【婚活本紹介】「100回お見合いしたヲタ女子の婚活記1・2/肉子」のネタバレ・口コミ・評判・感想はどう?

ゲーム・漫画が大好きなオタク女子である肉子さんが婚活をした経験を漫画にしたのが「100回お見合したオタ女子の婚活記」。今回は、この1巻の内容と感想をまとめてみました。

オタク女子が婚活をする、というタイプの婚活記は、最近よく見かけるジャンルの一つだと思います。オタク趣味に限らず、いろいろな趣味に情熱を燃やして、あまり結婚を意識してこなかった、という女子は、案外いるのではないでしょうか。

そういった場合、やはり、趣味を受け入れてくれる男性と出会いたいですよね。肉子さんもそう思って婚活に取り組んでいくので、参考になるところが多そうです。ただ、全体的に文字が多く、ゲームや漫画のネタが盛りだくさんなので、そういったネタが好きな人向けかもしれません。

 

主人公はいわゆる「オタク女子」

主人公の肉子さんは豚のキャラクター。高卒・正社員・年収400万・実家暮らし・田舎の長女という彼女が、初めて結婚相談所に行くところから始まります。

「めっちゃ受け身でぶっちゃけ恋愛にもそんなに興味なし、でも親がうるさいし兄が26で結婚してますます居づらい…地元で働いているから一人暮らしする意味もメリットもないし…婚活する理由としては『結婚したい』つーかこのまま独身でいたくない……40になっても今と同じ実家暮らしの薄給OLなんていやだ……働くのも好きじゃないし、なんとかして『既婚』という免許を手に入れて堂々と暮らしたい……

こんなネガティブで不純な動機のオタ女でも結婚できますか!?と尋ねる彼女に、結婚相談所のアヤメさんは「不相応な高望みさえしなければ大丈夫です」と答えてくれます。

結婚相談所、と聞くと、なかなかハードルが高く、でも登録しさえすればなんとかなりそうなイメージがあり、もうどうしようもなくなった時の最終手段、最後の砦と考えている人もいるのではないかと思います。

しかし、肉子さんは、「結婚相談所は魔法使いでもないし、最後の砦でもない。お膳立てと機会づくりをしてくれますが、当人が積極的に動かなければ何事も発展していかないのです」と語ります。

このように、結婚相談所ってどんなところ?という紹介が多々入ってくるので、これから登録してみようかな?と考えている人には、参考になりそうです。

 

趣味を分かってくれる人と付き合いたい!

オタ女子にも結婚願望はある、という肉子さん。「一緒にゲームをプレイする」「オタクの聖地に一緒に巡礼」「お互いの萌えについて語り合う」などなど、充実したオタカップルがうらやましくて仕方ありません、と語ります。

オタカップルになれなくても、せめて、放任してくれれば充分。この気持ち、とっても良く分かります。趣味って、その人の生きがいだったり、ストレス発散だったりしますよね。一緒に趣味を楽しめなくても、せめて「やめろ」とか、「いい大人なのに…」と言わない人と付き合いたいですよね。

 

結婚相談所に登録した

肉子さんは26歳の時、新聞広告をきっかけに、お見合いパーティに初参加します。しかし、結局誰ともカップルにならず、その後も友人の紹介などで婚活をするのですが、あまりはかどらず…28歳の時、焦りを感じ始め、結婚相談所に登録することにします。

大手結婚相談所の担当者・アヤメさんは、「28歳とお若いですし、堅い会社の正社員ですし、いいご縁はたくさんありますよ」と言い、その上、肉子さんの性格をずばずばと当ててきます。「あなたなら絶対結婚できる」などと無責任に持ち上げたりされなかったこと、しつこく勧誘されなかったことなどに信頼感を持ちました。

信頼感の持てる結婚相談所を選ぶことは、婚活をしていくうえでとても重要だと思います。無料相談会などを利用して、信頼感が持てるかどうか、確かめてみるといいかもしれませんね。

結婚相談所に登録すると、会員向けの会報が送られてきます。この会報には、会員のプロフィールやコラムなどが掲載されているそうです。このプロフィールもさまざまで、つい読みふけってしまう肉子さん。

相手に求める情報を聞かれ、正直に答えると、年収などをもっと上げるように言われます。そんな条件で相手が見つかるの?と思う肉子さんに、アヤメさんは「肉子さんは20代で正社員という強みがある」「スタート時点で条件を狭めておかないと収集がつかなくなる」とアドバイス。肉子さんは20万近く払い、1年という期間限定で婚活をスタートさせるのでした。

 

やっぱり変わった人もいる…

肉子さんは「お見合いや結婚相談所なんてどうせ変わった人ばかりでしょ」とよく言われるそうですが、「そんなことない、普通の人ばっかり」…と思いきや、実際はたまに、個性的な人にあたることもあるそうです。性経験についてずかずか聞いてくる人や、異常に不潔で垢や汗の強烈な匂いをさせていた上に、ミルクピッチャーを舐めて綺麗にした人など…。

また、ハイスペックで趣味も会う!と思った男性とお付き合いしてみたら、どうしても価値観が合わず婚約破棄になってしまったり、また、突然夜景の綺麗な場所に連れていかれて体を求められたり…。

女子会で話すネタになった、と思えればいいですが、「いろんな人がいる」というのを、初めに覚悟しておかないといけないな、と感じました。肉子さんも、「遊ばれないように気を付けよう!」と太字で書いています。

 

いろんな人に会って、価値観を考え直す

29歳になった肉子さんは、父親の勧めで別の結婚相談所(しかも2か所同時)に登録することに。しかし、そのどちらの結婚相談所もあまりいい印象ではなく、結局初めに登録した結婚相談所に絞ります。そして、回されてくるマッチングと申し込みはすべて承諾し、積極的にお見合いを始めます。

婚活でいろいろな人に出会い、いろいろな経験をして、少しずつ結婚への考え方や恋愛観、ライフプランを考え直していく肉子さん。

そんな中、二人の男性と同時にいい感じになり、どちらからも結婚を前提とした交際を申し込まれます。一人は32歳非オタ、通称ファントム。エリートなのに謙虚な人。髪が薄いのが気になるところ。もう一人は30歳のオタク、通称ミク。ノリが合って一緒にいてラクだけど、なんだかうさんくさいのが気になるところ。

仮交際は何股でも大丈夫ですが、本交際は当然一人しか選べません。激しく悩む肉子さん。

モテないのも困りますが、モテすぎるのも悩ましいですね。アヤメさんが「ぼんやりしていると二人とも取り逃がす」という内容のアドバイスをしますが、こういう事態に備えて、「何を判断基準とするか」しっかり決めておいた方がいいかもしれません。

 

結婚の決めては「幸せにしたい」と思ったこと

二人の男性の間で悩む肉子さんは、「もう一度ずつ会ってみてどちらと本交際するか決める」と決心したものの、ファントムさんとはタイミングが合わず、その間にミクさんとは平日も休日もデートを重ねていきました。ささやかなことを「幸せ」と言ってくれる彼に、もっと幸せにしてあげたい!と思った肉子さんは、ミクさんと本交際を決め、そして結婚を決めました。

その後、交際三カ月でスピード結婚した肉子さん。何事も「そのうちしてみようかな」と思っているだけでは納得できる結果なんて誰も運んできてくれない。婚活はそんな当たり前のことを甘ったれた自分に教えてくれた、と振り返ります。「婚活は良い体験だった」とも。

最後にどちらの人を選ぶかのエピソードでも感じましたが、交際も結婚も「タイミング」が大事だと思います。もし、婚活を始めようか迷っているとしたら、今がその「タイミング」なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA