プロポーズが成功したらその後にすることって?具体的に何をすればいい?

愛し合う2人が結婚の意思を固め、婚約します。そこから結婚に向けどのように進んで行ったら良いのでしょうか。ここでは、プロポーズ成功後に具体的にすべきことをまとめています。結婚指輪について、親への挨拶の日程について、入籍する日を決めたりそのための準備など、結婚までに必要な情報がたくさんあります。ぜひチェックしてみてください。

 

結婚指輪をどうするか決めよう

 

結婚式では、2人が夫婦になる証として指輪の交換が行われます。この儀式までに結婚指輪を用意しておく必要があります。注文して作ってもらう場合、1ヶ月~2ヶ月くらいかかることもあります。ですから、遅くても結婚式の3ヶ月前~6ヶ月前までには選んでおきましょう。結婚指輪の裏側には、2人のイニシャルや記念日、メッセージを刻印することが多いので、どのような文字を入れるかも話し合って決めておきましょう。

 

親への挨拶日程を決めよう

 

男性はプロポーズしてOKをもらったこと、女性はプロポーズされたことを親に報告します。彼が親に挨拶できるよう、日程を決めていきましょう。

親の休みの日や、時間の取れる日に決めることができるでしょう。結婚に向けての話し合いも行われますから、失礼のないよう、きちんと手順を踏んでいく必要があります。自分の親にもなるわけですから、予定を聞いてから訪ねるようにしましょう。

「会ってほしい人がいる」とか、「彼が挨拶に来たいと言っている」などと言えるかもしれません。彼女は、事前に彼の人柄などを親に伝え、親の人柄を彼に伝えておくならスムーズにいくでしょう。結婚式のこと、仕事や家のことなども話し合えるでしょう。

 

入籍の準備を早めに始めよう

 

入籍の準備は早めに始めておきましょう。結婚の準備は、式場探し、ウェディングドレス選び、招待状の作成、新婚旅行先選び、家探し、引っ越しなどさまざまあるからです。婚約期間はとにかく準備で忙しくなります。でも、その時期を幸せを感じながら準備したいものです。

バタバタした中で婚姻届けを書いて提出するのではなく、前もって区役所や市役所へ行って婚姻届をもらっておきましょう。婚姻届は、結婚する2人の署名だけではありません。2人の結婚を認めてくれる証人が2人必要です。親、兄弟、友人、仲人、上司、恩師などに頼み、書いてもらう時間も取り分けておきましょう。

 

まとめ

 

プロポーズ成功後、結婚に向けて行わなければならない準備はたくさんあります。具体的には、結婚指輪のデザインや裏側の刻印をどうするか、親へ結婚の報告や挨拶をする日を決めること、入籍の準備などがあります。慌てなくて済むよう、じっくりと時間をかけて準備していきましょう。