東洋経済「借金がバレた! 29歳「結婚破談女子」の大誤算」を読んで。。

どうもペガサスです

今日は、東洋経済「借金がバレた! 29歳「結婚破談女子」の大誤算」を読んで。。ということで感想を書きたいと思います

■月返済5万円、借金150万円。結婚前に彼氏に告げると…

Dさんは、バッグからエステ代金まで、次から次へとリボ払いで済ませていたほで、いつのまにか月々の返済金額は5万円に膨らみ、借金の総額も150万円になってしまいました。手取り20万円のDさんにとって毎月5万円の返済は相当きついですよね。

実は、Dさんの努力が実り、リボ払いの支払いをしている最中に、高収入のイケメン歯医者さんの彼氏ができました。お付き合いも順調に進み、結婚することも決まったのですが、Dさんは、彼に借金のことを言えずにいました。

いよいよ結婚式の日程を決めるというときになって、Dさんは、意を決して、彼に借金があることを告白しました。優しい彼のことだからおそらく許してくれるだろうと思っていたそうですが、彼の答えは「結婚は白紙に戻して、別れよう」というもの。

東洋経済より引用

 

記事を読んでいるとよくあるパターンなのかなとも思ってしますのですが、女性でショッピングして、ローンができてしまうことなどよくあることだと思います。僕も大学生時代は遊びすぎて200万円ぐらいの借金ができてしまったこともあります。

そのくらいの借金へっちゃらっと思っていましたが、確かになかなか癖づいてしまうもの、この医師の彼はそういう癖や姿勢がだめだと判断して別れをつげたのでしょうね。

 

 

良縁2