ペアーズでいいねしてマッチング後モデルのようなコスプレイヤーと付き合った30代男性の話【体験談】

 

社会人になると、どうしても会社と家の往復で、人付き合いが会社と多少の友人関係程度になりがちですよね。出会いがない、婚活したいけどどうすればよいか分からない。そう考えている方々のために、今回は婚活アプリ「pairs」体験の内容をお伝えいたします。

 

pairs2

ペアーズへの登録はこちらから

 

■出会いは向こうから

 

 

 

ある日、私のもとに「いいね!」が届きました。

※Pairsは気になった人の「いいね!」ボタンを押して相手に通知を送り、相手が「ありがとう!」ボタンをおすことによってメッセージのやり取りが始まるというシステムになっています。

確認してみると、なんともグラマーな美女からの通知でした。

これを逃す手はないと私も「ありがとう!」ボタンを押し返しました。

 

 

 

Episode  1 「初コンタクト」

 

※相手を仮に「Aさん」とします。

 

 

「初めまして、宜しくお願いします!」

 

「初めまして!趣味が一緒だったので連絡してみました。宜しくお願いします。」

 

 

 

私が入っていたアニメのコミュニティから辿って来てくれたようです。

 

 

 

「あのアニメお好きなんですか?」

 

「ええそれはもう大好きで、○○のキャラクターが××で、、、」

 

 

 

私もまあまあのオタクなので

話が盛り上がります 笑

 

 

 

「申し上げにくいんですが、実は私コスプレが趣味でして・・・・。」

 

 

 

ここでカミングアウト!

しかし私は友達にオタクが多く、もちろん友達に趣味でコスプレをやっている人もたくさんいるので、理解の姿勢で進みます。

 

 

 

「コスプレイヤーなんですね、私の友達にもたくさんいますよ^^」

 

「そうなんですね!よかった・・・。」

 

「衣装の作成が本当に大変だと聞いたことがあります。一か月くらいかかるとか。」

 

「ええもうその通りです。イベント前は本当に修羅場続きで・・・。笑」

 

「イベントということは、プロのコスプレイヤーを目指されてるんですか?」

 

「いやいや!とんでもない!同人イベントばかりですよ。完全に趣味でのコスプレです^^」

 

「そうなんですね!最近は何のコスプレをされたんですか?」

 

「最近はFGO(Fate/Grand Order)の不夜城のキャスターをやりました!」

 

「えっ!すごい!肌は本当に黒く焼いたりするんですか?」

 

「まさか 笑 顔料で黒く塗るんですよ~。」

 

 

 

メッセージを始めた初日とは思えない程話が盛り上がったので

思い切ってご飯に誘ってみることにしました。

 

 

 

「Aさんとはとても仲良くなれそうな気がしたので、近々ご飯でもどうでしょうか。」

 

「いいですよ^^宜しくお願いします。」

 

「ありがとうございます!ちなみに、お酒の好みはあります?」

 

「最近はワインとかウイスキーが多いですね。」

 

「私もワインやウイスキーが大好きなので良かったです^^ではお店は見繕っておきますね!」

 

 

 

 

あっさりOKを頂きました。

コスプレイヤーなど、ニッチな趣味を持っている女性には、相手をなるべく理解する方向で色々聞いたりすると話が盛り上がります。

知らない世界を知ることができるので一石二鳥とも言えるでしょう。

 

 

 

Episode 2 「初デート」

 

 

事前にワインとウイスキーがおいしいお店

新宿三丁目駅近くで待ち合わせです。

 

 

「初めまして、今日は宜しくお願いします。」

 

「Aです!自分より身長が高い人を久しぶりに見ました 笑」

 

 

 

実は、私が身長187cm、Aさんも175cmという外国人並みの身長同士。

お互いの目線が近いので、それだけで早速盛り上がってしまいました。

その後、5分くらい歩いてお店に到着。

 

 

 

「メニューにたくさんワインが並んでいるんですが、好きなのを選んで頂いていいですよ!私は銘柄には疎いので・・・^^;。」

 

「私もです!笑 実を言うとワインは好きなんですけど、銘柄は詳しくないんですよね。スーパーで棚に並んでる物の中から良さそうなのを良く買うくらいで・・・。」

 

「良かったです。私も同じような感じです。相当詳しい人だったらどうしようかと思っていましたよ 笑」

 

「ウイスキーについても、スーパーで好きなのを買って飲んでいるだけなんですよね~。ジャックダニエルを良く飲むんですけど。」

 

「ふ~ん、そうなんですね!じゃあ次はバーにでも行ってみましょうか^^」

 

 

うまく次のデートの約束を交わし、

その日は別れました。

 

 

 

Episode 3 「告白」

 

 

その後1~2回夜のデートをこなし、

1日に数通はLINEでやり取りをするような毎日が続いていました。

 

が、

 

ある日唐突にその時はやってきました。

 

 

 

「ねえねえ、私の事好き?」

 

「えっ?好きだよ?」(突然の事にあまりにもサラッと答えてしまう)

 

「え!本当に!?」

 

「うん・・・好きだよ。」(事の重大さに気が付いた 笑)

 

やったー!じゃあ付き合うって事??

 

「うん、付き合おうか 笑」

 

「やったー!やったー!」

 

 

 

あまりに突然の事にびっくりしましたが、

彼女がとても嬉しそうだったので良かったです 笑

告白のシチュエーションは色々考えていたのですが、彼女に先手をとられてしまいました。

 

 

 

Episode 4 「ディスニーデート」

 

 

ある日LINEで会話している時に、話の流れで彼女の好きなディズニーランドにデートに行くことになりました。

普段は物静かな彼女ですが、ディズニーランドに着くや否や、

テンションがMAXまで上がります。

口数が普段の4倍程度に増え、同じく物静かな私は対応にてんやわんやでした 笑

 

 

 

「ここには隠れミッキーがいてね!」

「ここのポップコーン屋さんは味が薄いんだよね・・・・。」

「このお店は今は並んでいるけど、午後になるとガラガラになるから、その時に来よう!」

 

 

 

正直行く前は、遊園地で並ぶのは嫌だなーと思っていたのですが、彼女がディズニーランドに月1回は来るそうで、隅々まで知り尽くした彼女のおかげでとても効率よく回ることができました。

ファストパスも効果的に使えたおかげで、お目当ての乗り物はほぼ並ばずに乗れました。

並ぶのが嫌でディズニーランドに行くのを渋っている人は、彼女がディズニーランドを知り尽くしている人ならば行っても良いかもしれませんよ。

 

 

 

Episode 5 「その後」

 

 

その後もお付き合いが続きましたが、彼女のコスプレ好きの度合が半端ではありませんでした。

毎週末コスプレイベントにいき、平日は帰宅後に夜遅くまで作業・・・

当然LINEの返信などもだんだんと少なくなっていきました。

私も休日は趣味の時間にあてることもあり、会えない日々が続きました。

 

しかも、

 

私とのデートそっちのけで男のカメラマンと2人で撮影に行くこともあり、

加えて撮影した写真がなかなかに卑猥だったので、耐え難いものがありました。

 

しかし!私はそんなことではめげません!

 

彼女は普段二人でいる時はとても過ごしやすい相手だったので、私は真剣に結婚を考えていました。

まずは自分の趣味より彼女を優先することにし、来月の土日の予定を全て空けた状態で彼女の予定を聞くことにしました。

 

さすがに一日くらいは空いてる日があるでしょう。

 

と希望を抱いて・・・

 

 

 

「来月土日どこかで時間ある日ある?久しぶりにデートしたいんだけど。」

 

「ごめん!来月全部土日の予定イベントで埋まってる。」

 

 

「・・・えっ?」

 

 

「コスプレイヤーってさ、ほんと好きな人は三ヵ月先まで予定埋まってる事がザラだよ?」

 

「私も悪かったけど、みんなと予定合わせるのに三ヵ月先からスケジュール入れていくから、それは意識してほしいな。」

 

 

 

うん。それは早く言ってほしかった・・・・。

友達にコスプレイヤーは多いけど、そこまで詳しく知らないし・・・。

 

 

しかし!それでも私はめげません。

 

それならば!と三ヵ月後に2回会う予定を入れました。

彼女は少し渋々ながらもOKしてくれました。

でも、この渋々な態度が私を失望させたのは言うまでもありません。

久しぶりにデートの予定を入れたのにもう少し嬉しそうにしてくれても

良いと思いました・・・。

 

 

その後、

私は次のデートまでの三ヵ月間を私は耐えることができませんでした。

 

LINEの返信もお互いにだんだん少なくなり、

自然とフェードアウトするような形になってしまいました。

 

 

 

 

■教訓

 

 

あまりにも趣味に入れ込み過ぎている人とは、お付き合いを避けた方が無難でしょう。

しかし、そういった人は自分の趣味にだけ目を向けていることが多く、婚活の場に出てくることは非常に稀かと思われますので、頭の片隅に置いておくだけで大丈夫かと思います。

もちろん、今回の話は一例で、「コスプレイヤーの人が全員こうだ」ということではありません。

現に私も、その後数人コスプレイヤーの方との出会いがありましたが、皆さんほどほどに楽しまれていて、物腰柔らかな方が多い印象でした。

 

■まとめ

 

Pairsは、実に12万人以上の方々が恋人を作ることに成功しているマンモス出会い系サイトです。

サクラもいるんじゃないの?と疑心暗鬼な意見もネット上には良く見られますが、実際に使ってみれば、いい人はいますし、しっかりとメッセージをやりとりできれば出会うことができますし、お付き合いするということももちろんできます。

 

みなさんもPairsで素敵な恋愛を見つけていきましょう!

登録料は無料です!

 

 

 

pairs1

ペアーズで「恋」はじめよう

 

良縁2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA