2017年に結婚した芸能人有名人カップル 年の差ランキング

2017年に結婚した芸能人有名人カップルまとめ
年齢差順ランキング!

2017年(平成29年)にもたくさんの芸能人・有名人カップルが誕生しましたね!

そこで、特に話題を呼んだカップルを25組ピックアップしてみました。するとやはり感じたのは「年の差婚多いなぁ・・・」ということ。

年齢差順にランキングにしてみたので、まずは一覧をごらんください。
(※年齢差は入籍時または発表時の年齢で単純に引き算したものです。)

2017年に結婚したカップル25組の
平均年の差は6.5歳!

2017年に結婚した芸能人有名人の年の差ランキング、1位渡部建&佐々木希の15歳差でした。渡部さんが若く見えるのでパッと見、そこまでの年の差婚のイメージはなかったのですが、ひと回り以上離れているんですね。しかも交際3年目での結婚と言われていますから、佐々木さんは26歳で15歳上のオジサンと付き合っていたということ。40代の男性たちに勇気をくれる結婚ですね!2位以下もピコ太郎さんから6位の前園さんまでが10歳以上の年の差婚です。

しかしもう少し下まで見てみると、上から10組はすべて男性が年上の年の差カップルなんです。全体を見ても、女性が年上のカップルは8組しかいませんし、8組の平均年の差は4.4歳差。さらに8組のうち6組は男性がスポーツ選手です。スポーツ選手と年上女房というのは昔からの鉄板の組み合わせですよね。ということは、年の差婚は多いけれど、女性が年上の年の差婚はなかなかないと言えるのではないでしょうか。

25組全員の平均年の差は6.5歳。どうも40代男性が20代30代の若い女性と結婚するパターンが増えているような気がしますが、あくまで財力と魅力を兼ね備えたケースだということを一般人男性には心していただきたいものです。

しかし個人的には、小さな声で言いますと、国の意向が反映されているのでは!?なんて邪推しているんです。だって5位のTAKAHIRO&武井咲カップルなんて、ひと昔前なら事務所に仲を引き裂かれていたんでは?と思いませんか?

どうも少子化対策のために、政界から芸能界に「若い旬の女性タレントを年上男性と結婚させよ(若いママタレントを量産せよ)」というお達しがあるのでは・・・なんて思ってしまうのはワタシだけでしょうか!?

まぁどちらにせよ、ご本人同士が幸せなら問題ないですけどね!

2017年に結婚したカップル25組の
平均交際期間は2.8年!

2017年に結婚した芸能人有名人カップルの交際期間の平均は2.8年でした。これは報道に基づいたものですし、「〇年目」で計算していますし、かなり大ざっぱなデータではあるのですが、それにしても意外と短いと思いませんか?

長いのはいろいろとやらかしてしまっていた前園真聖さんの9年、芸人としてブレイクするまで結婚を待っていたのかな?と思われるピコ太郎さんの5年と平野ノラさんの6年、リオ五輪までは競技を最優先にしていたであろう福原愛さんの4年。それ以外は3年以内ばかりです。

エクシオの婚活パーティーでゲットした彼氏と「かねてより結婚に追い込んでおりました」という名ゼリフ付きの自筆ファックスで結婚報告した横澤夏子さんなんて1年程度のお付き合い。

よく長すぎる春は良くない・・・と言いますが、「この人なら!」と思ったら誰だって早く一緒に暮らしたいと思うもの。そこは芸能人も一般人と同じだ、ということなのかもしれないですね。

今年も多かった年末駆け込み婚

まだ記憶に新しい2017年12月に結婚したカップルも25組中6組。フェンシングの太田さん&笹川アナと、野球でつながった片岡さん&小林さんは12月1日ですが、前園さんは23日、トレンディエンジェルの斎藤さんは24日。岡田准一&宮﨑あおいのビッグカップルは23日、平野ノラさんは26日と本当に2017年ギリギリの入籍です。

毎年、年末が近づくと芸能人の結婚報道がありますが、これには「年内にケジメをつけたい」といった心情的なこととは別に2つの理由があると考えられます。

1つは「マスコミ対策です。「マスコミにあまり追いかけ回されたくない」「年末年始はワイドショーが休みになるのであまり騒がられなくて済む」というものです。特に異性から人気のある芸能人などは、ワイドショーで繰り返し報道されることによってファンが離れるのを防ぐため、年末の入籍を選ぶというのは一理ありそうです。

もう1つの理由は「税金対策」「金銭対策」です。人気タレントはたった1人で億単位のお金を動かす存在です。自分のギャラ、自分の事務所の収入だけでなく、関係しているスポンサー、テレビ局、映画会社、広告会社などなど、一般人が思っているよりずっと複雑にたくさんの方面に彼らの動向は影響しています。

実は年末以外にも年始の入籍も多いですし、年度末までの入籍も多いんです。この25組だけ見ても、誕生日に入籍した横澤さん、妊娠によって入籍を急いだ武井咲さん以外は、芸能人は年末から年度末までに入籍している人がほとんどです。

彼ら自身は確定申告が必要な職業ですし、彼らを取り巻く人たちの多くは年末調整が付き物のサラリーマンなので、多くの人の生活を巻き込む恐れのある売れっ子芸能人が年末から年度末に入籍を済ませるのは当然と言えば当然なのではないでしょうか。

華やかな芸能界ですが、そういう意味では一般人にはない苦労がいろいろとあるのでしょうね。

実はわれわれ一般人も、年末駆け込み婚をした方がオトクな場合があります。税金は1年ごとに調整されていて、年度の締めは12月。したがって12月に入籍し、1日でも夫の扶養に入ればその年の年末調整で38万円の扶養控除を受けることができるんです。(とは言え、共働きには影響しません。)

一筋縄ではいかないシニア婚

25組の中にはシニア婚のカップルも2組います。長州力さんは65歳で2年前に離婚した奥さまと復縁し、またまた結婚。阿川佐和子さんは結婚しないキャラで有名でしたが、63歳にして6歳上の大学教授とゴールインされました。

どちらもテレビではほほ笑ましいおめでたいお話として報道されていますが、しかしどちらも一筋縄ではいかなかったよう・・・。

長州さんの奥さまには他にお付き合いされている男性がいたとのことですが、結局は元夫のもとに戻ることを決断されたようです。また、阿川さんのお相手は交際を始めた時、別居状態だったとはいえ奥さまがいらしたとのこと。

恋愛・結婚って膨大なエネルギーを使うものですよね。よく50代60代でそんなゴタゴタを乗り越えられるなぁ・・・と感心してしまいませんか?

しかし今や日本人の平均寿命は男性が80.98歳、女性が87.14歳。20年30年とつづく残りの人生を好きな人と過ごしたいと思うのも当然のことかもしれないですよね。

女性に目立つアラサー・アラフォーの駆け込み婚

最後に気になる25組の女性の年齢を見てみましょう。25歳以上35歳未満のアラサーがなんと25人中19人。圧倒的にアラサー女性が多いですね。

しかも、佐々木希さん・安枝瞳さん・紺野あさ美さんの3人が20代ギリギリの29歳で、前園さんの奥さま・古閑美保さんの2人がアラサーギリギリの34歳で駆け込み婚。アラフォーに目を向けると、菊川怜さん・平野ノラさんが30代ギリギリの39歳で駆け込み婚しています。

単なる偶然かもしれませんが、やはり女性は年齢から自由になれない生き物なのかもしれないですね・・・。とりあえずアラサーの人は、やっぱりどう考えても今が最高、今が売り時のようです、がんばって2018年こそ結婚に向けて行動してみてはいかがでしょうか!?

 

2017年に結婚した芸能人有名人カップルまとめ

いかがだったでしょうか?2017年に結婚した芸能人有名人カップル25組を分析してみると、いろんなことがわかりました。

  • 平均年の差は6.5歳
  • 平均交際期間は2.8年
  • 年末駆け込み婚で税金でトクすることがある
  • シニア婚は一筋縄ではいかない
  • アラサーはやはり売り時

芸能界の出来事なんて別世界ではありますが、われわれ一般人の結婚観を先取りしてくれている面もあるかもしれないですし、参考にしてしあわせな結婚をしてくださいね!

コチラもどうぞ ↓
2018年に結婚しそうな芸能人有名人カップルまとめ

自分も婚活しようかな・・と思っている方は婚活応援マガジン「ミラコロ」へ!

結婚を考えている人はコチラのランキングもどうぞ!↓

結婚相談所1年で成婚退会するのに料金どれくらいかかるの?ランキングにしてみた!

結婚相談所・料金ランキング 3か月で安く結婚できる順!

あなたは何で選ぶ?タイプ別オススメ婚活パーティーランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA