気になるみんなのプロポーズの言葉まとめ

世の男性は、どんなプロポーズの言葉を選んでいるのでしょうか。また、女性はどんなプロポーズをされているのでしょうか。ここでは、気になるみんなのプロポーズの言葉をまとめています。シンプルなプロポーズの言葉、気持ちをしっかり伝えてからのプロポーズ、凝ったプロポーズの言葉をぜひ、チェックしてみてください。

シンプルなプロポーズの言葉も嬉しいもの

まずは、シンプルなプロポーズの言葉です。「僕と結婚してください」という申し込むような言葉。「結婚しよう」という力強い言葉。「人生を一緒に歩んでいこう」や、「一生一緒にいてください」、「一緒に幸せな家庭を作っていこう」など、結婚という言葉はなくてもプロポーズだとわかる言葉。「僕の隣でいつも笑っていてください」という言葉も、笑顔が絶えないあたたかな家庭をイメージさせる言葉です。「一生大切にします」や、「一生守らせてください」という男らしい言葉も嬉しいものです。

気持ちを話してからのプロポーズも魅力的

次に、これまでの思い出や感謝の気持ちを話してからプロポーズする場合です。この場合、前もってよく考えておく必要があります。緊張して、言いたいことの半分も言えないということになってしまっては残念です。プロポーズしたくなるシチュエーションは突然やってくるかもしれません。彼女が喜んでくれる顔を思い浮かべながら、プロポーズの言葉を用意しておきましょう。決め台詞の前に、強い気持ちをしっかりと話すなら、その気持ちは伝わります。彼女が何回も思い出したくなるような魅力的なプロポーズをしましょう。

少し分かりにくいプロポーズも意外と多い

意外と多いプロポーズは、遠回しで少し分かりにくいプロポーズです。男性側としては意を決し必死に伝えたプロポーズですが、女性には伝わりづらいことがあるようです。「ついて来て欲しい」という意味で言った、「転勤が決まった。一緒に行こう!」や、「毎日一緒にいたい」という意味で言った、「毎朝、君の淹れてくれたコーヒーが飲みたい!」や、「守っていきたい」という意味で言った、「一人で頑張らなくていいよ!」などの言葉です。女性からしたら、これってプロポーズなの?と思ってしまうような台詞ですが、意外と多いのです。男性の皆さんは、プロポーズの言葉を自分らしくアレンジしたいと思うかもしれませんが、最終的には結婚を申し込まれたということが伝わるようにしましょう。

まとめ

まわりのみんなはどんなプロポーズをされているのかわかりましたか?男らしくシンプルなプロポーズ、思い出や感謝を話してからの魅力的なプロポーズ、そして、意外に多かったのが少し分かりにくいプロポーズでした。今後の参考にして、一生に一度の忘れられないプロポーズにしましょう。