これは結婚詐欺!?真剣交際や夢のある結婚をやたら推してくる人がいる

「早く結婚して幸せをつかみたい!」そう焦る気持ちは分かりますが、焦れば焦るほど相手を冷静に判断する目は曇っていくものです。例えばお見合いパーティーや婚活イベントに何度も参加していれば、それだけ色んなタイプの人と数多くの出会いがありますよね。もちろん中にはよからぬ目的をもってあなたに近づく異性との、「好ましくない出会い」が潜んでいる可能性もあるわけです。

一般人は「真剣交際」なんて言わないよね?

もちろん個人差はありますが、普通に生活していればある程度の危機感がはたらき、出会った人が自分に害をもたらす人か否かは何となく分かるもの。ところが婚活中、それもかなり頑張っている状態では、そのセンサーも鈍ってしまいます。

普通の方は「真剣交際」という単語をあなたに発しないです。仲人くらいだよね。

avatar

 

その最も大きな要因は、前にも述べたように「焦り」。特に男女の間柄で、自分に好意(らしきもの)をもって近づいてくる人が悪人だなんて誰でも信じたくないですよね。「自分は必ず素敵な人と結婚できるはず!」と信じたいあまり、ふとした瞬間に感じた違和感や疑問には、つい目を瞑ってしまいたくなるものです。

焦りという感情や心理を盾にして近づいてくるのが詐欺師です。

avatar

CROSS ME(クロスミー)

とはいっても人を騙すのに長けた人の本性を見抜くのは、素人にはやはり限界がありますよね。では何をもって相手の悪意を判断すれば良いのでしょうか。その判断基準の一つに、相手が頻繁に発する言葉があります。もしあなたとの「真剣交際」をやたら強調してくるような彼なら、少し注意してください。

あまりにもとんとん話が進む場合、結婚詐欺ではないか、探偵に素行調査を依頼するのもあり。まじで。

avatar

 

「なぜ?真剣交際だと言ってくれるならありがたいことじゃないの?」と思われるかもしれませんね。しかし、一般の恋人関係の間柄で、「真剣交際」というワードが頻繁に出ることは極めて少ないはず。

 

そもそもお互いが納得して「お付き合い」を始めた以上、それはほとんどのケースで、真剣で対等な関係です。恋人との会話の中で「お前とは真剣交際のつもりでいるから」なんて台詞が頻繁に出てくること自体、何だか不自然だと思いませんか?

運命や奇跡、世界一みたいなキーワードは、まともな男性は軽々しく言いません。

avatar

 

わざわざ「真剣交際」を強調してくるということは、本当はそうではないものをカモフラージュしてくる可能性が高いわけです。

結婚に必要な金銭の話で、あなたに半分出してくれ、みたいになったらもうアウトかも。特に現金で渡してくれたら払っとくよ…とかね。

avatar

婚活中であるならなおさら、そのワードには危機感を持った方が良いでしょう。何らかの目的であなたを騙そうと近づいてくる人は、どんな言葉を使えばあなたが大人しくなるかよく知っています。ましてやあなたは婚活中の身で判断能力が鈍っており、相手の欠点や感じた違和感には普段よりも目を瞑ってしまいがち。

 

「真剣交際」というワードはそれだけ魅力的で暗示にかけられやすい言葉ではありますが、本当に幸せな結婚を望んでいるのならなおさら、危機感を持つように自分自身を戒めてください。

 

夢や運命の話ばかりする人は要注意

真面目にお付き合いしていてラブラブ期ならなおさら、お互いについてより深く知りたいと思うものですよね。もちろん例外はありますが婚活イベント等でなく通常の生活の中で出会った間柄なら特に、結婚はあくまでお付き合いの延長線上にあると考えるのが自然なはず。

遠い先の未来の話や夢語りばっかの男にまともな人はいないね。過去いたかい?

avatar

 

恋愛は純粋にお互いに「相手を好きか否か」という気持ちのみで成立しますが、結婚となると「経済力」「性格の相性」「家庭環境」など、その他多くの条件が打算ではないにしろ、バックグラウンドとして組み込まれてくるからです。

 

ゆえに「相手のことが大好き!」だけで事が進む恋愛とは違い、慎重になるのは当たり前ですし、そのぶんある程度の時間もかかるもの。ところがよからぬ思考をもってあなたに近づいてくる輩たちは、その行程すら手っ取り早くスルーする傾向にあります。

【Omiai -オミアイ-】

恋愛はもちろん家族・友人との付き合いなど面倒なステップを一切すっとばし、とにかく早い段階での結婚を急かしてくるのです。

現状把握もできないで、夢ばっか追いかけてないで、って初音ミクだって歌ってたでしょ?

avatar

 

「一刻も早く結婚したいから…」とこの策略に乗ってしまうのは賢明ではありません。例えば「君となら幸せにあふれた結婚生活が送れると思う」「君となら夢がかなえられそうな気がする」など一見耳ざわりは良いのですが、自分本位な結婚生活ばかりを語る相手なら少し警戒した方が良いでしょう。

 

結婚とはあくまで二人のもので、どちらか一方にメリットが偏るばかりでは成り立ちません。まだ見ぬ未来は確かに不安ですが、それでも「相手を幸せにしてあげたい」「相手の希望をなるべくかなえてあげたい」と奮闘してくれる、誠実な相手との未来を考えるべきです。

結婚は、一緒に進んでいくもの。結婚をゴールに見据えてる時点で間違ってるよ。結婚はスタート地点だからね。

avatar

 

その過程でもし希望にそぐわないケースが出てきたとしても、互いに相手を思い合う関係なら、話し合いで解決を試みるなど二人で乗り越えようとする前向きな姿勢へと移行するはず。実際結婚がスタートすれば、プラス面ばかりでないのが現実ですからね。

 

もし結婚を進めていく中で、あなたが疑問に感じたことを適当にあしらわれたり、結婚のプラス面ばかりを強調した会話が続いたりするようであれば、その結婚話には一度待ったをかけるべきです。

結婚のメリット、プラス面ばっかり話すのではなく、話しにくいこととか、生々しい保険や引っ越しや子どもに関する話なんかもしなきゃダメなの。

avatar

 

あなた一人の判断に自信がないのなら、あなたをよく知る友人に会ってもらったり、家族を呼んで会食を重ねてみるのもいいでしょう。少なくとも結婚に焦るあなたより周りはよほど冷静な人たちばかりですから、一対一の関係よりは確実に視野が広がるはずですよ。

恋に関係ない話ばかりする人は気をつけて

「結婚と恋愛は別物」だとよくいいますが、そうはいっても結婚は「固く結ばれた二人」の象徴。幸せな恋愛の延長線上に幸せな結婚があるのだと信じたいし、それが理想ですよね。充実した恋愛か否かを測るのは時間ではなく、中身。もしお付き合いの段階から「結婚すること」にばかり重きを置き、恋愛特有の甘いムードを楽しもうとしない相手には要注意です。

恋愛してるのに世界経済とか世の中の話とかしてくるの、おかしい人だから。

avatar

 

特に付き合い始めはなおさらのこと、大抵の人がどこか浮足立ったようなピュアな感情を楽しむはず。若いからとかもう歳だからとか、そこに年齢は関係ありません。相手との長電話が楽しくてつい夜更かししてしまったり、何気ないメールのやり取りに真剣に悩んだりするのも、恋人同士ならではの特権ですよね。

 

本当に相手のことが好きなら、相手の趣味や興味を知りたいものですし、会話の内容も自然と二人のことに集中するはずです。

あなたを知るための会話が多くなるのが自然で、男自身の話もできるのが普通です。

avatar

 

しかし、何らかの意図をもってあなたに接近してくる相手は、少し様子が異なります。例えば現実味の少ない自分の夢をやたら熱く語ってきたり、あなたの反応を無視して一方的に趣味や関係ない経済について熱弁しだしたり…。

やたらでかい話をしてくる人には注意。MLMとか結婚詐欺とかだと考えて間違いないか、と。堂々と疑え!

avatar

 

あなたがいくら甘いムードに持ち込もうと努力しても適当に流され、自己中心的な会話に集中しがちです。つまりどこまでも「自分本位」。付き合い始めの段階にもかかわらずあなたのことを思いやれない男性など、結婚しても長続きするはずがありませんよね?

自分勝手な男は、金持ちでも絶対に結婚しちゃダメ。絶対にやめておいて。苦しむのはたいていあなたの将来の子どもやあなたの家族です。

avatar

大変、酷な話ですが、つまり彼はあなたに興味がないということ。にもかかわらずあなたとの結婚を熱心に進めようとしてくるということは、純粋な恋愛感情ではない何らかの意図があるのではと怪しむべきです。

 

「結婚しようとしてくれているのだから…」という都合のいい理屈で、自分を誤魔化してはいけません。もしかすると彼は、結婚という蓑を手に入れてあなたを利用しようと企んでいる結婚詐欺師かもしれませんよ。

男、人を見る目がないと婚活は時に地獄に落ちる。最短でサクッと結婚しようとすることのリスク。

avatar

 

大切な財産や人間関係、あなたがこれまで努力して手に入れてきたものをすべて失う前に、彼という一人の人間をもう少し冷静な目で見るようにしてください。

詐欺にあうと本当にすべて失うよ。何もかも。借金を負わされて雲隠れとか、あるから。SNSで幸せな結婚しますとか宣言したあとで詐欺でしたなんて言えるわけもなく、こっそり泣き寝入りとかね。よく聞きます。

avatar

 

結婚は人生のゴールではなく、スタートです。お互いの気持ちが同じ方向に向かっていなけらば、いつまでも二人三脚を続けることはできません。あなたの理想とする結婚が、皆に祝福され希望にあふれるものになるといいですね。

 

この記事を書いた人

 

コメントを残す