読めばわかる!婚活アプリの特徴【ティンダー(tinder)】はヤレるの?危険は?料金はどうなってる?

ティンダー(Tinder)は、位置情報を使用したアメリカ発のマッチング出会い系アプリです。自分の半径数キロ以内でティンダーを利用している異性の顔写真が表示されるような仕組みになっています。表示された写真にボタンを押すか写真をスワイプしマッチしたら、すぐにメッセージのやり取りを行えます。では、どのような出会い系アプリなのかさらに詳しくみてみましょう。

 

アメリカ生まれのマッチングサービス

 

 

おそらくTinderは利用したかは別として、マッチングアプリとしての知名度は最強クラスです。

もとはアメリカでスタートしたサービスでしたがヨーロッパでも強い存在感を持っており、マッチドットコムに次ぐシェアを誇るといわれています。

日本においては外国の方とマッチングできるという点で人気がありますね。さすが世界中で使われているだけあって現在でも他のアプリに比べて外国の方が多い印象を受けます。外国の方と話してみたい、会ってみたいという人は多いようですね。

海外でのTinderと日本のTinderは立ち位置が違うので利用の際には少し注意が必要です。

この下で解説していきます!

 

Tinderってどんなアプリ?

単純に言えば今はサクッとやれるアプリに

もともとTinderは無料で使えるアプリであったことから、無料だからやってみた!の言い訳がしやすかったこともあってか多くの人が登録していて飲み友達が欲しい、友達が欲しいなど様々な目的の人がいました。

実際に私自身初めてだダウンロードしたマッチングアプリはティンダーだったし、何人か友人を見つけてそっと左に飛ばしたことがありました。(笑)ですが、いいねされたユーザーを見るのに課金が必要になってからは用途が一つに絞られてきた感はあります。

端的にいうとヤリモクの温床になってしまったと言っていいと思います。以前は有料会員になることでマッチング率がUPする、という仕組みだったのですが、現在では男女問わず有料会員にならないといいねされた人が見れない仕組みになっています。このような機能の変更によってユーザーが少しずつ絞られていった結果、気軽に飲める人、会える人、ヤれる人を探す人が残っていってしまったような印象です。

 

どういう目的で使う?

婚活、恋活目的の方は国内のマッチングアプリを強くお勧めします。「稀にティンダーで付き合いました!」という呟きをTwitterで見かけますがほとんどないと思った方がよいでしょう。

例えば、暇だからとりあえず会って飲みたいとか、近くに誰かいないかな?とか、そういう軽い出会いを求めている場合や、友人づくりの一環としてはいいかもしれませんが恋人が欲しいという目的がある場合は違うアプリを使うのが賢明でしょう。

 

無料でどこまで使える?

スワイプとマッチングはできますが、自分にLikeしている人が分からないので数を打つかSuper likeが飛んでこない限りはマッチング出来ないと思った方がいいでしょう。ちなみに、Likeされた人を見ようとするとこのようにモザイクがかかっていて見れない状態になります。これは男女共通です。

このモザイクを取って、自分にLikeした人を見たい場合は課金が必要になります。

もともとティンダーは外見がいい人が有利なアプリでしたが、この機能によって無料会員として生存していける男性はイケメンだけになりました。

女性の場合は顔を出していなくてもマッチングする確率が高そうです。久々にログインして10スワイプくらいしたら5人くらいマッチングしました。(笑)

 

ティンダーの課金っていくら?

ティンダーは一応無料でも使えるアプリですが、有料課金するとLikeをくれた人が見えるためマッチング率が高くなります。ですから、悲しいことにそもそもLikeをもらえないと課金してマッチング率を上げても意味がありません。

Tinderの課金は1月3300円です。当初の課金額よりもぐっと高くなりましたね。

久しぶりにログインしたり、新規ユーザーの場合は以下のような案内が出て初月1650円で利用することが出来るそうです。

 

 

ティンダーを使っていることは友達にバレる?

ティンダーはFacebookと連携しているのでFacebookのアカウントでログインすることが可能です。そのため、ティンダーを使っていることが友達にバレてしまうのでは?と心配している人も多いようですが、ティンダーとFacebookでの知り合いは完全にマッチしないようになっています。この仕組みはPairsやOmiaiなどのアプリと一緒ですね。

ではなぜティンダーを使っていることが友達にバレてしまうことがあるのでしょうか?それにはFacebookのアカウントでログインした場合、共通の友達が表示されることや、Facebookに登録している学校名や会社名がティンダーのプロフィールに表示されてしまうことがあるからです。

またFacebookから他人が使用しているアプリを検索することもできます。ですから、友達にティンダーを使用していることを隠したい場合は、Facebookのアカウントでなく、電話番号でログインすることでバレる可能性を低めることが可能です。またティンダー上で自分を非表示に設定したり、有料会員になり自分が「ライク」した相手だけに表示する機能を使用すれば友達にバレずに安心して使えます。

Tinderの使い方

ティンダーでマッチしない時はどうすればいい?

ティンダーを利用しているのにマッチングしない時はどうすればよいのでしょうか?マッチングしない理由として、ティンダーの特徴を理解していないことや、上手に使いこなせていないことが考えられます。なぜなら、ティンダーは他の出会い系アプリよりも「ライク(いいね)」が送れる回数が多いからです。

ですから、自分から積極的に「ライク」をつければ、マッチする確率は高まります。ただ「ライク」は通知で確認することができないという特徴があるので、ひたすら異なる異性に「ライク」を送る必要がありますが、12時間に120回つけれるので余裕の回数と言えるでしょう。また、異性に好印象を与えるウケの良い写真に画像を変更してみることができるかもしれません。「スマートフォト」という機能を使えば、異性にウケの良い写真を自動的に選んでくれます。マッチングしないと悩んでいる方は「スマートフォト」を使ってさっそく画像変更をしてみましょう。

画像変更などをしてもlikeが来ない場合は非常に残念ですが、Tinderではない別のアプリにチャレンジすることをお勧めします

というのも、Tinderは女性ユーザーが少ないため女性ならLikeをもらえる場合が多いのです。しかし、男性が多いかつ目的が限られているため、女性側からLikeを送るのはイケメンに限定されてしまう傾向があります。

そのため、イケメンしか戦えないアプリになりつつあるといった方がいいでしょう。

ティンダーで彼氏は作れるの?

ティンダーで異性との出会いはありますし理論上、彼氏や彼女を作ることは可能です。ただし、真面目に彼氏彼女を作ろうと思っている人は国内のマッチングアプリに流れているので遊び目的の人が多いでしょう。

また、近くでお酒を一緒に飲みたい飲み友達を募集しているユーザーも多くいるのがティンダーの特徴です。酔っ払って体を許さないように注意したり、事件に巻き込まれないようにするなどの自衛は必要です。

 

ティンダーでやれるの?

ティンダーを体目的のために使用する人もいます。実際に会う前に見極めることができればセーフですが、油断していると危険です。ティンダーで異性に出会うため、SNOWなどで盛った顔写真やイケメンモデルや女優のような写真をプロフィールに使用している人には特に注意しましょう。

このようにプロフィール画像に芸能人の画像を悪用するパターンも多く見られます。怪しいと思ったら画像検索するなど、注意してくださいね。

写真だけで見分けることは難しいので、写真をチェックしたあとは必ずプロフィールの自己紹介文も確認することが大切です。体目的でティンダーを利用している人のプロフィールの特徴は、「お酒が好き」、「飲み友達を募集している」などお酒をアピールする傾向があります。また、マッチング後すぐに会いたがる人やLINE交換をしたがる人、飲みに行こうと誘う人なども目的を果たすために積極的にメッセージを送ってくるので警戒する必要があります。

さらに会う時間帯にも気を付けましょう。体目的の人は土日の20時以降を指定してくる確率がとても高いです。ですから、初対面ならランチタイムに会うのが一番ベストです。そして、人目のある場所で待ち合わせをするようにしましょう。

 

ティンダーは危険なの?

ティンダーをはじめとしたマッチング系アプリは、全く知らない異性と知り合うためのツールなのでトラブルに巻き込まれる危険性もないとは言えません。2018年にはTinderで出会った米国籍の男性が日本人の女性を民泊用マンションで殺害、遺体を切断して遺棄する非常に痛ましい事件がありました。

このような背景から、利用する際には十分注意する必要があることが分かりますね。

体目的のためにティンダーを利用している人もいるので、車でのドライブや夜遅くから会うことなど2人きりにならないように気を付けましょう。

 

もっと安全に出会いたいなら

Tinderに似ているアプリは?

婚活ほどではないけどいい人がいればな~、気軽に飲みに行きたいんだけど、というような場合にはタップルがおすすめです。

性質的にはTinderと似ている部分もありながら、安全に出会うことが出来るでしょう。

タップルはサイバーエージェントが運営しているサービスです。

会員層は20代が中心で、結婚を、というよりは恋人を探しているユーザーが多いアプリです。

ティンダーと同じくスワイプが中心となっているため気軽に活動することが出来ます。また、女性が「~しませんか?」という提案を投げかけ、それに男性が応えるという仕組みのお出かけ機能があったりとユーザー同士が気軽に会えるようになっています。

PairsやOmiaiほど真剣な交際は探していないけど、いい人がいたらいいな、気軽に会える人を探したいな、という方にはタップルをおすすめします。