承認欲求はどんな状況で高まるの?ウザいと感じない為の対処法

SNSなどを利用している人が増えていることに伴い、承認欲求が高い人に振り回されたり、うんざりしてしまったりすることはよくあります。実は、毎日の生活のなかにも承認欲求が高まりやすいタイミングはいくつかあるのです。承認欲求が高まる理由や、承認欲求が暴走している人との付き合い方などを心得ておき、実生活でも役立てていきましょう。この記事では、承認欲求が高まる状況や心理、承認欲求が高い人への対処法などについて解説していきます。

 

ウザいと思われる原因!?承認欲求とは何か

承認欲求とは、「他人に認められたい」「自分に価値があると確認したい」という欲求のことを指しています。具体例としては、SNSを利用している人が「いいね!」を求めるがゆえに過剰投稿をしてしまう行動などが挙げられます。

 

たしかに、SNSで記事や写真を投稿したときに、友人や知人などから「いいね!」がもらえるとうれしいと感じ、満たされた気持ちになるという人は多いでしょう。ただし、投稿の内容などが過剰になってくると、他者からウザいと感じられる原因となってしまうのです。

 

ウザい人になってしまうかも?承認欲求が高くなりやすいタイミング

何気ない生活のなかにも、承認欲求が高まるタイミングはいくつかあります。自分に対する不安が高まる状況において、承認欲求は高まりやすい傾向にあるようです。たとえば、寂しがり屋や目立ちたがり屋の人は、承認欲求を満たすためのツールとしてSNSを活用しているケースが多く、人から何らかの反応があることで普段感じている「寂しい」「不安」などの気持ちを紛らわせている可能性があります。

 

2-1.SNSが原因のとき

 

承認欲求が高くなりやすいタイミングは、SNSによるものの場合があります。たとえば、SNSに投稿したとき、以前の投稿よりも「いいね!」の数が減少していたときには承認欲求が高くなりやすいといえるでしょう。また、SNSでさまざまな人の投稿を見ていると、周囲の人の投稿がものすごいものに思えて、「自分は充実していない」「価値がない」などと感じてしまうことさえあります。ただ、承認欲求は多かれ少なかれ誰にでもあるものです。したがって、SNSも正しく使うことによって、承認欲求を満たすために役立てることができます。

 

 

2-2.人間関係が原因のとき

 

人間関係による事柄でも、承認欲求は高まる可能性があります。たとえば、恋愛関係が終わってしまったり、友人などとの人間関係が薄れたり断ち切られたりしたときには、承認欲求は高くなるのです。人間関係によることが原因となって承認欲求が高まる人の多くが、

 

相手にとって自分の価値のなさを突きつけられたように感じる傾向

 

にあります。人間関係が断ち切られたときには、別のコミュニティでストレスを解消してバランスを取ろうとしたり、人から注目されるようなことをSNSにアップしたりするケースが多く見られます。

 

2-3.子ども時代が原因のとき

 

承認欲求が強い人のなかには、子ども時代の出来事が原因となっている場合があります。たとえば、子どもの頃、親など近しい人物から満足に愛情をもらえなかったケースが挙げられます。また、

 

愛情がもらえなかったと当人が感じている場合

 

にも、承認欲求は強くなるのです。子どものころについては、誰しも承認欲求が高いのが通常です。その時期に十分にその欲求が満たされなかった場合は、大人になっても自分の承認欲求を上手くコントロールすることができないことがあります。

 

 

 

ただウザいだけじゃないかも!承認欲求が高まっている人はどんな心理状態なの?

