カモフレとは?ソフレの次に来る“カモフレ”の意味とその斬新な男女関係とは

こんにちはペガサスです^^

今日は最近10代や20代を中心にじわじわきているらしい、カモフレについて記載します。これからイルミネーションがキレイなクリスマスデートスポットに1人で行くのが嫌だと思う時にカモフレがいればどんなメリットがあるのかについて、そして、カモフレについての反対意見も取り上げています。

 

そもそもカモフレとは?

カモフラージュフレンドを略して、カモフレと言います。カモフラージュという言葉の通り、恋人のふりをしてデートしたりする異性の友達のことを、そう呼ぶそうです。デート以外にも、興味のない相手からのアプローチをする際に「彼氏がいるから」というときに使うことあるようです。これは便利な手段ですね!

 

そして、もはや家族のような存在で彼女と違って気を遣わない、お互いが自然体でいられるということもポイントのようです。中には、キスもするカモフレもいるとのこと。このように、新しい男女の関係が登場しています。

 

クリスマスにカモフレとデート

クリスマスの時期になると、色々なところでキレイなイルミネーションが楽しめたり、特に街にカップルが溢れていますよね。この時期に、デートスポットと言われるとところに1人で行くのは勇気がいることですし、肩身が狭い思いをしたくないと思っている方もいると思います。そんなとき、使えるのがカモフレ。

 

同性同士で行くよりも、異性の仲の良い友達と行く方が雰囲気が出てよいのでカモフレと出かける、というコメントも多く挙がっています。そのために彼氏や彼女を作るのも面倒だし、一緒に行ってくれる異性のカモフレがいれば十分と言った感じでしょうか。なによりも、気を遣わず、気軽にデートスポットにも一緒に行けるのがメリットのようです。

 

カモフレには賛否両論

気軽な関係で便利、という意見が上がっている中でも、反対意見もよく聞かれるのが事実です。「クリスマスはさびしいからといって、都合よく一緒にデートして、ポイっと捨てられるなんてさみしい関係で嫌だ」という意見や、「友だちなら友だち、デートするならちゃんと恋人であるべきで、中途半端なグレーゾーンの関係なんて無意味」など意見が上がっています。

 

まとめ

最近、登場した「カモフレ 」というのは、友達でありながら恋人のふりをしてデートする関係のことを言います。関係によっては、キスもすることがあるようです。クリスマスなどにカップルがたくさんいるデートスポットに一人で行ったり、同性同士で行ったりするのはさみしいので、そんなときに便利な関係のようです。もちろん、賛成の意見があれば、反対の意見もあるのが事実ですので、カモフレについて自分の意見をしっかり持つことが大切かもしれません。