今は共働きが当たり前?専業主婦希望だと婚活は苦戦する?

 

最近は共働き夫婦がかなり増えてはいますが、専業主婦希望の女性もまだまだ多くいますよね。 ですが、専業主婦の奥さんを受けいれられる男性が減ってきています。 今の時代、専業主婦希望の女性の婚活は難しいのでしょうか?

 

『仕事を辞めたいから結婚したい』はあり?

 

『仕事辞めたい。。あー、、結婚したい。。』と考える女性がいます。そのような女性に対して世間では厳しい意見が多いのです。一昔前は専業主婦の家庭もたくさんありましたが、現在の日本は共働き夫婦が主流ですよね。

 

女性の社会進出化が強まったことや、男性の年収減少が背景にありま す。一昔前は、就職して数年後に結婚して寿退職する方がたくさんいました。ですが、最近 の日本では結婚してもそのまま仕事を続ける女性が多いです。

 

『子供ができるまでは働きた い』という人もいますし、『子供ができても仕事を続けたい』という人も多いです。なので 仕事を探す時に産休・育休が取りやすい職場を探す人も多いです。これは、社会で活躍したい女性が増えているのもありますが、旦那さんの収入だけでは生活が難しいという人が増えているからでもあります

 

『結婚=家庭に入る』というのは今では当たり前ではないので、仕事を辞めるために結婚したいという希望を叶えるのは、思っているよりも 簡単なことではないかもしれません。

 

 

『就活が上手くいかないから婚活』はあり?

 

独身女性で非正規雇用で働いている人はたくさんいますよね。その中には、就活が上手くいかず なかなか仕事が見つからない状況という人もたくさんいます。今の時代、正社員でも将来の 保証はありませんが、派遣社員やアルバイトで働いている人はもっと不安を抱えていると思 います。将来の不安から結婚したいという願望を持つ女性は多くいます。

 

『今さら就職するよりも結婚した方がいい』と周りに言われて婚活を始める人もいます。ですが、就職することと結婚することは切り離して考えた方がいいかもしれません。最近は男性側も女性に経済力を求める人が増えているようで、正社員で働いている人を求める傾向が高いのです。特に、手に職を持っている人が人気です。男性と同じように、今は女性も公務員の人気が高いそうです。

 

『就活がうまくいかないから婚活』と切り替えるのは得策とは言えないかもしれません。

 

 

結婚して家庭に入るのが昔からの夢

 

『結婚したら家庭に入って子育てをしたり、旦那さんを支えていきたい』今でも、そう思い描いている女性は多くいます。将来の夢は『お嫁さん』だった人に多いのかもしれませんね。もちろん今でも奥さんには『家庭に入ってほしい』と望んでいる男性もいます。ですが、そう思う余裕のある男性が今は少なくなってきているのです。

 

終身雇用が崩壊してきて、いつ職を失う事になるか分からない時代です。転職をする人もたくさんいます。そのようなことから、家族を持つことに不安を抱えている男性が増えてきているのです。家族の生活を背負うわけですから、覚悟が必要です。

 

子どもができれば尚更、自分ひとりの収入だけでは不安になるでしょう。そのため最近の婚活市場では、女性も経済力のある人が人気になっているようです。特に、国家資格などを持っていると、子供が小学校に入るくらいまでは家庭に入っても、その後社会復帰がしやすいため、有利なようです。

 

専業主婦 が希望条件になると、婚活は苦戦する可能性が高いです。妻子を1人で養えるだけの収入がある人で、なおかつ専業主婦でもいいと言ってくれる人を探さなくてはならないからです。今は昔に比べて家事の手間もかからなくなっていますし、育児に積極的な男性も増えています。

 

専業主婦を望んでいる男性が減ってますから、そこにこだわっているとかなり狭い範囲で相手を探さなければいけなくなってしまいます。当然数も少ないですから、簡単ではないでしょう。

 

 

楽そうだから専業主婦になりたい

 

このタイプの人も少なからずいますよね。というか専業主婦に対してこのようなイメージを持っている人はやはり多いです。男性もこう思っている人が多いから専業主婦は肩身が狭い思いをする人も多いのでしょう。

 

専業主婦が楽だと言われるのは、時間の縛りがないことや、 自分の自由な時間を作りやすいこと、人間関係のストレスが外で働いている人より圧倒的に少ない、などが挙げられますね。ですが、これが楽だとは一概には言えません。例えば、家事はクオリティーによって労働力が全然違いますし、小さい子供がいれば自由な時間なんてもてません。

 

子供がいれば幼稚園、小学校、中学校とママ友とのお付き合いなどが必要になってきます。専業主婦だと逃げられませんよね。また、共働きの場合は、家事や育児は分担という夫婦が最近は多いですが、専業主婦はそうはいきません。

 

家事も育児も『やって当たり前』と思われるから誰も感謝してくれません。自分の母親を思い浮かべてみると分かりやすいのではないでしょうか?専業でも外で働いていても、家のことはお母さんがやっている家庭が多いはずです。

 

出来が悪ければ文句を言われるし、ちゃんとやっていても誰かが褒めてくれるわけでもない。外で働いている方が楽と言っている人もたくさんいます。自分でお金を稼いでいるから旦那に気兼ねなくお金を使えるのも良いところです。

 

そもそも今は奥さんを専業 主婦にできる男性は少ないので、そういう人と結婚するには他のことには妥協も必要になっ てくるので、専業主婦になって楽したいという理由で結婚をするのは危険な行為かもしれません

 

 

コメントを残す