読めばわかる!婚活アプリの特徴【ティンダー(tinder)】はヤレるの?危険は?料金はどうなってる?

ティンダー(Tinder)は、位置情報を使用したアメリカ発のマッチング出会い系アプリです。自分の半径数キロ以内でティンダーを利用している異性の顔写真が表示されるような仕組みになっています。表示された写真にボタンを押すか写真をスワイプしマッチしたら、すぐにメッセージのやり取りを行えます。では、どのような出会い系アプリなのかさらに詳しくみてみましょう。

アメリカ生まれのマッチングサービス

アメリカで公開されたのがティンダーのマッチングサービスであり、2012年からのスタートでソーシャルメディアのアカウントとも連動をしています。炎のマークのロゴも特徴的な印象を醸し出しており、火口や燃えやすいものという英語での意味があり、マッチングサービス出であった男女が、戀愛の炎で燃え上がる意味も含むロゴです。

アメリカのサービスですから、日本の婚活アプリや婚活サイト利用を比較をすると、説明も画面もわかりにくい印象はあります。設定画面がアプリ内にはありますが、そこからヘルプページを使うこともできるものの、全て英語表記です。英語が全くダメな人でも使いこなせるようになるのは、操作が直感的にできるためであり、何度もアプリを向き合っていると慣れていきます。

tinderという婚活アプリは、世界中で活用する事ができる利便性を持っています。婚活アプリの種類によっては、残念ながら一定の地域で使用する事ができない場合があります。しかしtinderという婚活アプリはそのような心配はなく、様々な地域で活用する事ができる利便性を持っています。その為世界中の人と出会う事ができる可能性を秘めており、多くの実績を積み重ねているのが特徴になります。

tinderは婚活アプリになるので、誰でも簡単にダウンロードもしくはインストールをする事ができます。導入する際に気を付けないといけないのは機種の種類によって、誤作動もしくは不具合が発生する可能性があるので、気を付けないといけないです。あまりにも古い機種の場合は、快適に使用する事ができない恐れがある為、できる限り新しい機種で使用する事が大切になってきます。これによって安全に使用する事ができ、求めている出会いを期待する事ができます。

世界中の人と出会う事ができるので、婚活を検討している方で外国籍の方とも知り合う事ができるのが魅力です。

その他にも操作性に関して、とてもシンプルになっており、誰でも簡単に操作する事ができるように改良されているのも一つの魅力になります。あまりにも難しい操作性になっていると残念ながら快適に操作する事ができない可能性が出てきます。多くの人に導入してもらって、満足できる操作を実施できるように改良されているので、多くの導入実績を誇っています。

また優れている部分として、無料で使用する事ができるのも大きなメリットになっています。婚活アプリによっては、お金を支払わなくてはいけない場合もありますがこのアプリはそのような心配は一切ありません。誰でも気軽に使用する事ができるだけではなく、無料に定められているのでお金を支払わなくても出会いを求める事ができています。

実際に使用している方の中には、素敵な出会いをする事ができ、異性を付き合う事が出来ている方もいます。どのようなアプリなのかどうか口コミをチェックする事で、ある程度判断する事ができるようになっています。無料になっているので導入しても満足する事ができなかった場合には、すぐに削除しても全然問題はありません。気軽に出会いを求める事ができる婚活アプリとして存在しており、世界中の方がすでに利用していて、様々な出会いをする事ができるように配慮されています。

ティンダーの使い方はどうすればいい?

ティンダーを使うためにはまずアプリをダウンロードする必要があります。その後、Facebookを利用しているならFacebookのアカウントでログインすることが可能です。そして、ティンダーのユーザー設定を行います。ログイン状態ならアプリが位置情報を認識し、周辺でティンダーを利用している異性が表示されます。使い方はとてもシンプルで、自分の設定と位置情報に表示される異性の写真をみて「ライク」または「スーパーライク」を押すだけです。気に入った相手も自分のことを気に入ってくれればマッチング成立となり、メッセージのやり取りを始めることができます。ティンダーを使ってマッチング率を高めるためには、その使い方をマスターすることがとても大切です。ティンダーを攻略する方法は、回数制限のある「ライク」や「スーパーライク」を、出し惜しみせずに使うことがポイントです。ライクは12時間に120回まで、スーパーライクは24時間に1回までという回数制限があるので、生理的に受け付けない人以外には全員ライクを押すことで効率よく使うことができるでしょう。

ティンダーの課金っていくら?

ティンダーは無料でも使えるアプリですが、有料課金するとマッチング率が高くなります。ティンダーはメッセージが有料課金ではなく無料なので、マッチング後に出会うまで無料で使うことができます。つまり、課金しなくてもマッチングして出会えますが、有料課金することで「ブースト」と「ライク確認」機能が使えるようになります。有料会員の料金はiPhoneとandroidで異なってきます。iPhoneの有料会員の場合、ティンダープラスは1ヶ月1,100円、6ヵ月4,200円、12ヶ月6,800円、ティンダーゴールドは1ヶ月1,700円、6ヵ月5,900円、12ヶ月9,300円となっています。一方androidの有料会員の場合、ティンダープラスは1ヶ月1,100円、6ヵ月3,864円、12ヶ月6,108円、ティンダーゴールドは1ヶ月1,660円、6ヵ月5,904円、12ヶ月9,202円となっています。このようにみてみるとiPhoneよりもandroidの方が安く、長く契約すれば割引率が高くなりお得となっています。

ティンダーを使っていることは友達にバレる?

ティンダーはFacebookと連携しているのでFacebookのアカウントでログインすることが可能です。そのため、ティンダーを使っていることが友達にバレてしまうのでは?と心配している人も多いようですが、ティンダーとFacebookでの知り合いは完全にマッチしないようになっています。ではなぜティンダーを使っていることが友達にバレてしまうことがあるのでしょうか?それにはFacebookのアカウントでログインした場合、共通の友達が表示されることや、Facebookに登録している学校名や会社名がティンダーのプロフィールに表示されてしまうことがあるからです。またFacebookから他人が使用しているアプリを検索することもできます。ですから、友達にティンダーを使用していることを隠したい場合は、Facebookのアカウントでなく、電話番号でログインすることでバレる可能性を低めることが可能です。またティンダー上で自分を非表示に設定したり、有料会員になり自分が「ライク」した相手だけに表示する機能を使用すれば友達にバレずに安心して使えます。

ティンダーでマッチしない時はどうすればいい?

アメリカ発のティンダーを利用している人は、世界中に5,000万人以上いると言われています。日本でも20~30代を中心に多くの方が利用しており、マッチング率が高いと評判になっています。では、ティンダーを利用しているのにマッチングしない時はどうすればよいのでしょうか?マッチングしない理由として、ティンダーの特徴を理解していないことや、上手に使いこなせていないことが考えられます。なぜなら、ティンダーは他の出会い系アプリよりも「ライク(いいね)」が送れる回数が100倍以上あるからです。ですから、自分から積極的に「ライク」をつければ、マッチする確率は高まります。ただ「ライク」は通知で確認することができないという特徴があるので、ひたすら異なる異性に「ライク」を送る必要がありますが、12時間に120回つけれるので余裕の回数と言えるでしょう。また、異性に好印象を与えるウケの良い写真に画像を変更してみることができるかもしれません。「スマートフォト」という機能を使えば、異性にウケの良い写真を自動的に選んでくれます。マッチングしないと悩んでいる方は「スマートフォト」を使ってさっそく画像変更をしてみましょう。

ティンダーでのメッセージのコツとは?

ティンダーでメッセージが続かない人の特徴は、最初のメッセージがつまらない、質問攻め、返信に困るメッセージ内容、やり取りの返信が遅いなどの特徴があります。では、どのようなコツを掴めばよいのでしょうか?まず最初のメッセージは、好印象を与える適度長さのメッセージを送るのがポイントです。ただ「はじめまして」とか「よろしくお願いします」などの短すぎるメッセージや、100文字以上の長文もNGです。また、年上でも年下でも初対面なのでタメ口ではなく、敬語を使うようにしましょう。相手のプロフィールをじっくり読み、好きなものや趣味などから会話を膨らませていくなら、相手も返事がしやすくメッセージが長く続きます。また、プロフィールに書いてあることを質問するなら、相手に興味が薄いと思われ返信が来なくなるので気を付けましょう。最初のうちはプライベートの質問や、下ネタなどの話題は避け、最低限の礼儀をわきまえてメッセージを送ることが長続きするコツと言えるでしょう。

交友関係を世界へと広げたい人にピッタリのティンダー

ティンダーの特徴としてアメリカ発信だけあって、利用者は外国人が多くて、基本は無料で利用ができるので気軽に開始可能です。男女ともに分け隔てなく検索対象は可能ですし、アプリの利用者の年齢層は比較的若い世代も多くなります。登録から利用に至るまでの基本は、全部無料で利用ができますから、いいなと感じる相手にライクをして、それからマッチングを行い、メッセージ交換ができますし、ここまでだったら課金なしです。出会い系サービスを利用すると、メールの送信だけでも毎回お金がかかりますが、そうした心配はありません。メッセージをお金の心配なく送れるので、利用者はタダでメールが送れることにも魅力を感じて、気軽な利用をする人が多いです。

外国発祥のサービスだけあって、国内で始まった婚活サービスよりも、圧倒的に登録者は外国人が多くなります。恋人を探すためにも活用はできますし、恋愛目的だけではなく交友関係を世界へと広げたい人などにも、向いているサービスです。アプリの立ち上げをしたら、ユーザー検索を同時にしてくれる機能が搭載しており、最初の検索対象は異性ですが、変更は設定画面からできます。

検索対象は男女ともに選択可能ですので、検索対象を同性にしておけば、気の合いそうな友人を探す役にも立つので便利です。

婚活というよりも恋活・友活に向いている

無料でスタートができる出会い系のサービスですから、お金のない若い世代でも気軽な利用ができます。そのためティンダーの利用者にはかなり年齢層若めな人も多く、婚活を真剣にする雰囲気もないので、若い年齢層も参加していて、もっと広い知り合いを作るためにも役立っているサービスです。真剣に出会いを探している人もいるので、検索する年齢の設定変更をして、その人の希望に合った検索をすることもできます。

無料での利用が基本になりますが、サービスをより活用数するなら、有料登録をすることも可能です。

ティンダーで彼氏は作れるの?

ティンダーを使うと彼氏は作れるのでしょうか?結論から述べるなら、ティンダーで異性との出会いはありますし、彼氏や彼女を作ることは可能です。ティンダーはアメリカ発のアプリなので、日本人だけでなく多くの外国人も使用しているため、英会話を上達したいために利用している人も少なくありませんが、日本人女性と外国人男性のマッチング率はとても高いことで知られています。もし外国人の彼氏を作りたいなら、プロフィールの自己紹介文を英語にすることをオススメします。また、近くでお酒を一緒に飲みたい飲み友達を募集しているユーザーも多くいるのがティンダーの特徴です。彼氏や彼女を直接募集していなくても、飲み友達から始まり付き合いはじめたカップルも多くいます。ですから、自己紹介の文章にお酒が全く飲めないことを記入すると、マッチング率が低くなる傾向があるので、たとえお酒が飲めなくても書くことは控えるようにしましょう。

ティンダーでやれるの?

ティンダーを体目的のために使用する人もいます。実際に会う前に見極めることができればセーフですが、油断していると危険です。ティンダーで異性に出会うため、SNOWなどで盛った顔写真やイケメンモデルや女優のような写真をプロフィールに使用している人には特に注意しましょう。写真だけで見分けることは難しいので、写真をチェックしたあとは必ずプロフィールの自己紹介文も確認することはとても大切です。体目的でティンダーを利用している人のプロフィールの特徴は、「お酒が好き」、「飲み友達を募集している」などお酒をアピールする傾向があります。また、マッチング後すぐに会いたがる人やLINE交換をしたがる人、飲みに行こうと誘う人なども目的を果たすために積極的にメッセージを送ってくるので警戒する必要があります。さらに会う時間帯にも気を付けましょう。体目的の人は土日の20時以降を指定してくる確率がとても高いです。ですから、初対面ならランチタイムに会うのが一番ベストです。そして、人目のある場所で待ち合わせをするようにしましょう。

ティンダーは危険なの?

ティンダーをはじめとしたマッチング系アプリは、全く知らない異性と知り合うためのツールなのでトラブルに巻き込まれる危険性もないとは言えません。ですから、利用する際には十分注意する必要があります。まず考えられるネット上での危険性として、業者のラインへの誘導や他のサイトへの誘導、副業などがあります。マッチング後にメッセージでURLを送ってきたり、LINE交換を積極的に進めてくるような人には業者や副業などに誘導するパターンですので注意が必要です。また、マッチング後に潜んでいる危険性にはマルチ商法の勧誘や強制わいせつ行為、おいはぎなどがあります。特にマルチ商法の勧誘は、マルチ商法自体が合法なので普通の人が行っているためメッセージをしている段階では分からず、実際に会って話をしてはじめて気づいたという人が多くいます。しかしプロフィールの自己紹介文には、成功や夢などのワードを使う傾向があります。また、体目的のためにティンダーを利用している人もいるので、車でのドライブや夜遅くから会うことなど2人きりにならないように気を付けましょう。ティンダーはマッチングしない限り、安心して使えますし。ですから、これらの点に注意して利用するなら、ティンダーに潜んでいる危険から自分を守り、安全に使えるでしょう。

ィンダーはgpsでばれるの?

ティンダーは、スマホのGPS情報をリアルタイムで取得し、その情報を基本にユーザーの位置情報が変わるようになっています。しかし、アプリを起動してログインしている間のみ情報が収集されるので、常に位置情報を収集をしているわけではありません。つまり、アプリからログアウトすると、次にログインするまではユーザーの位置情報が更新されないということです。ですから、相手が長い期間ログインしていなければ、アプリを再起動するまで位置情報が変わりません。ですから、ティンダーにログインしていればGPSでどこにいるかがバレてしまうでしょう。ティンダーを利用するためにはGPSの位置情報は必須です。GPSを拒否するとティンダーを利用することができません。しかし、ティンダープラス(Tinder Plus)やティンダーゴールド(Tinder Gold)などの有料会員に登録すると、GPSを使った位置情報を表示しない設定に変更することが可能となっています。位置情報を知られたくない方は、有料会員になることをおススメします。

最後に

tinderという婚活アプリは、世界中で活用することができる利便性を持っています。世界中の人と出会うことができる可能性を秘めており、多くの実績を積み重ねている婚活アプリ・tinder。誰でも簡単に無料でダウンロードもしくはインストールできるので、まずは気軽に始めてみてはいかがでしょうか?