マッチングアプリ「swish」機能やユーザー層などアラサーOLsayaが調べました

swishとは?

 

 

「女子の願いを男子が叶える」がコンセプトの新感覚のマッチングアプリです。

女性が好きなこと・興味のあることを選んで、男性から届くデートプランに星をつけることで想いを伝えます。

“してみたいデートプラン“が一致したお相手とマッチングできますので、相性のマッチ度は◎

今までにない新しいマッチングアプリですので、使い方や特徴を詳しくご紹介していきます。

 

swishの特徴

デートプランからつながる

まず女性会員が、

アプリを登録する時に「興味あること・好きなこと」をウィッシュリストの中から5つ以上選択します。

 

 

その後簡単なプロフィールを登録したら…男性からのアプローチ(「おさそい」)を待ちます!

 

どんなデートがしたいか選べる

男性会員は、

「おさそい」の項目に表示される女性の写真と女性の設定している「興味あること(「~したい」)」をチェックし、その中から一つタップすると、女性へのアプローチとなります。

「全部したい」ボタンを押すと、お相手に最優先で表示されるので、特に気になる女性がいた場合は気持ちを伝えるアピールになります。

そして女性がその「おさそい」に★(1~5)の数で期待度が示されています)をつけると、「お返事」「やりとり(メッセージ)」の項目に表示されます。

★4個または5個をもらった場合は無料会員でも分かるようになっています。

ここから話を進めたかったら有料会員に登録してメッセージ送信する、という流れになります。

また女性会員は、

登録した時に選択した「興味あること・好きなこと」と同じ項目を選んだ男性からデートプラン付きで相手からのおさそい」が届きます。

 

 

「おさそい」を送ってくれたお相手のデートプランやプロフィールを確認して★を1~5個つけてお返事します。

また、「ホーム」の項目には男性のプロフィールと「したいこと」が見られますので、ここから男性へ★をつけてアピールを送ることもできます。

★をつけたらメッセージできる

★1でも★5でも全員マッチングとなり、男性側からメッセージのやり取りができるようになります。

女性がメッセージを読むには、年齢認証が必要となります。

 

 

ここから先は一般的なマッチングアプリと同じでメッセージのやり取りを重ねて、実際に会う・会わないは当人同士の判断になります。

 

Swishは男女ともに初デートが楽

デート、実際に会うことが前提になっているので、他のマッチングアプリよりもスムーズに会いやすいアプリといえるでしょう。

「今日ヒマ」というアピール機能もあるので、気軽に即デートが実現する可能性も高いです。

また、男性は女性からの★の数が参考になるので、★が4~5個などの場合は特にデートへ誘いやすいですね。ノリや出会いやすさが分かります。

★が3個以下でもメッセ―ジで会話がはずめば会える展開になるかもです。

男女ともに、実際に会いたくてアプリを使用している人が多いはずですので、ストレートにデートに誘うことを躊躇しなくてよさそうです。

むしろメッセージで当り障りのない挨拶や日常会話などの中身のない内容ばかり長々と続けてしまうとしまうと、積極的なライバルに出し抜かれてデートのチャンスを失ってしまうかも。

 

最初のデートで失敗しにくいSwish

他のアプリに比べて、具体的に「興味あること・好きなこと」が同じお相手とマッチングしますので会話も弾みやすいですよね。

例えば「お酒飲みたい」でつながれば、「どんなお酒が好きですか?」「普段どのあたりで飲んでるんですか?」「お酒強いんですか?」などなどコミュニケーションも展開しやすいです。

「デートしたい」「~~したい」という積極的な共通点があること、男性が提案したデートプラン(アピールポイント)に女性が共感していることなど、初対面同士のデートでも盛り上がりやすいでしょう。

男性はデートプランをしっかり作っておけば、目的・テーマがしっかりある状態で会うので、初デートで困りがちな話のネタも豊富にそろっていますし、距離も縮めやすいかも?

女性に「ずっと行きたいと思っていたお店に連れて行って貰えた!」などと喜ばれたりすれば大成功ですよね。

 

Swishの仕組みとサービス内容詳細

全員とマッチング

一般的なマッチングアプリではお相手から届いたアプローチに対して「いいね!」もしくは「スキップ」が選択できるようになっていますが、

swishではスキップという概念はなく、全員とマッチングする仕組みになっています。

女性は、「いいね!」と「スキップ」の代わりに男性に★をつけることでお相手を評価します。

おさそいしてくれた男性は一覧画面ではなくカード形式で表示されていきますので、

★をつけなければ次の男性を見ることもできず必ず★1~★5のどれかを選ぶことになり、実質全員とマッチングしてしまうのです。

ちなみに女性は★を付けた男性を一覧で見ることが出来ます。

また男性も、無料会員の場合「おさそい」をしたくなくてもスキップすることができないので、強制的に何かしらの「おさそい」アイコンを押すことになります(ポイントを消費します)。

有料会員になればスキップすることができます。

結果、表示された人全員とマッチング(メッセージ可能)状態、ということがあり得るのです。

「マッチング」といっても他のアプリの「いいね!」が一致する「マッチング」とはちょっと違う意味ですね。

 

Swishを完璧に使いこなす方法

女性は「今日ヒマ」でおさそい待ち!

女性のみ「興味あること」とは別に「今日したいこと」を1つ選択して「今日ヒマ」という機能を設定することができます。

その日空いている&どんなことがしたいのかを設定し、お相手からのお誘いを待つことができる機能です。

以下の4つのテーマを設定できます。

・美味しいご飯を食べたい

・楽しく飲みたい

・誰かと話したい

・暇つぶし

「予定が急に無くなってしまってヒマになっちゃった」「友達にドタキャンされちゃってつまらない!」「今日すぐに誰かに会いたい!」などという時には便利まですね。

ちなみに毎日0時にリセットされるので、これが設定されている人はアプリを放置していない確率も高いといえるでしょう。

また、マッチングしてゆっくりメッセージ交換も良いですが、「今日!今から!この後すぐ!」というタイミング、意気投合感と勢いもデート成立に結び付きやすいかもしれません。

会いたいテンションが高まっている時を逃す手はありません!

 

Swishの料金プランとポイントの仕組み

女性主導で女性は無料

女性は完全無料で利用できます。

更に、swishは”楽天リワード”と連携していて、アプリを使い込む度に楽天スーパーポイントが貰えちゃいます

例えば…プロフィール写真の登録で10ポイント(=10円)年齢確認完了で更に10ポイントなど。

 

 

この他にもさまざまなミッションが用意されていて、それをクリアするたびにポイントがゲットできます!

無料で利用できる上に、楽天市場で実際に現金のように使えるポイントまでゲットできちゃうなんて、画期的な仕組みですよね♪

男性有料1ヶ月3600円~

男性は有料会員になると、

①お返事をくれた女性、アピールされた女性とメッセージのやりとりが無制限でできる

②表示された女性がタイプでなかった場合、誘わずに次の女の子へスキップできる

③女性からもらった★の数がすべて分かる

④登録時に最大3,000ポイントがもらえる

という特典があります。

金額は、

29歳以下はこちら。

 

 

30歳以上はこちら。

 

 

男性は「おさそい」にポイントが必要

ポイントは「おさそい」に使用します。

「おさそい」1回につき1ポイント使用

「全部したい」1回につき30ポイント使用

連続ログイン、初回登録の際のプロフィール・プロフィール写真登録の際には無料でもらえます。

購入する場合の料金は以下の通りです。

(税込み)

男性会員100名の年齢層・スペック・利用目的を徹底調査!

年齢層・スペック

公式には会員数や年齢層などが発表されていませんので、

OLsayaがおさそいいただいた会員100名をランダムにピックアップして徹底調査してみました!

 

・約65%が20代以下。中でも10~20代前半の学生が多い。

・約55%が「年収非公開」

・約60%の居住地が首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)

・約30%がSNOWなどの加工アプリを使った写真or顔がよく分からない写真

 

私が実際にやり取りしたみた男性はこんな感じですが、大学生ともマッチングしちゃいました(笑)

 

 

1週間で届いたおさそいの数

148人の男性からおさそい(いいね!)いただきました。

会員数が公表されていないためこれが少ないのか多いのか分かりませんが、

ごくごく普通のアラサーOLが登録した結果がこうなりましたので、ご参考になさってください。

登録初日に60人、その後は1日10~20人のペースでしたので、有名アプリと比べるとだいぶ少ない傾向でした。

 

目的

“デートプランから繋がる“swishの特性上、真剣な恋活や婚活というより「気軽にデートできる相手」を探している人が多いように感じました。

プロフィールも自己紹介文まできちんと埋めている人は半数以下、といったところで、ほとんどの人はノリで登録して使ってみた!という感じでした。

前述の調査結果でもお分かりいただけるように、年収も「非公開」に設定している人が半数以上で、真剣さは感じられないですよね。お相手の検索項目も「年齢」と「居住地」のみですので、真剣にお相手を探している方にとっては使いにくいかな…。

真剣なお話ができたお相手もいましたが、サクッと会える人を探している男性が圧倒的に多かったです。

学生同士だったらいいのかな~( ;∀;)

 

Swishにも欠点がある

女性主導すぎて男性が強く出やすい

「女性の願いを叶えてあげる」と、上から目線の男性も当然でてくるでしょう。

人にもよりますが、男性に「~してあげているんだから」「男が金を払っているんだから」という気持ちがあると多少偉そうだったり、態度が大きかったりと、強く出る、という可能性もあります。

女性主導が裏目に出て、男性が強く出やすく、女性が不愉快な思いをする場合もあるかもしれません。

女性に有利なのに男性がお金を払う

アプリ自体も女性は完全に無料で楽しめますが、男性は機能面から、有料会員にならないと実質上全く活動できないといってよいでしょう。

そして「女性の願いをかなえる」コンセプトのため、デートでは男性が女性にご馳走する、と考えておいた方が良いです。女性も、奢ってもらえることを前提に考えている場合が多いでしょう。むしろ奢ってもらいたくて使っている女性がほとんどと思われます。

女性の希望を最初にアピールしてあったり、男性がそれに合わせるような形であったり、女性が男性を★で一方的に評価したりと、全体的に女性が有利といった印象を感じますが、

実際にお金を払うのは男性です。

ですので男性は経済的に余裕があって、女性を喜んでもらえると嬉しい、というゆとりのあるタイプでないと厳しいかと思われます。

男性に良いように使われる可能性も

デートプランを男性が提案…ということで、場合によっては男性の都合の良いように強引なリードをされてしまう可能性もあります。

女性に危険な展開に持ち込まれることもあり得るでしょう。

また男性がお金を使うことが多いこともあり、

特に男性が対等感を感じずに、「お金を払っているんだから!」と強引な態度も許されるという意識でいる場合もあるでしょう。

また女性はパパ活的なノリで来ている、と捉えられても無理はありません。

実際に会った際は、自分はそんなつもりじゃなかった!というような不本意なシチュエーションにならないようにくれぐれも気をつけてください。

 

Swishで★評価するときは厳しく!

★1をつけることを躊躇しないで

全員とマッチングしてしまうのはアプリの特性上しょうがないことですが、

それでもできるだけメッセージのやり取りをしたくない(本来であればスキップしたい…)お相手に対しては、厳しいようですが★1をつけてしまいましょう。

低評価をつけられた女性にメッセージを送る勇気のある男性は少ないので、

マッチングをしてもメッセージのやり取りが発生する可能性は少なくなります。

★3以上はメッセージが来ちゃう

アプリからもメッセージすることを後押しするような表示が出ますし、

★が3つ以上の場合は男性も「脈あり」と捉え、メッセージを送りやすいようです。

★が4、5個はかなり高確率で会えると思われ、★3個はメッセージが盛り上がれば会える!と思われるようです。

 

女性主導のSwishは男性には損?

Swishの「夢をかなえる」という趣旨も捉え方によっては、

女性は「真剣な出会い」を探しているというよりも、「とりあえず奢ってくれる、いわゆる都合がいい男」を探している人が多いという側面も考えられます。

男性は「気に入った女性と過ごせれば、多少お金がかかってもいいや」と心理的にも経済的にも余裕がないと、

「女性のワガママに合わせてお金を払わされる」という損なアプリと感じられるでしょう。

もちろんその出会いをきっかけに、関係が発展するというケースも考えられますが、「また会いましょう」となっても、女性の心理的にも最初の出会いのコンセプトが引き続がれ、その後のデート代も男性持ちということが前提の関係性が出来上がっているともいえます。

そもそもが男性に奢ってもらいたい心理を持つ女性なわけですから、「次回は私が払います!」と言い出す可能性はかなり低いでしょう。よほど女性を惚れさせない限り…。

もしくは「奢ってくれるなら会ってもいいという人」と位置付けられてしまうかもしれません。

「夢をかなえる」ことで、金銭的な面以外でも女性の心を掴んで関係を進展させることが出来たり、純粋に「女性が喜ばせるのが好き」と思える男性でないと「損している」と感じてしまうかもしれません。

 

Swishに出した顔写真プライバシーは大丈夫?

Swishはfacebookの連携はしていませんので、(facebookと連携しているアプリだと、facebookの友達は非表示にする機能などがありますが)使っている最中に知り合いにバレてしまうことはありえます。

どのアプリでも同じことですが、スクリーンショットなどを撮られる可能性もありますし、完全にプライバシーが安全、ということはありません。

顔写真を少しぼやかす機能もありますので、心配な方はアップする際に使ってみてもよいでしょう。

Swishの退会方法・辞め方

退会方法は少し分かりづらいです。

まず、「マイページ」から「設定」、

その中から「よくある質問」へ。

 

右上の「お問い合わせ」をタップし、

「お問い合わせ内容」から「退会」を選択。メールアドレスを入力する必要はありません。

 

理由を入力して、

退会完了です。

Swishの運営会社と信用度

Swishの運営会社は、株式会社Diverseという、2013年に設立された会社で、オンライン/オフラインでのマッチングサービス、結婚支援事業及びメディア事業を行っており、

オンラインのマッチングアプリ「Poiboy」

出会いアプリ「YYC」

街コンイベント「ecle」

婚活サービス「you bride」

デートマッチングサービス「tailor」

婚活パーティー「YUCO」

女性の恋の悩みを解決するメディア「AM」

おひとりさまで生きる人のためのメディア「SOLO」

夫婦像の新しい形を模索していくメディア「ToFUFU」

など、幅広い事業を展開している会社です。個人情報保護体制を構築し安全に運用していることが認証されているJAPHICマークが付与されているので、会社としての信頼度は高いといえます。

 

まとめ – swishをおすすめできる人‐

 

 

・24歳以下の相手と出会いたい

・事前のやり取りで相手をじっくり吟味するよりも「まずは会ってみたい」

・首都圏に住んでいる

・デート相手を探したい

・趣味友を探したい

・奢られたいor奢ってもOK

 

最後に

 

swishを実際に使ってみた感想と使い方などなどお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

恋活や婚活には…正直向いていないアプリでした。サクッと会える趣味友~遊び相手を探したい時にはぴったりのアプリと言えるでしょう。女性は無料で利用できるだけではなく楽天スーパーポイントも貯められますので、インストールしてみて損はありませんね◎

 

みなさんが理想のお相手と出会えることを願っています**

 

→swishの公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA