平日デートが向いてない人の特徴 – 無理な婚活はしないこと

基本的に平日デートはかなりのおすすめなのですが、職業によっては平日デートがあまりおすすめできない場合があります。そのような職業の方が、無理をして平日デートをしたとしても、うまく行きません。

平日デートがそもそも向いていない方もいます。無理なさらず。

avatar

 

無理な婚活は、生活や仕事に支障が出てしまいます。婚活は生活の中で無理なく行うのも成功の秘訣。自分の職業は果たしてどうなのか、チェックしてみてくださいね!

 

接客業や1日中立ち仕事の人は疲れ過ぎちゃう

接客業、もしくは1日中立ち仕事をしている方は、平日デートは体力的におすすめできません。無理に平日デートをするよりも、休日に時間の余裕を持ったデートをする方が、相手にも好印象となることが多いのです。

平日にデートなんて、体力残ってないよって方がほとんどではないでしょうか?

avatar

 

接客で1日気を遣った後は、気配り疲れする

接客業はお客様がいる限り、1日中気が抜けません。なので1日が終わるころには、気疲れでぐったり…なんてこともしばしば。対応の難しい方や面倒なお客様がいたりすると、なおさらです。

気の知れた友達との飲みならまだしも、気を遣う段階の恋人とのデートは疲れちゃうかも。

avatar

 

そのような環境で1日働いた後は、ストレスも溜まるでしょうし、できたら気心知れた相手に愚痴でも言いたいもの。ところが、その仕事終わりに婚活デートとなるとどうでしょうか?初対面もしくは、それに近い緊張する相手のはず。

 

仕事中に気配りを散々した後で、また別の気配りをする…これはかなり精神力を要します。疲れていると、普段ではなんてことのないことにも、腹が立ったり不快に思ったりもしてしまうので、相手から「気の短い方だな…」など思われる可能性も。

 

せっかくの良いところを発揮できないまま、デートが失敗に終わるのは嫌ですよね。接客業の人はやはり、平日デートは避けた方が良さそうです。

疲れ過ぎでイライラしてしまったり、思い通りのデートにできなかったりすると嫌ですよね。

avatar

 

1日中立ち仕事の後は、脚もパンパン

職業によっては、1日中立ちっぱなしということもあります。休憩時間は座れるにしても、1日中立ちっぱなしでいると、脚はパンパン。むくみはその日のうちにケアしておかないと、慢性的なものになります。

パンパンにむくんだ状態でデートしても良いことないです。足も臭いかもしれない。

avatar

 

相手に少しでも良く見られたい婚活デートで、パンパンの脚なんて嫌ですよね?疲れが顔に出てしまったり、気を付けていても態度に現れてしまったりもします。

 

将来がかかっている婚活デートに、このような状態で臨むのはちょっと避けたいはず。会うのはしっかりメンテナンスした後がおすすめです。

 

着替えが大変?!建設・整備・林業系

自宅からそのまま作業着で出勤という方も多いのではないでしょうか。特に建設業や整備士さん、林業に携わる方も作業着で出勤することが多い職業だと思います。

 

仕事終わりに職場からデートへ直行するには、着替えをしなければなりません。

職業柄、平日デートは無理な場合もあります。物理的に無理。

avatar

 

これはなかなか大変!

 

何が大変かというと、このようなことに注意が必要だからです。

 

職場で着替えると変に目立ってしまう

普段はそのまま帰宅しているのに、着替えなどしていると、確実に周囲からのツッコミ&詮索が入ります。オープンに婚活をしている場合、それも良いのかもしれませんが、あまり周囲にいろいろと言われるのが嫌な方は、職場で着替えるのはNG。

職場でデート用の武装に着替えたらそりゃあ、詮索されます。あとが大変です。

avatar

 

面倒&時間の無駄でも、1度帰宅して着替えるか、デパートや商業施設のトイレで着替えるなどの工夫が必要です。

 

潔癖な相手だと嫌がられるかも

普段作業着で仕事をしている方は、その服装のまま食事に行ったりすることに、比較的抵抗がないかもしれません。しかし、少しでも汚れなどを気にする潔癖なタイプがお相手の場合、作業着=汚れているというイメージを強く持っている場合があります。

作業着でデートは飲食店によってはできません。ドレスコードに引っかかります。

avatar

 

たとえ平日デートで作業着から着替えていたとしても、ついさっきまで作業をしていたとか、着替えているけれどシャワーは浴びていないだとか、そんなことが気になる場合が案外あるのです。

 

いくら清潔アピールをしたとしても、イメージの問題なので仕方がありません。休日に清潔感のある服装でデートをする方が無難ですね。

 

一部の公務員|警察・消防・インフラ系は忙しすぎる

警察や消防、またはインフラ系の職業の方は、一般的な職業の方に比べると長時間労働であったり、多忙であったりします。生活に欠かせない仕事なので、尊敬している、憧れているというお相手も多く、モテる職業でもあります。

労働時間が長くて、不規則で、安心できる時間が少ない、デートの時間が取れない方もいます、世の中には。

avatar

 

しかし、平日にデートを予定していても、急に仕事が入ったり、時間通りに帰れなかったりするのがこの職業の方々の特徴。やむを得ないことなので、お相手も怒ることはないかもしれませんが、最初からその可能性があるような日にはデートの約束をしないのがマナーです。

 

非番の日に予定を入れるようにしましょう!

 

ホテルマンやCA|不規則すぎて会える日がバラバラ

ところで、アフター5や土日など、一般的な職業の方であれば自由と思われる日や時間にも、仕事をしている方が多数いらっしゃいます。

仕事によっては毎月休日が違って、平日もバラバラなんて方がいます。

avatar

 

ホテルマンやCAなどは分かりやすいでしょう。

 

交替勤務をしている方は皆当てはまりますが、勤務が不規則であるため「この曜日なら大丈夫」とか「何時以降なら大丈夫」とはなかなか言えないのです。デートの約束をするときにも、これは障害となります。

 

このような職業の方々は、理解の得られる相手とのお付き合いが必須。結婚となるとなおさらなので、最初の段階で、不規則勤務に理解の得られる相手を選びましょう!

事前に理解し合える方でないとお付き合いが成り立ちません。不規則でもOKという、どしっと構えていられる方がよいでしょう。

avatar

 

長距離運送業|不規則かつ場所もバラバラかも

長距離運送業に関しては、かなり様々な制約が生じてしまいます。

トラック、新幹線の運転手、船乗り、マグロ漁師など。超がつくほどの長距離運送している方もいます。そして、社会的に欠かせない方々です。

avatar

 

勤務時間が不規則な上に長時間勤務。

 

さらにはかなり遠距離まで運転することになるので、各地を転々として生活している状態のこともあります。このような状態で仕事終わりにデート…なんて、どう考えても難しそうです。

 

まとまった休みが取れたときに集中的に婚活に励むなど、他の職業とはまた違った工夫が必要ですね。しかし長距離運送業は、給料がやたら良いのが最大の魅力

 

婚活において高給であることはかなりのアピールポイントにもなりますので、そこはうまく活かして行くと良いでしょう!

 

この記事を書いた人

コメントを残す