【2020年】ユーブライドとブライダルネットを徹底比較!会員層・料金・機能の違いは?

ユーブライドは20代後半から40代が多く、ブライダルネットは30代から40代の利用者が多いです。ユーブライドもマッチドットコムも男性が多く、男性にとっては競争が激しいですが、女性にとっては狙い目です。ブライダルネットは男性が少ないので、男性にとってはブライダルネットがおすすめです。

 

ユーブライドとブライダルネットの基本情報

まず、ユーブライドとブライダルネットの基本情報を比較します。

  ユーブライド ブライダルネット
運営会社 株式会社Diverse 株式会社IBJ
会員数

61万人
(累計:189万人)

31万人
(累計:非公開)
男女比(男性:女性) 7:3
男性:423,188人
女性:191,729人
4:6
男性:135,289人
女性:173,559人
料金(1ヶ月プラン) 4,300円 3,980円
目的 婚活 婚活
年齢層 20代後半~40代 30~40代
いいねの数 約150回/月 約100回/月
コンシェルジュ ×
コミュニティ ×
特徴 細かいプロフィール項目 日記機能

大きく違う点は会員数です。ユーブライドとブライダルネットには、2倍近い会員数の差があります。男性会員に至っては、3倍以上の差が付いています。一方で、女性会員はほとんど差がありません。ブライダルネットは女性に支持されていることがわかります。

 

料金にも違いがあります。 ユーブライドのほうがやや高めです。女性が少ない原因は、料金の高さにあると考えられるでしょう。

 

機能の面でも違いが出ています。ユーブライドには、コンシェルジュやコミュニティの機能がありません。一方で、ブライダルネットは婚活をサポートしてくれる機能が豊富です。

avatar

同じ婚活アプリでも、明確に違いがあることが分かります。

ユーブライドについて

ユーブライドは株式会社Diverseが運営する婚活アプリです。「株式会社Diverse」という名前に聞き慣れない方も多いでしょうが、ブライダルネットを運営している株式会社IBJの子会社でもあります。そのため、信頼性や安全性は抜群です。App Storeを見てみても、評価の高さが伺えます。

ユーブライド 評価

ユーブライドの魅力は、「真剣なユーザーが多い」ということ。公式サイトの公表によれば、累計10,708組の成婚実績は婚活マッチングアプリの中でNo.1です。

 

成婚実績が多い理由は、適正な価格設定と充実した機能にあります。ユーブライドでは男女ともに課金が必須ですが、料金は相場よりやや高めの4,300円。しかし、高めだからこそ真面目な会員が多く、結婚に発展しやすいのです。

avatar

関係の進展も早く、公式サイトによるとユーブライドで出会った方の約80%が5ヶ月以内に相手を見つけています。

 

ブライダルネットについて

ブライダルネットは、ユーブライドを運営する株式会社Diverseの親会社、株式会社IBJのマッチングアプリです。「IBJの婚活パーティーに行ったことがある」という方も多いでしょう。ただ、ブライダルネットのアプリは使い勝手が良くなく、良い評価は付けられていません。

 

ブライダルネット 評価

ブライダルネットの魅力は、月額3,980円という低価格にも関わらず手厚いサポートを受けられる点。ブライダルネットでは、会員一人ひとりに「婚シェル」という専任のコンシェルジュが付いてくれます。

avatar

婚シェルは相談・アドバイスをしてくれるだけじゃなく、お相手の紹介やプロポーズの手助けまで幅広く支援してくれるんですよ。

 

一方で、ブライダルネットは課金が原則のマッチングアプリ。ブラウザ版では有料会員登録しかできません。しかし、有料会員登録しかできないということは、有料会員の比率が非常に高いということです。そのため、結婚意欲の高い会員が多く、ブライダルネットで出会った方の3人に1人は入籍・婚約に至っています。

 

ユーブライドとブライダルネットの会員層比較

ユーブライドとブライダルネットの会員層比較まとめ

ユーブライド 年齢層 ブライダルネット 会員層

ユーブライドとブライダルネットの会員層比較をまとめます。

  • ユーブライドの年齢層は20後半~40代
  • ブライダルネットの年齢層は30~40代
  • ユーブライドは男性が圧倒的にい
  • ブライダルネットは40代未満の男性が少ない

男性はブライダルネット、女性はユーブライドに登録するのがおすすめです。どちらも同性のライバルが少ないため、出会えるチャンスが多いのです。

avatar

特に、結婚意欲の高い40代男性と出会いたいならユーブライド。30代女性と出会いたいならブライダルネットですね。

 

ユーブライドの会員層

まず、ユーブライドの会員層を簡単に紹介します。こちらは2020年1月30日現在のデータです。

 

ユーブライド 年齢層

ユーブライドは男女で会員数に大きな差があります。つまり、男性は非常にライバルが多いということ。逆に、女性はライバルが少ないため狙い目です。

 

  男性   女性  
10代 1,981人 0.47% 518人 0.27%
20-24 39,958人 9.45% 10,514人 5.48%
25-29 68,365人 16.17% 31,111人 16.23%
30-34 66,493人 15.72% 42,610人 22.22%
35-39 57,241人 13.54% 37,584人 19.60%
40-44 64,261人 15.20% 30,205人 15.75%
45-49 56,281人 13.31% 20,424人 10.65%
50-54 34,690人 8.20% 11,213人 5.85%
55~ 33,600人 7.95% 7,564人 3.94%

パーセンテージで見ると、男性のメインは20代後半。次に、30代前半です。30代後半はなぜか数が下がり、40代になると盛り返します。これは、「30代後半の男性が少ない」というよりも、「40代前半の男性に支持されている」と考えるべきでしょう。

 

女性のメインは30代前半と、男性より年齢層が高いです。30代の比率は、男性29%に対して女性は42%。一方で、20代は男性26%に対して女性22%です。このように、ユーブライドの女性は男性より年齢層が高いことがわかります。メインの年齢層が30代ということは、年齢差のちょうどいい「40代前半の男性」が増えるのは当然でしょう。

 

ブライダルネットの会員層

次に、ブライダルネットの会員層を簡単に紹介します。こちらも2020年1月30日現在のデータです。

 

ブライダルネット 会員層

ブライダルネットはユーブライドと逆です。40代までは、圧倒的に女性のほうが多いです。そのため、男性はライバルが少なく出会いやすいと言えます。一方で、 女性はライバルが多いので苦戦する方もいるでしょう。

 

  男性   女性  
20-24 3,192人 2.36% 2,895人 1.67%
25-29 18,245人 13.49% 31,926人 18.39%
30-34 35,577人 26.30% 58,890人 33.93%
35-39 30,392人 22.46% 34,681人 19.98%
40-44 20,663人 15.27% 15,909人 9.17%
45-49 13,595人 10.05% 7,190人 4.14%
50-54 5,716人 4.23% 2,893人 1.67%
55~ 3,482人 2.57% 1,245人 0.72%
非公開 7,619人 5.63% 20,825人 12.00%

ユーブライドと比べて、 年齢層が若干高いです。ユーブライドでは、20代の男性は全体の26%。しかし、ブライダルネットでは16%しか存在しません。女性は特に顕著です。ユーブライドの20代女性は全体の22%ですが、ブライダルネットでは20%。30代で比べると、ユーブライド42%に対してブライダルネットは53%です。

 

一方、40代の女性はユーブライドの方が圧倒的に多いです。このことから、「30代の女性を狙いたい」と考えるならブライダルネットを使うべきです。

 

ユーブライドとブライダルネットの料金比較

次に、ユーブライドとブライダルネットの料金を比較していきます。ユーブライドとブライダルネットは、男女ともに課金が必要なマッチングアプリ。課金が必要なところは同じですが、料金に違いがあるのでチェックしてくださいね。

ユーブライドの料金

  クレジットカード決済 Apple Pay決済 Google Play決済
1ヶ月プラン 4,300円 4,500円 4,500円
3ヶ月プラン 10,800円
(3,600円/月)
11,800円
(3,933円/月)
11,800円
(3,933円/月)
6ヶ月プラン 17,800円
(2,966円/月)
20,800円
(3,467円/月)
20,800円
(3,467円/月)
12ヶ月プラン 28,800円
(2,400円/月)
34,800円
(2,900円/月)
34,800円
(2,900円/月)

もっとも安いのが、ブラウザ版でのクレジットカード決済です。節約したい場合はクレジットカード決済がおすすめです。なお、公式サイトによると成婚数No.1は6ヶ月プラン。ただ、はじめて使う方は1ヶ月プランで様子見しても良いでしょう。

 

また、ユーブライドはさまざまな支払い方法に対応しているのも特徴の一つです。ユーブライドが対応しているその他の支払い方法はこちら。

  • Yahoo!ウォレット
  • 銀行振込
  • WebMoney
  • コンビニダイレクト
  • BitCash
  • PayPal(ペイパル)

有料会員になると、以下の機能が追加されます。

  • メッセージの送受信
  • メッセージ付きいいね!の送信
  • 再いいね!
  • 無料会員とのメッセージやりとり
  • 写真を見せたい人にだけ公開
  • プロフィールの公開範囲設定
  • お相手の利用プランが分かる
  • 有料会員のみの絞り込み検索
  • 送れるいいね!の増加(5回/日→50回/日)

有料会員になると、一気に使える機能が増えます。特に、送れるいいね!が10倍になるのは非常に大きいです。たくさんアプローチしたい方は早めに有料会員になるべきでしょう。

 

ブライダルネットの料金

  クレジットカード決済 Apple Pay決済 Google Play決済
1ヶ月プラン 3,980円 4,900円 4,900円
3ヶ月プラン

9,600円
(3,200円/月)

12,600円
(4,200円/月)
12,600円
(4,200円/月)
6ヶ月プラン

15,600円
(2,600円/月)

19,800円
(3,300円/月)
19,800円
(3,300円/月)

ブライダルネットもクレジットカード決済がもっとも安いです。ただし、ブラウザ版では無料登録できないので注意してください。お得に使う方法としておすすめなのが、アプリ版で無料登録しブラウザ版で決済するというもの。アプリ版では、1ヶ月の無料トライアルを受けられるのです。

 

ブライダルネット アプリ

有料会員になると、以下の機能が追加されます。

  • メッセージの送受信
  • 婚シェルの利用
  • 写真の閲覧
  • すべてのお相手が表示される
  • 日記の投稿、コメント

 

ユーブライドとブライダルネットの料金比較まとめ

ユーブライドとブライダルネットの料金を比較してみましょう。

  ユーブライド ブライダルネット
1ヶ月プラン 4,300円

3,980円

3ヶ月プラン 10,800円
(3,600円/月)

9,600円
(3,200円/月)

6ヶ月プラン 17,800円
(2,966円/月)

15,600円
(2,600円/月)

12ヶ月プラン 28,800円
(2,400円/月)

なし

ややブライダルネットの方が安いです。しかし、人によっては「それほど差はない」と感じる場合もあるでしょう。たとえば、6ヶ月プランでは2,200円の違いしかありません。

 

料金が高い有料会員には「真面目な会員に出会いやすい」というメリットがありますが、その分、登録のハードルも上がります。料金が安いブライダルネットは課金しやすいですが、 ユーブライドほど「今すぐ結婚したい!」という熱意を持っている会員は少ないです。

avatar

今すぐに結婚相手を見つけたいならユーブライド。じっくりと確実に結婚相手を見つけたい方はブライダルネットですね。

 

ユーブライドとブライダルネットの機能・特徴比較

次に、ユーブライドとブライダルネットの機能や特徴について比較していきます。

  ユーブライド ブライダルネット
検索項目の数 23項目 18項目
証明書の提出 独身証明書
卒業証明書
収入証明書
資格証明
独身証明書
卒業証明書
収入証明書
コミュニティ機能 ×
日記機能 ×
コンシェルジュ機能 ×

それぞれ解説していきますね。

 

検索項目の数

検索項目はユーブライドのほうが多いです。ユーブライドは多いだけじゃなく、結婚観が同じ相手を見つけやすい内容になっています。たとえば、「お相手の希望条件」として、「結婚歴があることを気にしない方」などで検索できるのです。

 

ユーブライド 検索

また、プロフィールでは自分の結婚観に対する考え方をしっかり記入できます。そのため、価値観が同じ相手を見つけやすく、スピーディーに関係を進展させることができるのです。

 

ユーブライド プロフィール

一方で、ブライダルネットは検索項目があまりありません。ただ、有料会員になって「婚シェル」機能を利用すれば、プロが自分にぴったりな相手を紹介してくれます。

avatar

自分でこだわりの相手を見つけてサクサク婚活するか、プロに選んでもらうかの違いですね。

 

証明書の提出

ユーブライド、ブライダルネットともに証明書の提出が可能です。違いは、ユーブライドでは独身証明書、収入証明書、卒業証明書に加えて「資格証明書」も提出できる点。

 

ユーブライドでもブライダルネットでも、自由に職業を選択できます。そのため、偽って登録している男性もゼロではありません。しかし、ユーブライドでは資格証明書を提出できるため、弁護士や税理士といった人気の士業を確実に検索できるのです。

 

コミュニティ機能

同じ趣味の異性と出会いたいときに役立つのがコミュニティ機能。コミュニティ機能は、ブライダルネットにはありますがユーブライドにはありません。

 

ブライダルネットのコミュニティ機能は、一般的なマッチングアプリにはない特徴があります。コミュニティに参加すると、「ヒトコト」というコメントを載せられるんですね。

 

ブライダルネット コミュニティ

たとえば、「海外生活経験者」というコミュニティに対して、「3年間アメリカ留学してました!」などと自分をアピールできるのです。ヒトコト機能を使いこなして、自分の趣味や好み、価値観を具体的にアピールしましょう。

 

日記機能

日記はブライダルネット独自の機能です。日記を使えば、自分の日常や生活スタイルを異性に写真付きでアピールすることができます。

 

ブライダルネット 日記

また、異性の日記にコメントを付けることも可能です。日記で交流すれば、わざわざメッセージを交換する手間が省けますし、よりお互いのことを理解できます。

 

ユーブライド つぶやき

ユーブライドには日記機能がありません。そのかわり、「つぶやき」という機能があります。こちらはTwitterと同じように、140字で楽しいことをシェアできる機能。写真を載せることもできるので、効果的に使うことで異性に自分をアピールできます。

 

コンシェルジュ機能

コンシェルジュは、ユーブライドになくてブライダルネットにある機能。「婚シェル」と呼ばれるプロのコンシェルジュが、婚活をサポートしてくれます。

 

一般的に、プロの婚活カウンセラー・コンサルタントに話を聞きたいなら、結婚相談所に入会しなければなりません。しかし、ブライダルネットでは、月額3,980円の有料会員になるだけでいつでも相談できるのです。

 

無料会員でも、「婚活お悩み広場」を使えば婚シェルのアドバイスを聞くことができます。同じような悩みを検索して、婚活をする上での参考にしましょう!

 

ブライダルネット 婚シェル

ユーブライドでは、「婚活応援コンテンツ」でプロの意見を聞くことができます。また、FAQでは他の会員に悩みを打ち明けたり意見を求めたりも可能。困ったことがあれば、「婚活横転コンテンツ」を利用してください。

 

ユーブライド 婚活応援コンテンツ

機能・特徴比較まとめと実際の使い心地

ユーブライドとブライダルネットの機能・特徴をまとめます。

  • ユーブライドは結婚観が同じ相手をすぐに見つけられる
  • ブライダルネットは婚活に対するサポートが手厚い
  • 「半年以内に結婚したい!」という方はユーブライド
  • 「結婚したいけど失敗したくない!」という方はブライダルネット

実際に使ってみたところ、 ブライダルネットは使いづらかったです。ブラウザ版はサクサク利用できるんですが、アプリ版はいきなりブラウザ版に飛ばされたり、強制終了してしまったりすることが何度かありました。また、無料会員ではすべての会員を見ることができず、写真にもボカシがかかっているので、どんな方がいるのかわかりづらいのもデメリット。

 

ユーブライドは使いやすいです。利用する上でストレスは感じませんでした。ただ、結婚に急いでいる方が多いため、人によっては周囲とモチベーションの差を感じることもあるでしょう。 自分のペースでじっくり進めたい方には向いていません。

 

ユーブライドがおすすめな人

ユーブライドは女性におすすめです。2020年現在、男性会員が圧倒的に多いですからです。40代の男性が多いため、年齢差がちょうどいい30代の女性は特におすすめ。

 

ユーブライドは課金必須ですが、相手が有料会員なら無料会員でも返信可能です。男性は有料会員になっていることが多いため、うまくいけば無料会員でも出会える可能性があるんですね。女性の方は、登録だけしてみても悪くないでしょう。

 

男性でも、「半年以内に結婚したい!」という強い気持ちがある方はユーブライドが向いています。ユーブライドの女性は結婚に対する意識が非常に高いです。数ヶ月で結婚相手が見つかるのも夢ではありませんよ!

avatar

ユーブライドを使う際は、「結婚」を最優先にしておくべきです。異性に「結婚意欲が薄いな」と思われてしまうと、返事やデートを後回しにされてしまいます。

 

ブライダルネットがおすすめな人

ブライダルネットは男性におすすめです。ユーブライドと逆に、女性が余っているからです。つまり、ユーブライドで出会えない男性でも、ブライダルネットではデートの申込みが届く可能性もあります。

 

また、「プロに相談しながら婚活を進めたい」という方にもおすすめ。「婚シェル」を使えば、婚活を有利に進められます。婚シェルは有料会員限定の機能なので、相談したい場合は早めに課金しましょう。

 

「すぐに結婚できなくてもいいから、相手をしっかり選びたい」「確実に結婚できるパートナーを見つけたい」という方は、ブライダルネットが向いています。

avatar

ただ、会員数が少ないので地方に住んでいる方は苦労する可能性もあります。そういうときは、別のマッチングアプリと併用しましょう!

 

まとめ

ユーブライドとブライダルネットの違いをまとめます。

  • ユーブライドは20代後半~30代前と40代が多い、ブライダルネットは30~40代
  • ユーブライドは料金が高く、スピーディーに結婚したい人向け
  • ブライダルネットは料金が安く、じっくり相手を見つけたい人向け
  • 半年以内に結婚を目指すならユーブライド
  • プロに相談しながら確実に婚活を成功させたいならブライダルネット

自分に合ったアプリを利用して、素敵な相手を見つけてくださいね!

コメントを残す