【衝撃!】新潟県知事米山隆一知事(50)が使っていた出会い系アプリのハッピーメールってどんなアプリ?

新潟県知事である米山隆一知事(50)が女の子を買っている売買春をしていた問題で、そもそも使っていた出会い系がハッピーメールだったようなことがわかったようです。

ハッピーメールは当サイトでも紹介をしているように、ワクワクメールやYYCなどに続く老舗中の老舗のアプリといっても過言ではありません。婚活の女性が多いというよりはどっちかというと出会い系に近い分野もありますので、知事がここで、出会った女性を買春していたとしてもおかしくありません。

この問題はそもそも新潟県知事の米山隆一知事(50)がとある出会い系サイトを使って女子大生にお金を渡し淫らな行為をしていたということが発覚し知事を辞任するということになってしまった問題になります。米山県知事は別に独身のようですし、何も問題はなかったはずですが行っていたことが援助交際とも呼べるお金が絡んでの淫らな行為、しかも県知事が、というようなモラルの問題になってしまったのです。そもそも米山県知事とはどういう人物なのでしょうか。調べてみると実は米山県知事は超エリートで、ちょっとかわいそうな感じも見えてくるのですが、、どうなのでしょうか。

 

米山隆一知事の経歴

 

名前   :米山隆一
読み    :よねやま りゅういち
生年月日:1967年9月8日
年齢   :2016年現在49歳
国籍   :日本
出身   :新潟県北魚沼群湯之谷村
職業   :医師

1983年 灘高等学校入学
1986年 同上卒業
1986年 東京大学教養学部理科三類入学
1988年 東京大学医学部進学
1992年 同上卒業
1992年 東京大学大学院経済学系研究科入学
1996年 東京大学大学院医学系研究科入学
1998年 東京大学大学院経済学系研究科単位取得退学
1999年 独立行政法人放射線医学総合研究所勤務
2000年 東京大学大学院医学系研究科単位取得退学
2002年 独立行政法人放射線医学総合研究所退職
2003年 ハーバード大学附属マサチューセッツ総合病院研究員
2003年 医学博士号取得
2005年 東京大学先端科学技術研究センター
医療政策人材養成講座特任講師兼務

ということで、灘高校を卒業後、東京大学で医師になり、さらにハーバード大学で、医学博士号まで取られている、スーパーエリートなのです!

 

使っていた出会い系ってハッピーメールってホント?

事件が発覚したあと、ツイッターのトレンドでは、「ハッピーメール」というワードが登場しました。このきっかけはそもそも週刊誌の報道だったようですが、SNSの時代、発見されてしまうとはちょっと怖いですね。。。

米山県知事は、「少なくとも僕は好きでしたよ」「相手も思ってくれてたと思う」と、自由恋愛を強調しているらしいのですが、ハッピーメールで出会い、一回3万円で体の関係をもち、恐喝までされていたようで、ちょっと50歳の超エリート男性にしてはなんともお粗末というかかわいそうな結果になってきました。。。

とはいえ自由恋愛を強調している割には何人も女の子がいたようで、そこらへんが逆に自由恋愛だったのかな、、、とも思える状況です^^;

 

会見の内容は?

 

会見の内容をちょっと見ていたのですが、50歳のおじさんが自由恋愛ということを強調してお金を渡していたということを正当化していたことはなんかちょっと笑えました。自由恋愛はもちろん自由ですし、1人の人を思うことはいいことだと思うのですが、結局たどっていくと実は何人も相手がいたようなことも発覚してきており、それが自由恋愛といえるのか?税金で援助交際ってどうなの?的な目線になってしまうのも国民の1人としてはうなづけました。

この税金の部分に関しては当然お給料の一種なので、「ワインを買ってはいけないということになる」というような弁解もありましたが、援助交際とはちょっと違うよね、と思わざるをえない状況で、非常に苦しい逃げ口上になっていたのかなと思います。ハッピーメール自体で出会うことは悪いことではないんですけどね^^;

↓↓あなたも出会えるかもしれない?ハッピーメールはこちらから↓↓



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA