共働きする予定なら知っておきたい!共働き夫婦の心得・ルール3選!

 

結婚する時に、お互いに決めておくべきルールがあるでしょうか。ここでは、2人が結婚した後に幸福でいられる様々なルールをまとめています。ルールを決め、心得ておけば、結婚後に「描いていた結婚生活と違う」と言ってケンカになることを避けられるでしょう。これから結婚される予定の方は、ぜひチェックしてみてください。

 

一緒に過ごす時間を決めること

結婚当初は、忙しい中でもお互いに時間を作っていくと思いますが、時が経つうちに一緒に過ごす時間が減ってくるかもしれません。そうならないためにも、一緒に過ごす時間を決めておきましょう。夜、一日あったことを話せる時間を取り分けられますか。各々がやりたいことがあっても決めた時間だけは優先させていきましょう。

 

他にもできることがあります。仕事が休みの日をお互いに伝え、予定を把握しておきます。2人とも休みであれば、その日は朝からずっと過ごす、一緒に買い物に行く、一緒に食事の用意をして食べるなど出来るでしょう。

 

ストレスをお互いにぶつけ合わないこと

ストレスが溜まってしまうと、どうしても身近な人に向かって発散してしまうかもしれません。そうならないためにも、ストレスをお互いにぶつけ合ないことを心得ておきましょう。仕事でのストレス、家庭でのストレスなど、色々あると思いますが、自分の趣味などでリフレッシュして、相手にストレスをぶつけないようにしましょう。

 

また、ストレスを溜め込まないよう、夫婦で話し合うことも行いましょう。ストレスを感じない日はないと思いますが、家庭に重たい空気が流れてしまうとせっかくの楽しい生活が台無しになってしまいます。

 

家事はできる人がやって共有すること

家事の分担に関しては、結婚してからモメることが多いようです。そこで、あらかじめルールを決めておきましょう。お互いに仕事して疲れて帰って来てから家事をするのは実際とても大変なことです。家事をきっちり分けることも難しいです。

 

家事は、できる人が率先するならストレスを貯めることもないでしょう。例えば、一方が食事の用意をしたなら、もう一方の人が後片付けをする。一方が洗濯をしてくれたなら、もう一方の人が取り入れて畳むことができるでしょう。1つの家事であっても、共有できるのです。そのようにして、お互いをサポートしていきましょう。

 

まとめ

結婚してから、こんなハズじゃなかった。とならないように、結婚する時にあらかじめ心得ておきましょう。また、ルールをしっかり決めておきましょう。ここでのルール3選をあなたの結婚生活でも当てはめてみてください。