【シャンクレール有楽町会場】東京のアクセス方法・特徴詳細まとめ!スケジュールは?

シャンクレールの有楽町会場について知りたい

シャンクレールは有楽町にも婚活パーティーの会場を用意しています。東京メトロ「有楽町駅」の近く、並木通りに面するアクセスの良い『銀座SFビル』10Fに会場はあります。有楽町のランドマークとしても有名な、パノラマ上にガラス張りの幻想的なビルは、「黒川紀章」氏の設計です。デザイン性の高いこのビルの10階にある会場は、床も壁も白で統一されたモダンで、さわやかな印象です。

 

なお、シャンクレールは結婚相談所とは異なり、婚活に関するサポートやアドバイスをする専任のアドバイザーがいるわけではありません。したがって、カップル成立のためには積極的に自主的に活動する必要があります。事前に、自己分析や、自己アピール方法、相手に求める条件、相手のことを知るための質問などを準備しておきましょう。なお、参加人数の集まり次第で、時間や場所が変更になることがあると口コミでは書かれていましたので、念頭に置いておきましょう。

 

シャンクレール有楽町会場へのアクセス方法は?

最も近いのは、東京メトロ丸の内線「銀座駅」C8出口を利用するか、東京メトロ有楽町線「銀座1丁目駅」6番出口です。歩いて3分のところにあります。みずほ銀行を右手に見ながらまっすぐ進み、おいしい山形プラザを越えて、J.FERRYを右に曲がります。銀座ZX会場を右手にみて通り過ぎたら、道の反対側に銀座SFビルが出てきます。入り口は大通り沿いにあります。ネットで検索したい方のために、住所を記載しておきます。東京都中央区銀座1-4-3 銀座SFビル10Fです。

 

有楽町会場で開催されているパーティーの特徴は?

有楽町会場では、20代30代向けのパーティーだけではなく、40代50代でも参加できる条件のパーティーが企画されています。男性は59歳まで、女性は55歳までとなっているものがありました。冬の時期には、カウントダウンやNew Yearなどの季節に合わせた企画がたくさんあります。また、結婚前提に相手を探している人を対象にしたものもあるので、自分に合ったパーティーを探して参加してみるのがオススメです。最新情報は公式ホームページの有楽町のページで確認できます。なお、Webから申し込むと割引になるサービスもあるので活用してみてください。

 

シャンクレールの会員数データ

ここからは全国のシャンクレールに共通する部分です。シャンクレールの参加率は40%ということで、婚活パーティーの参加者のうち10人に4人は新規参加者ということです。カップルになる確率は平均50%といったところで、婚活や恋活を真剣にしている方には特におすすめです。参加者の顔やスペックは人それぞれなので、あまり期待しすぎずに数撃ちゃ当たる作戦で行きましょう!

 

婚活パーティーは2種類ある!

オープンスタイルは自由にお話ができるタイプで、個室スタイルは1対1でお話しながら時間ごとに話し相手が変わるタイプです。コミュニケーション力があって、ワイワイガヤガヤ楽しめる方はオープンタイプをおすすめします。個室タイプはのんびりと1人の方と話したい方におすすめです。

 

オープンスタイルはコミュ障の方にはハードルが高いですが、ガンガに行ける方にとっては、オープンスタイルでないと活動しにくいです。個室スタイルではだいたい全員をお話ができるので、少しラフな婚活パーティーと考えていると良いでしょう。

 

店舗は全国にこれだけある!

シャンクレールの婚活パーティーは全国にこの画像に見える地域でたくさん開催されています。基本全国に会場がありますので、気になっている方はあなたのお家に近い場所があるかどうか見てみてください。参加費用はそれほど高くないので、結婚相談所に登録する前に勉強を兼ねて参加してみると良いでしょう。

 

参加前のチェック事項はこれ!

ごく一般的なことが書かれていますが、はじめて婚活をする方にはなかなかうれしい内容が書かれています。カップル成立後にそのままカフェやレストランでお食事するのもOKみたいなので、かなり合コンに近い婚活パーティーなのがわかります。くれぐれもヤリモクや既婚者には注意して、良いお相手との出会いを厳選していってください!

 

まとめとして

シャンクレールの有楽町会場は、ランドマークともなっているガラス張りの近代的なビルです。会場になる部屋も、白を基調としたモダンでさわやかな雰囲気です。東京メトロの周辺にある各駅からもアクセスがいいのがポイントです。パーティーの特徴としては、50代でも参加できるものがあるという点です。気になっている方は、実際に参加してみてはいかがですか?

コメントを残す