ギャップが最強!?相手をその気にさせるギャップ見せモテテク3選

人は、見た目の第一印象と、実際の姿が意外であることに対してギャップを感じます。自分の好みではないと思っていた人に対してギャップを感じた途端、恋愛感情を抱いてしまうこともしばしばです。ここでは、外見と趣味のギャップ、運動神経のギャップ、話し方と持ち物の趣味でのギャップについてまとめています。ギャップを見せてモテたいと思っている方はぜひ、チェックしてください。

 

↓サクッと登録はこちら↓

パートナーエージェント

 

外見と趣味でギャップを持たせよう

 

外見から受ける印象と、実際の性格が違うと男の人はギャップを感じます。一見クールな女性が、料理をよく作る家庭的なタイプだったりすると、興味を持ってもらえます。

いつも作っている料理を写真に撮り、見せてみるのも効果的です。「今度、手料理を振る舞うので、家に来ませんか?」と誘いやすいシチュエーションになります。さらに、手芸など可愛らしい趣味を持っていると、男性から女性らしい人と見られるでしょう。おとなしそうでインドア派に見える女性が、実は活発でアウトドア派な趣味を持っているということにもギャップを感じてもらえるでしょう。

 

運動神経と趣味でギャップを持たせよう

 

 

普段、おっとりしているように見える女性が、実はスポーツができる運動神経の良い女性というギャップもモテます。ジムで体を鍛えている、マラソン、ジョギング、テニス、サーフィン、山登り、ウインタースポーツなど、男性と共通の趣味を見つけると、会話がはずみます。

そして、「今度、一緒にスポーツしませんか?」と、自然な流れでデートの約束もできるでしょう。もし、共通の趣味がないとしても、気になる男性の趣味に興味を持って、「今度、教えてください。」と言って近づくこともできるでしょう。

 

話し方と持ち物の趣味でギャップを見せよう

 

さらに、男性はどのようなギャップにやられてしまうでしょうか。たとえば、いつもテキパキ、早口でボーイッシュな女性が、女性らしいアイテムを持っていたらどうでしょうか。

花柄や動物柄の可愛いポーチにハンカチ・ティッシュ・絆創膏・ソーイングセットが入っていて、何か困った時にさっと取り出してくれたら、気が利く女性だなとポイントが上がります。

いつもおっとりしている女性らしい女性のスマホカバーがシンプルだったり、ハードな曲を聴くことが趣味だったりすると、これもまたギャップを感じてしまうものです。

 

まとめ

ギャップを見せてモテる3つのテクニックがあります。外見と趣味のギャップ、運動神経のギャップ、話し方と持ち物の趣味でギャップを見せる方法です。意中の男性がいる方、出会った時に興味を持ってもらいたい方は、ぜひモテテクを使ってみましょう。

→ブスなのにモテる・ブスなのに結婚できる人の特徴10