【真夏のデート】もう失敗しない!メイク編

 

待ちに待ったこの季節。だいたいの人がテンションの上がるこの季節。フェスやバーベキュー、花火大会、海にプール!!楽しいイベントだらけですね。

大好きな彼や、気になる彼と、そんな素敵な夏の思い出作りたいですよね。

 

 「花火綺麗だね」

 

「そうだね、すごく綺麗~!」

 

「でも、花火なんかより、お前の方が・・・」

 

 

「!!!!!!」

 

「えっ?」

 

彼はびっくりした表情でこっちを見ていた。YES。

長時間の熱帯夜でメイクが崩れてしまっていたのだーー!!! こんな思い出嫌ですよね。でも結構、相手の表情が・・・てことありません?今回真夏でも落ちないメイク方法ご紹介致します!

 

大事なこと

 

 

  • 余分なものはOFF 余分な皮脂、余分なリキッドファンデーションなどはティッシュで軽くoffしましょう。

 

  • 乾燥はNG 乾燥していると、水分を補おうとして皮脂を分泌します。

 

  • スキンケアをしっかり 前日のクレンジングは大事です。しっかり落として翌日につなげましょう。洗顔後、化粧水は自分の手の温度でゆっくり浸透させる。また、乳液や美容液は、皮脂が多い人は使わないで化粧水だけでも良い。メイクアップアーティストのピカ子さんは化粧水だけしか使わないそうですよ。

 

 

海外で大流行!ベーキングメイク

 

 

 

発信源はあのお騒がせセレブとして有名なキム・カーダシアンだと言われ、海外で大人気なメイク法

海外のメイクアップアーティスト達の間でも広く使われています。

 

  1. ハイライトを乗せるところにファンデーション、コンシーラーなど塗る
  2. その上にルースパウダーをたっぷりのせる
  3. 5~10分ほど待ってから払い落とす

 

ちなみに多く使われているパウダーは、

ベンナイ、ローラ・メルシエのなど。案外、ベビーパウダーも人気!

 

 

ちょっと不安だが、潜水法!とおばけ法?

 


名前が面白いですよね。「潜水」という言葉でなんとなーくどんな方法か思い浮かびませんか?・・・その通りの方法なんです。

いつも通りに下地をします。次からがポイントです。

  • いつもより3倍濃い目ファンデーションを塗る(クリーム、スティックがおすすめ)
  • パウダーもたっぷりのせる
  • きました。30秒程水に潜る!(プールくらいの温度がおすすめ)
  • ティッシュで軽くOFF

 

結構勇気のいる方法ですが、「夏でも化粧直しの回数が減った!」「肌に透明感がある!」と好評なんです。水に顔をつけることによって、しっかり馴染み落ちづらくなる、毛穴が引き締まり綺麗な肌に見える、ということなのです。

おばけ法も一緒です。ただ、違いとしては「潜らない」というところですね。顔がおばけになるくらいパウダーをはたいて、水を入れたスプレーや化粧水スプレーなどをふりかけけOFFです。

 

メイクアップフォーエバー ミスト&フィックス

国際的なブランドのメイクアップフォーエバーのミスト化粧水です。保湿効果だけではなく、セッティング効果もあるそうで人気です。

 

 

 

72式

 

 

まず、「72式」という名前の由来気になりませんか?

このメイク方法が紹介されたのが某掲示板だったらしく、紹介した人がコメント欄の72番に記載していたそうなんです。そしてそのメイク方法は「72氏のやり方」と呼ばれ、次第に省略され「72式」になったそうです。

名前から全く想像のできない72式のやり方は、

 

化粧下地をした後にUV系の下地と削ったファンデーションをクリーム状になるように混ぜ合わせ、その上にルースパウダー、ミストをふりかけ完了!というものです。混ぜ合わせる比率は「1対1が理想」と言われています。

 

 

人気なUV系下地は、ビオレUVフェイスミルク(ピンク)

ビオレのミルクはピンクの方が色の発色が良いと評判です。

 

 

 

ファンデーションはセザンヌなどのプチプラコスメで試している方が多いですね。得にこれがいいということは無く、既に持っているものでも全然良いそうです。

 

まとめ

 

 

色々なメイク方法を紹介しましたが、1番大事なのは、スキンケアということを忘れないでください。いくらすごいメイク方法でも、お肌の調子がいい時と悪い時とでは効果が違います。

また、紹介したメイク法は「真夏でも落ちない!」というくらい肌に密着しているわけなので、クレンジングもきちんとしてください。お肌を清潔に、潤いを。これで今年の夏は素敵なメイクで過ごしましょう!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA