直球すぎるアプローチは失敗しやすい!マッチング後の成功率を上げるにはこれ!

結婚相手を選ぶため、結婚相談所に登録したり、スマートフォンのアプリを活用している方は増えています。なかなか出会いがないという方にとって、良いきっかけになるはずです。ここでは、マッチングされた時に気を付けるべき点をまとめています。これまでに、苦い経験をされたという方も、これからマッチングサービスを受ける方も、ぜひチェックしてみてください。

 

婚活のマッチングは出会っただけ

婚活のマッチングも1つの出会いといえます。趣味や価値観が合う人とのマッチングですので、当然うまくいくと思うでしょう。しかし、マッチングはまだ出会いのきっかけにすぎません。普段の自分なら決して出会うことのなかった人と出会えるというメリットはありますが、実際に、出会っただけで交際へ発展しないこともあるのです。

 

その点を忘れないようにしましょう。相手の人としばらくコミュニケーションを取るかもしれませんが、連絡を取り合っている中で結婚相手として見ることができないということもあります。ですから、マッチングされたとしても、まずはただ出会っただけというスタンスで連絡してみましょう。

 

マッチングからお付き合いできるかどうかは別

 

マッチングされたからといって、それが運命の相手というわけではありません。大勢登録されている中の1人なのです。ですから、マッチングからすぐお付き合いが始まるとは限りません。連絡を取り合って、今度は実際に会うことにしたとします。会って顔を見てみると、イメージと違うかもしれません。逆に理想にピッタリと感じ、早くお付き合いをスタートさせたいと思うかもしれません。

 

結婚相手が欲しい者同士ではありますが、だからと言ってマッチングの相手と必ずしもお付き合いをしなければならないということではありません。いきなり交際を申し込んでも、まだよく知らないので・・・と断られてしまうでしょう。大抵の場合、早くて1ヶ月、中には3ヶ月くらいの期間をおいてから付き合い出すようです。

 

マッチングだけを過信しないように

趣味や価値観が合う人とのマッチングですが、それだけで運命を感じたり、絶対と過信しないようにしましょう。大勢登録されている中でマッチングされたことには変わりはありませんが、だからといって過信して良いとは言えません。

 

実際に会って、コミュニケーションを取り、どんな人かお互いによく知る必要があります。マッチング任せにすべきではありません。わたしたちは物ではないからです。意思、考えを持つ人間です。マッチングだけを過信するのではなく、お互いの意思を大切にしましょう。

 

お付き合いの期間をきちんと決めておこう

 

お付き合いが始まると、毎日が楽しく、時間も忘れるほどです。しかし、結婚を見据えてのお付き合いですから、あまりにも長い期間要することもないでしょう。短か過ぎても、長過ぎてもよくありません。ですから、お付き合いする期間というものを前もってきちんと決めておくことは良いことです。

 

早いカップルで3ヶ月で結婚、遅くても1年以内くらいでゴールしています。お互いの時間を大切にし、毎回のデートを意味深いものにしていきましょう。

 

年収や家族計画の話は要注意

マッチングサービスを利用している方は大勢おられます。その分、出会える確率も高くなっています。趣味、価値観などの相性が良い人同士を引き合わせる、つまり、マッチングが行われます。次に、メッセージのやり取りが行われるようになります。そこから1歩進んでいくと、実際に気になる相手と会うことになります。

 

デートの日が決まり、実際に会った時に、将来のことを考えつい年収を聞いたり、家族計画について話したくなるかもしれません。でも、まだ出会ったばかりの時にそのような深い話を切り出すならどうでしょうか。引かれてしまうかもしれません。そのような話はいずれするとして、まずは相手の人柄を知れるような話や楽しい話をしましょう。次もまた会いたいと思ってもらえるようにしましょう。

 

言葉遣いや言い方に注意しよう

 

マッチングがうまくいくためには、言葉遣いや言い方も気を付ける必要があります。いきなり直球すぎるアプローチをすると、相手はまだお互いをよく知らないのに・・・とためらってしまうかもしれません。ぐいぐい来ると逃げたくなってしまう心境にもなりますので、アプローチが失敗に終わるかもしれません。

 

また、言い方にも注意しましょう。ネガティブな言い方ばかりしたとします。本人は謙虚な意味で言っていても、相手からしたらこの人と明るく楽しい家庭が築けるかと不安材料になります。言葉遣いや言い方は、少し意識するだけで良い方向に変えることができます。前向きで、楽しい会話を繰り広げていきましょう

 

あいまいな表現も避けよう

デートの約束、交際の申し込み、プロポーズなど、結婚にたどり着くまでに色々な段階があります。相手に気持ちを伝える時に、あいまいな表現は避けましょう。はっきりと伝えないなら、返事に困ってしまうでしょう。

 

逆に、気持ちを伝えてきてくれた時の返事もあいまいにならないように気を付けましょう。結婚したいという強い思いでマッチングを経てきたわけですから、相手の気持ちになってよく考えて表現していきましょう。

 

まとめ

マッチングで良い出会いを求めている方にとって、話し合うことはとても大切なことです。しかし、その際に年収や家族計画の話をいきなりするのは要注意です。言葉遣いや言い方にも注意が必要です。そして、あいまいな表現は避けて相手の気持ちになって話すようにしましょう。