承認欲求があまりにも強い人の場合、他者から「ウザい人」と煙たがられる恐れがあります。承認欲求が高まっている人の心理状態を正しく知っておくと、適切な対処法をとることができる可能性があるのです。

 

たとえば、承認欲求が高い人の多くは、寂しいと感じています。そのため、人から注目されることによって寂しさを紛らわせようとする傾向があるといえるでしょう。また、目立ちたいと感じている人は、「自分は他の人とは違う、特別だ」と思っていることに加えて、「それを認めて欲しい」という心理状態であるために、承認欲求も強くなっているのです。
さらに、自己評価が低いがゆえに、承認欲求が高くなる場合もあります。自己評価があまりにも低い人に関しては、自分で自分を低くしか評価することができません。しかし、「高い評価を得たい」という感情はあるため、それを他者に求めてしまうのです。
他には、なかなか自分の思うように評価されないという被害者意識がある場合は、承認欲求も強くなります。このようなタイプの人は、自分の承認欲求が満たされないことをしばしば周囲のせいにするため、他者からウザいと思われる恐れがあります。また、承認欲求が高まっているときは、他人に認められるため努力しようとします。「人に認めてもらいたい」「期待以上の働きをしなければならない」と思っているため、人一倍頑張ろうとしている人も多く見られるという特徴があるでしょう。

 

ウザいと言うだけでは解決しない!承認欲求が高い人への対処法

周りに承認欲求が強い人がいる場合、「ウザい」「関わりたくない」などと感じてしまう人も少なくないでしょう。ただ、仕事などでの付き合いがある人の場合には、ウザいといって人間関係を断ってしまうのはあまり現実的ではありません。そのため、承認欲求が高い人への対処法について知っておき、毎日の生活で役立てていきましょう。

 

4-1.対処法1.ほめて満足させる

承認欲求が強い人との付き合い方に困ったときは、褒める!認める!といった言動を取ってみるのも効果的です。「誰かに褒められたい」「認められたい」などの欲求は誰でも持っているため、あえて欲求を満たすことで相手も安心するといえるでしょう。また、褒めて相手を満足させると、一時的にでも承認欲求に基づく行動が緩和される可能性があるともいわれています。

 

4-2.対処法2.感謝の思いを伝える

意識的に相手に感謝の言葉を伝えようと心がけることで、人間関係が円滑になる可能性があります。たとえ小さなことであっても感謝を口にする習慣を持っておくと、承認欲求が強い人とも問題なく付き合えるようになるでしょう。

 

4-3.対処法3.適度な距離を保つ

承認欲求が強い人と付き合うときには、適度な距離感を保ちながら接することがポイントです。具体的には、SNSでのコミュニケーションは控え、必要最低限のやり取りに留めるよう心がけると良いでしょう。多くのSNSには「いいね!」の機能が付いており、他人に投稿記事を見てもらい「いいね!」と評価してもらうことによって満足します。しかし、依存しやすいという特徴を持つ承認欲求が強い人の場合には、SNS上でのやり取りがエスカレートしてしまいトラブルにつながってしまう恐れがあるため注意をすることが重要です。

 

ただし、承認欲求が高い人とやり取りをする場合には、面倒だからといって無視はしない方が良いといえます。それは、無視をすることによって相手の承認欲求がますます高まってしまう可能性があるからです。そのため、周りにいる承認欲求が強いと感じる人と付き合うときには、適度な距離を維持することが大切といえるでしょう。

 

自分の承認欲求を落ち着かせる方法

「褒められたい」「誰かに認められたい」などという欲求は誰もが持っているため、このような感情を持つこと自体は決して悪いことではありません。自分の承認欲求を落ち着かせるための方法を心得ておくと、自分の気持ちを満たすことができるようになります。まず、自分の承認欲求を満たすためには、自分自身を褒めてあげることが大切です。仕事などではつい結果ばかりを重視しがちですが、特に頑張った過程を褒めてあげると良いでしょう。

 

他には、恋愛中などの場合には、相手の良い所を努力してでも見つけて褒めるようにすることがポイントです。加えて、相手に感謝する習慣を持つと、自分の承認欲求も満たすことができます。相手の長所を見つけたり、他者に感謝したりすると、人間関係も自ずと潤滑になるものです。すると、結果的に自分の承認欲求も満たされていくといえます。

 

 

ウザい人はやっぱり嫌!承認欲求に振り回されないために

承認欲求は誰でも持っているため、真っ向から否定することは控えたいところです。承認欲求は受け入れて、それを満たす方向にシフトしていった方が好循環が生まれやすいといえるでしょう。承認欲求が高まるときや、承認欲求を落ち着かせる方法を押さえておき、上手に付き合っていくことが重要です。

良縁2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA