婚活サイト「恋愛経験なしアラフォー男性におすすめの結婚相談所選び」特集!

アラフォー男性婚活奮闘記のご紹介

今回ご紹介するのは、アラフォーでアフィリエイター、自営業で、実は漫画やアニメが趣味だという男性の婚活成功記録が、ご本人によりまとめられているサイトです。意外とこうした条件に近い男性は多いようですので、ミラコロでも皆さんの参考になればと思い、紹介することにしました。

↓ご紹介するサイトはこちら↓

【URL:https://want-to-get-married.com/】

自営業アフィリエイターの婚活

サイト管理者のアラフォー男性は、アフィリエイターで自営業というなかなかお目にかかれない方です。アフィリエイターは、広告関連の仕事ですが、世間ではかなり稼げていそうな印象もあり、一部の人からは、あまり良いイメージがないため、仕事のことを人に伝える時に理解されづらいという辛さがあります。

そして、さらに個人事業、自営業の人は仕事が不安定と言われており、借金の借り入れでも不利になることがあるほどで、自営業で、アフィリエイターという2つの難しい要素を抱えた方の婚活成功記録がサイトには綴られています。

合気道とアニメとマンガが趣味

サイトの執筆者であり、婚活の成功者でもあるご本人は、趣味はアニメとマンガだったそうですが、それはひとまず表に出さず、若い頃に合気道をやっていたという点をアピールしたようです。

やはり世間的にオタク、未婚、アラフォーとなるとかなり印象は悪いですから、この方は賢く切り抜けた感じでしょう。もちろん、お相手が見つかってから、早いうちにアニメや漫画も嗜む程度に楽しむということに理解をしてもらえれば結婚してからも窮屈な生活をすることはないでしょう。

実際、この方はアニメやマンガが趣味であることを最初は隠して婚活して成功していますので、オタクであるということ、アニメが好きであるということは最初は秘密にしておくのが良いかもしれません。

プロポーズまで手すらつなげなかった

こちらのアラフォー男性、女性が非常に苦手だったようで、今の奥様とはプロポーズするまで手をつなぐこともできなかったようです。それだけ女性が苦手な方でも、ちゃんとしたサービスとサポートのある結婚相談所を選べば結婚できるという生き証人でもあります。

このアラフォー男性は最初は有名な結婚相談所を利用していたようですが、結局は地域の小さな結婚相談所で全国ネットのIBJのシステムを活用して結婚することに無事成功しています。

こちらのアラフォー男性の方の場合は、むしろそうした女性にグイグイ攻めていかない所が、評価されたのかもしれませんが、何より結婚までのデート、プロポーズの言葉などおそらくこの方一人ではうまくいかなかったでしょう。

地域の結婚相談所の仲人さんやアドバイザーの方との相性や、時を同じくして婚活をしていた今の奥様との運命的なタイミングもあって結婚に成功したといえるでしょう。

選ばれたのは小さな結婚相談所

プロフィール充実で選ぶ側になった

アラフォー男性が選んだのは地域の小さな結婚相談所だったと語っています。この結婚相談所はカウンセラーの女性が一人しかいないところでしたが、他の方が「ぜひ会ってみたい」と思えるようなプロフィールを作ってくれるという非常にありがたい結婚相談所だったため、無事成婚できたのでしょう。

こちらの方は年収は600万円、アフィリエイターで、自営業という条件があれば、子育てのサポートも大いに時間をとることができ、巷で人気のYouTuberのSeikinさんや福井のカズさんと同じ広告収入で稼ぐ人ですから、理解がある人にとっては十分魅力的なのです。

この結婚相談所でしっかりプロフィールを作ってもらえたおかげか、相手に選ばれるというよりは、相手を選ぶことになるくらいにお見合いの申込みが殺到したようで、大きい結婚相談所でサポートも少ないところでは、もしかしたら結婚できていなかったかもしれません。

大手の結婚相談所で多いのは出会いだけ?

利用者も多く、知名度も高い結婚相談所や婚活サイトの利用もしていたようですが、出会いの数はあっても結局奥手な人にとってはコミュニケーションやデートがうまくいかないこともあるようです。

出会いだけは数が多いようで、マッチングも簡単なようですが、カウンセラーのサポートはあまりなく、自分からどんどん攻めていける人でないとブライダルネットのような大きいところでの婚活は難しいでしょう。

もちろん、そうしたコミュニケーションが得意な方はどんどんブライダルネットなどで活動していっても良いでしょうが、奥手、女性とのコミュニケーションが苦手な男性は、やはりカウンセラーやアドバイザーのサポートが手厚いところを選んだほうが良さそうです。

地域の結婚相談所では、通うのも連絡を取るのも簡単で、同じ地域内で出会いたいと思っている方にはとくにオススメでしょう。自分が奥手だと思う方は、大手よりも、少し小さくても地域の結婚相談所を頼りましょう。

成功するプロフィール作り

ネガティブ要素は避けて少し盛る

こちらのアラフォー男性が婚活に成功した一番の要素は、どうやらプロフィールの質と言っても良さそうです。プロフィールを見た人が会いたいと思うような質の高い自己紹介、アピール文が作れたというのは大きいでしょう。

これも自身で奥手だと公言するこの方だけでは、きっと実現できなかったはずで、カウンセラーの手厚いサポートやプロフィール作りの工夫は成婚に大きく貢献しているはずです。

とくに気をつけていたのは、ちょっとしたネガティブ要素も避けて表現するということのようです。多くの人はあまり気にせずに、自己卑下のために使用する表現が婚活の場合は、大きくマイナスに働いてしまうこともあるようで、盛りすぎる必要はないですが、挨拶や仕事の話では、読んだ人が明るい人そうだ、仕事を楽しんでいそうだ、と感じ取ってもらえるようにする必要があります。

また、多少盛っても、あながち嘘でもなく、多少違っても問題ないという部分は盛っても良いようです。

400字程度でシンプルにまとめる

この自己紹介はいちばん大切ですので、どうしても長文になってしまいそうですが、原稿用紙1枚分400文字以内に収めるのが良いと紹介されていました。長すぎると伝わらず、短すぎればやる気を感じられないということで、こうしたところでも小中学校でやらされていた作文の力が生きてくるのかもしれません。

ただまとめるのではなく、読み手がすんなり理解できるように、会ってみたいと思わせられるように書くことが大切です。

仕事を楽しんでいることを伝えて

男性の多くが仕事の話をする時に、自慢っぽく話してしまうことを、的確に指摘されており、仕事に関してはどんな分野でも、その仕事を楽しんでいて、誇りを持って取り組んでいることを押し出したほうが良さそうです。

確かに、ビジネスで仕事の話をするときは成果を述べたほうが良いですが、将来のパートナーとなる人には仕事に対する姿勢が明るいものであると伝わったほうが印象は良いでしょう。

アラフォー男性の婚活にきっと参考になる

結婚するまでの参考に

ここで紹介したアラフォー男性の婚活成功談は、業種や趣味が違っても相当役立つ情報であることは間違いないでしょう。プロフィールの作り方に関しては、例文や実例も合わせて掲載されていて、同じアラフォー男性の婚活で役立つでしょう。

結婚するまでの最初の出会いまで、そして、出会ってから結婚、プロポーズするまで貴重な1組のカップルの様子から学べますので、是非参考になさってはいかがでしょうか。

結婚してからの情報も頼りになる

また、プロポーズの仕方や奥手な男性でもできるデートの誘い方やデートの楽しみ方なども、こちらの方のサイトで確認できるようです。我こそは奥手なアラフォー男子だという方は、勉強がてら参考にして、少しでも結婚が成功するようにチャレンジしてみてください。

なかなか他人の婚活事情、馴れ初め事情は見聞きできませんので、運命の人との出会いで失敗しないためにも早めに婚活のヒントを入手していってください。

→今回ご紹介したサイトはこちら

良縁2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA