、原因と縁と結果に基づいて、さまざまな事象が起こることを理解していれば、何かトラブルがあっても過去の自分の行いに伴う必然的な事象が起きているのだと、イライラせずに自分を落ち着かせて対応できるようになるので、余裕を持ちながらも、適正な対応がとれるものです。予測できない出来事は常に起こるものだと考えて、どんな時でもリスク管理ができる男性は、お金を失うこともあまりなく、年収も今後伸びていきやすいものです。

ただ、状況の変化に対応するだけでは意味がありません。ときには起こった出来事に対して力を加えて状況を打開する必要もあります。そんな時に最も大切なのは、いち早く声を上げて行動することです。例えば、交通事故が起きた時に何も言わずにいるとあらぬ罪をきせられることがあったり、自分には非がなくても非があるかのように判断されてしまったりします。その時起きた状況に対して、何かしらのアクションが起こせるかどうかが大切で、瞬発力、瞬間的な判断力を鍛えるのはとても大切です。スポーツや反射神経が問われるような運動として、日頃からボクシングやバッティングセンターでの素振り、卓球などをさせておくのも地道な訓練としては効果的です。

臨機応変に、主体的に行動して結果を出すには、他者の視線やその時起こっている状況に振り回されないくらいの図太さが必要です。男性としては時に強さとも言われるもので、必要な時にふてぶてしい雰囲気・態度を取れるのは評価に値するものです。いちゃもんを付けたり、いちいち文句をつけたりするのとは異なり、家族やその男性自身、パートナーにとってマイナスになるトラブルが起きた時に堂々と立ち向かえるだけの芯の強さが求められます。ある意味で喧嘩腰、態度がでかいというのは必ずしも欠点にはなりません。普段は優しい人でも、いざという時には大声を上げて意見を言えるような人のほうが成功する可能性が高いです。

 

 

人・モノを大切にする

 

 

  • 整理整頓を当たり前にさせる
  • 人・モノを雑に扱わせない
  • モノの起源を理解させる
  • 一滴水の教えを学ばせる
  • メンテナンスを身につけさせる
  • ペット・植物の世話をさせる

 

整理整頓は、その人の部屋の中だけでやればよいわけではありません。自分の部屋の片付けができない人は、仕事や恋愛でも大切なことを整理できていない可能性が高く、大切なものがどこにあったのか忘れてしまったり、大切なものを壊してしまったりすることがあります。それが個人のものであればまだ良いですが、仕事関係のものやパートナーのもの、パートナーの家族のものであった場合、ましてや、他人の命であった場合には取り返しがつかなくなります。整理整頓ができるということは、「自分以外のものをきちんと認めて大切にしている」証拠なので、日頃から片付けを行う習慣を身につけさせましょう。これは誰かがやってあげればよいというものではなく、その人自身が片付けができるようにならなければ意味がありません。アメとムチなどを駆使して、確実に整理整頓を身につけさせてください。完全にプライベートな空間(趣味やゲームの場など)は片付いていなくてもよいですが、それ以外の場所については厳しくコントロールして男を育てましょう。

お金が集まらない、お金が逃げていく人の共通点は、ものを無碍に扱うということです。お会計時にお金を投げて渡すようなのは言語道断で、簡単に物を投げたり、放置しておいたり、不適切な場所に置きっぱなしにするのは、そのものを捨てているのと同じです。当然、ものを大切にできなければ、人を大切にできることはなく、人間でさえも使い捨てかのように捉えている場合があります。まずは、ものにも「気」があることを理解できるように教育するところから始めなければいけない場合もありますが、そのレベルの男性はパートナーに選ぶ必要がありません。どんな人もどんなモノも大切にできない人は、いずれパートナーである”あなた”でさえも無碍に扱うようになりますので、お付き合いする前にチェックしておいてください。

中学校、高校を卒業していれば誰もが学んでいるはずの分子、原子の知識を少し深めるとモノの起源を多少なり理解できます。社会の地理や歴史を学べば、普段生活の場に存在するすべてのものが、さまざまな人の善意や意思を受けたものであることも明確なはずです。誰かが大切な時間を使って採集したり、作り上げたりしてくれたものを大切にできないということは、直接目の前にいなくても、その人とその人の家族を雑に扱っているのと同じなわけですから、「巡り巡って良い運気は流れてこない」のです。無機質な物質も必ず分子運動をしており、静止している物体でさえ、大きな物理法則の中で見れば動いていると捉えられます。動きがあるということは、そこに何かしらの帰結が必ず生まれるため、モノの発信地と終着点を理解して行動できなければお金がついてくることもありません。

 

 

人間には、その体一つでは1滴の純粋な水でさえも生み出すことはできないため、それらを無碍に扱うのは自然に対して、世界に対して失礼だという教えが一滴水の教えです。さらに、一滴の水を大切にできないレベルでは、理性的な人間より、本能だけで動く虫けらと同じレベルとも捉えられるため、徳を積むためには特に「無駄にするのを避ける」必要があります。水も、モノも、人も、食べ物もどんなものでさえ無駄にして許されるような人間はおらず、全ての人は出来る限りのムダを省いて生きていこうとしなければいけません。どれだけ努力してもムダは生じてしまうものですから、なおさら意識を高めようということから修行を行う宗教もあります。日々精進するという考え方の元にもなる考え方なので、思想レベルの常識として男性に身に着けさせておきましょう。

人間自身も毎日、無意識に睡眠と食事、休息というメンテナンスを行っていますが、現代人はそれすらも忘れて疎かにする傾向にあります。人間もモノも同じ分子で構成されているものであれば、必ず劣化、破損、損失が生まれるため、事前にそれを意識してメンテナンスを心がける必要があります。仕事においてもある程度のヒューマンエラーや損失を見込んで利益追求をしないと、適切な収益につなげることができません。予期できるトラブル、起こりうる事象は現代人の知識ならばカバーできるはずなので、仕事、プライベート共にメンテナンスをすることを覚えさせましょう。お金持ちになれない男性ほど、日々掃除をせず、使い捨てのものを好む傾向にあるため、カートリッジ式のものや修理、交換で長く使いこなせる人間になれるように男性を育てていきましょう。

人やモノを大切にできなければ、いずれ結婚相手のあなたや子どもにも負担がかかってくるのは事実です。モノは、その意志で勝手に動いたり、意見を言ったりはしませんが、相手が人間、ましてや、子どもであれば振り回されるようなことも多くなってきます。そんな時に男性の包容力やポテンシャルが小さいと相手を大切にするだけの余裕がなくなってしまうので、他者の要求をのむことに対してある程度の耐性をつけておく必要があります。最も効果的なのがペットの世話で、本能で生きている彼らに頼りにされるような男は、無意識に動物たちの本能を満たせるような行動をしているはずです。それだけ心ある気遣いのできる男であれば、人心も、人脈も、お金も自然とついてくるようになるので、愛玩目的だけでなく、人間としての成長も含めてペットを迎え入れると良いでしょう。もちろん、ペットはモノではないので、途中でお世話できなくなるような難易度の高い生き物から挑戦させるのではなく、ある程度慣れやすい淡水魚やハムスターなどから始めるのがおすすめです。

 

 

 

まとめ

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。男性を取り扱いは、時に面倒で、時にかわいくて、女性にとってもさまざまな刺激を受ける事が多いです。どんなに努力をしても完ぺきな人などいないので、婚活を始める前には、あなた自身の欠点をよく理解して、改善するよう行動に移しましょう。あなたの心がより美しく、魅力的になれば、自然と良い男性が集まってきてくれます。男性はいつでも少年の心を持ったままなので、女性がしっかりサポートして年収1000万円を越えられるようにしてあげてください。男女揃って、ようやく1人前なのです。

あなたに良いご縁がありますように。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA