【計算してみた】年収300万円の男女が結婚すると生活は良くなるのか

年収300万円は近年の社会人の平均的な収入です。この平均的な収入の男女2人が結婚したら生活は良くなるのか、税金、生活費、控除などを踏まえて計算しました。住む場所は田舎で、高望みしない質素倹約な生活をする場合のデータです。婚姻届を出すか、事実婚でいるかの判断にも生かせるはずです。

 

この記事の目次

年収300万円は月収25万円である

1世帯夫婦2人なら月収50万になる

年収300万円は月収にすると25万円。共働きで夫婦がそれぞれ月25万円稼げば世帯の月収は50万円になります。

 

1人あたりで見ると年収300万円は低年収に思えるかもしれませんが、夫婦合わせると世帯年収は600万円になるので、決して低年収ではありません。夫婦2人なら十分に暮らしていけます。

 

ちなみにこれは額面での金額なので、手取り額で考えると世帯年収は500万円前後、月収にすると40万円前後になると思われます。

 

ランニングコストだけ見ればかなり楽になる!

ランニングコストとは、毎月必ずかかるお金のことです。家賃、高熱費、食費、ローンを組んでいればローンの支払い、保険に入っていれば保険料など、毎月支払う必要があるお金のことです。

 

生きていくのに最低限必要なお金と考えればOKだよ

avatar

 

ランニングコストが分かっていると生活のイメージがしやすくなりますし、ここを調整することで生活の仕方も変えることが可能です。

 

実測1:東京都多摩で暮らしてみる【月40万円】

家賃 9万円
高熱費
・電気
・ガス
・水道
3万円
通信費
・スマホ
・Wi-Fi
2万円
食費 3万円
交通費 2万円
保険料
・生命保険
・医療保険
4万円
ローンの支払い 3万円
貯金 10万円

 

ランニングコストの詳細を見ていこう!

avatar

 

2LDKで家賃平均9万円【残り31万円】

多摩市内で賃貸マンション・アパート間取りは2LDKの家賃相場は9万円~10万円くらい。家賃は収入のおよそ30%がいいと言われているので、理想的な金額です。

 

電気水道ガス通信費用で平均5万円【残り26万円】

夫婦2人暮らしの場合の光熱費は平均2万円くらい。ただ、光熱費は時期によって変動します。夏は冷房、冬は暖房を使用すると急激に高くなったりします。また、寒い時期はガス代も高くなる傾向があります。

 

■高熱費

  • 電気…10,000円
  • 水道…10,000円
  • ガス…10,000円

■通信費

  • スマホ2台…15,000円
  • Wi-Fi…5,000円

 

avatar

真夏や真冬は請求書を見て「先月の倍近くになってる!」なんてことも…💦

 

なので今回は多めに見積もって月3万円の計算にしました。逆にここを上手く抑えればその分別のものにお金を回すことができます。

 

食費で月平均3万円【残り23万円】

夫婦2人暮らしの家庭の毎月の食費は4万円~5万円が平均と言われています。食費は収入の約15%が理想とされているので、月収40万円で月3万円ならかなり抑えられていることになります。

 

今回は月3万円で計算しましたが、2人で3万円で抑えるには3食自炊、安いスーパーを探す、お買い得品を買う、などある程度工夫をする必要があります。

 

たとえば共働きでお互いランチは外食になるのであれば、最低でも+1万円は多く見積もった方がいいですし、夕食もたまには外食したいというのであれば、+5千円~1万円くらい多く見積もっておきましょう。

 

ガソリン代・交通費で2万円【残り21万円】

都内は車がなくても特に不便に感じることなく生活できますが、多摩市内で暮らすとなると、車はあった方がいいかもしれません。

 

駅近に住めれば電車移動で済みますが、家賃を抑えるならある程度駅から距離もできますし、都心まで行くとすれば、時間や交通費両面から考えると、車の方がいい可能性もあります。

 

通勤費は会社から支給されるなら休日に出かけるときに必要になる額を想定してね。

avatar

 

生命保険・医療保険2人分で4万円【残り17万円】

生命保険の平均支払額は世帯あたりで約3万円ほどと言われています。生命保険も医療保険も年齢によっても保険料が変わってくるので、自分たちの年齢や生活に合わせて設定してください。

 

  • 生命保険…3万円(1万5千円×2)
  • 医療保険…1万円(5千円×2)

 

若いうちに入った方が保険料を抑えられるから保険はなるべく早めに入っておこう。

avatar

 

ローンの支払い約3万円【残り14万円】

車や家電など、大きいものを買うときに分割する派ならローン費用も頭に入れておいてください。

 

  • 車のローン月15000円
  • 家電購入分割払い月10000円(冷蔵庫など)
  • クレジットカードの分割払い月5000円

 

なんでも一括で払う派ならここは丸っと浮くね♪

avatar

 

貯金10万円【残り4万円】

月収40万円でも毎月の必要経費を節約していけば、月10万円の貯金をすることも可能です。貯金は収入の約20%が理想と言われているので、月収40万円で毎月10万円の貯金ができたら、理想以上と言えます。

 

毎月10万円づつ貯金すれば、1年間で120万円貯まり、10年間で1,200万円の貯金ができます。

 

「残ったら貯金」ではなく、貯金も予め毎月の金額を決めておく方がいいよ!

avatar

 

実測:東京の隣の県で暮らしてみる【月40万円】

家賃 7万円
高熱費
電気
ガス
水道
3万円
食費 3万円
通信費
スマホ
Wi-Fi
2万円
交通費 3万円
保険料
生命保険
医療保険
4万円
ローンの支払い 3万円
貯金 10万円

 

ランニングコストの詳細を見ていこう!

avatar

 

2LDKで家賃平均7万円【残り33万円】

家賃を少しでも抑えたい場合、都心へのこだわりが特にないようであれば、東京隣県で暮らすといいでしょう。東京の隣というと、埼玉、千葉、神奈川などですが、どこも場所によって家賃相場が大きく異なります。

 

埼玉だったら大宮や川口、千葉なら市川や船橋、神奈川なら横浜や川崎など、都市部の方は都内と家賃相場がほぼ変わりません。むしろ場所によっては都内よりも高いです。

 

今回は東京の隣県で都市部から外れた場所と想定して家賃を7万円と設定しましたが、都市部に住みたいのであれば、2LDKで10万円くらいは見ておいた方がいいです。

 

電気水道ガス通信費は変わらず5万円くらい【残り28万円】

高熱費や通信費は都内で暮らすのと特に変わらないはずなので、同じく少し高く見積もって5万円で設定しました。

 

■高熱費

  • 電気…10,000円
  • 水道…10,000円
  • ガス…10,000円

 

■通信費

  • スマホ2台…15,000円
  • Wi-Fi…5,000円

 

ただ、都内でも例外ではないですが、都市部を外れるとプロパンガスになる場合も多いので、プロパンガスだと時期によってはもう少し高くなるかもしれないのでご注意を!

avatar

 

食費も同じく3万円【残り25万円】

食費も変わらず月3万円としています。食材や外食代も都内とそこまで変わることはないと思うので、月3万円に抑えるには節約する必要がありそうです。

 

ガソリン代・交通費も同じく2万円【残り23万円】

交通費も同額で設定しました。埼玉、千葉、神奈川でも、都市部に住むなら車がなくても不便なく生活できますが、主要駅から離れると急に田舎になったりもするので、車は必要になるかもしれません。

 

生命&医療保険も同じく4万円ほど【残り19万円】

保険料も特に変わることはないので、都内で暮らすのと同じく4万円で設定します。

  • 生命保険…3万円(1万5千円×2)
  • 医療保険…1万円(5千円×2)

 

ローンの支払いも同じく3万円ほどとする【残り16万円】

ローンの支払いも同額で設定します。

  • 車のローン月15000円
  • 家電購入分割払い月10000円(冷蔵庫など)
  • クレジットカードの分割払い月5000円

 

貯金10万円【残り6万円】

貯金も同額の10万円で設定します。ただし、家賃が少し安くなる分、残金が増えました。

 

浮いた家賃分を上乗せして貯金に回すのもアリですね♪

avatar

 

結婚して無理のない生活をした方が強い!

東京多摩だと月2万円自由に使える【10万円貯金できる】

月収40万円で多摩で暮らした場合、毎月10万円の貯金をしても4万円残るので、1人当たり2万円が自由に使えるお金として残ります。

 

東京の隣県だと月3万円自由に使える【10万円貯金できる】

東京に拘らず隣県で暮らせば、同じように毎月10万円の貯金をしながら、1人当たり月4万円のお金が自由に使えるようになります。

 

節約してローンなしだと5万円は浮く

今回はローンや交通費なども入れて計算したので、ローンの支払いがなければ-3万円、通勤手当が支給されるなら、交通費も休日の分だけで済むので-2万円ほどコストカットできます。

 

他にも高熱費や通信費、保険料などを節約することで更に余裕が生まれるでしょう。

 

2人で暮らしたら生活費が倍になるわけじゃないよ。1人より2人の方が生活に余裕がでる率が高いんだ。

avatar

 

2年で240万円貯金できるから結婚式も挙げられる

挙式費用の平均は350万円くらい(70人参加)

結婚式の費用は式場や招待人数、式のグレードにより大きく異なりますが、費用相場は全国平均で350万円ほどです。

 

しかし、これは式場やホテルで行う一般的な結婚式で、招待人数を70人ほどと想定した場合なので、式のグレードを下げたり招待人数を減らせばもう少し費用を抑えられます。

 

また、最近は親族のみを招いて家族挙式にする人も多いので、この場合はもっと費用を抑えられます。

 

カフェウェディングは20万円から開催できる

式場やホテルでのウエディングは憧れですが、オシャレなカフェなどで行う結婚式もあり、カフェウェディングなら費用も格段に抑えられます。

 

家族や友人を招いてカジュアルなウェディングパーティーといった感じになるので、式場やホテルのように畏まった式が苦手な方にもおすすめです。

 

会費制のパーティーにすれば招待客の負担も減らせるよ

avatar

 

時代に合わせてレストランウェディングで十分かも

レストランウェディングもとても人気です。費用を抑えられるのはもちろん、レストランならではの美味しい料理が食べられるというのも人気の理由の一つ。

 

昔ながらの伝統的な結婚式もいいですが、カフェやレストランで開くカジュアルな結婚式も、素敵な思い出を作れることは間違いありません。

 

価値観の合う相手探しはブライダルネットへ

結婚を考えるにあたり年収が重要なポイントであることは間違いありませんが、自分の年収が300万円でも、相手の年収が300万円でも、共働きで2人で家計を支えれば、十分な生活を送ることはできます。

 

結婚生活で重要なのは決してお金だけではありません。お金は増やすことも可能ですし、低年収でも2人で協力すれば人並みの生活はできます。

 

しかし、価値観は家庭環境や友人、育ってきた環境が大きく左右するので、結婚後に互いの感覚や考え方が違うことに気づいてもい遅いのです。

 

お互いに歩み寄る気持ちがあれば上手くいくかもしれませんが、価値観が違うという理由で離婚する人はとても多いのです。

 

できることなら、初めから価値観が合う、相性のいいお相手を探した方がストレスのない結婚生活を送れます。

 

そのような相手を探すのにおすすめしたいのが、婚活サイトの「ブライダルネット」です。

 

ブライダルネットは希望条件で検索する以外にも、相性のいいお相手を紹介してくれるサービスや、SNS感覚で利用できる日記機能など、条件に拘らずお相手を探せる仕組みが整っているので、趣味が合う人や価値観の合う相手と出会いたい人にはぴったりのサービスです。

 

⇓ブライダルネットはこちら⇓

ブライダルネット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA