結婚前に要チェック!共働き家庭のお金事情はどうなってるの?

 

結婚したばかりの夫婦が、共働きしている場合、家庭のお金をどのように割り振っているのでしょうか。ここでは、家賃や光熱費の支払い、その他の出費、貯金、小遣いなどのお金事情をまとめています。これから、結婚する予定のある方は、多くの家庭ではどのようにされているのか、ぜひチェックしてみてください。

 

家賃・光熱費は男性が支払うパターン

家賃や光熱費は男性が支払うパターンが多いようです。共働きをしていても、やはり男性の方が収入が多いということが背景にあります。また、家庭を持ったことで、家族の住む家の家賃は自分が支払うという自覚も出て来るからです。

 

中には、女性側も半分出すというご家庭もありますが、男性が負担している家庭は6割以上です。口座振替、振込用紙による振込、クレジットカード払いなどがあります。名義が男性ということが多いので、そのまま入金し支払うこともあるでしょうし、必要をまかなえる金額を奥さんに渡し、やりくりしてもらうこともあるでしょう。

 

すべての出費・貯金目標額を分割するパターン

共稼ぎにしている夫婦は、家賃・光熱費以外の出費や貯金などはどうしているのでしょうか。分割するパターンを考えてみましょう。お財布を品目別に分けて、その中から支払うことができるでしょう。お給料が入ったら封筒に分けておくということもよくされています。

 

保険、通信費、交際費、レジャー費、ガソリン代、雑費など、毎月必ずかかる費用があります。夫から預かったお金と妻が働いて得た収入をまとめてそれぞれに振り分けることもできますし、夫と妻で最初から支払うものを分けておくこともできます。貯金は夫婦の貯金は2人で、それぞれの貯金についてはボーナスや臨時収入があった時などに別にして貯めることもできるでしょう。

 

お小遣いはそれぞれ自由にする

夫にはお小遣いがあるのに、妻はランチ代を生活費の中から捻出するという話をよく耳にします。そうなると、生活費の予算が減ってしまいます。そこで、おすすめなのは夫婦双方お小遣いを自由に持つということです。つまり、最初からお小遣いとして計上しておくのです。

 

そうすれば、それぞれが必要なものをそこから買ったり、飲み代にしたり、ランチ代にしたりできるからです。生活費が減ることもありません。共働きしているからこそお小遣いをある程度持つことができます。

 

まとめ

共働きしている家庭のお金事情についてまとめてみました。家賃・光熱費は男性が支払うパターンが多いということでした。すべての出費・貯金目標額を分割することもできます。そして、お小遣いは双方が自由に持つこともできます。2人が一生懸命に働いて得たお金ですから、賢く使いましょう。