Dine攻略 – 恋愛心理から攻略する|誘われモテるデート

Dineって本当に即デートできるの?「期待して使ってみたけど、全然デートできなかった・・・。皆、どうやってるの?」そんなあなたのために、デートにコミットするデーティングアプリ「Dine(ダイン)」で3か月間、毎週3人の男性とデートした27歳の筆者が、恋愛心理から攻略するDineモテデートを徹底解説します!

 

Dine公式アプリはこちらから

 

要約:3行でまとめると

Dineでモテるには
  1. プロフ写真に全力を投じ
  2. コミュ力&トーク力を発揮し
  3. 丁寧にお食事デートできればモテる

基礎力が高い人でないとDineを使ってもモテません。コミュ力やトークスキルを磨き、清潔感のあるスタイルと、程よい自信を見につけましょう。

なぜDineは安全にデートできるのか?

Dineはどこのマッチングアプリよりも、ファーストデートをスムーズに実現できると言われていますが、なんでそんなに簡単にデートできるの?

 

それは、この画像にもあるように、Dineではマッチングした時点で会う飲食店が確定し、待ち合わせ場所相談のメッセージのみ、飲食店の予約はDineがすべて行ってくれるから、今までのマッチングアプリでうまくいかなかった人でもデートしやすいのです。

ドタキャン対策もある!

すぐにデート場所や日程が決まるので「話が早い」わけですが、飲食店のグレードが高めで、クレジットカードの登録、支払いが必要なため明らかに危険なユーザー、おかしなユーザーはいたとしても長くアプリを利用できません。すぐに通報、パトロールで削除されます。

ドタキャンされたり、お店が予約できなくて出会えないことはありますが、日程までマッチングしたら、あとは当日食事に行くだけなので、面倒なメッセージのやりとりがなくても会う約束まではできるんです。メッセージルールでの他愛のない会話が苦手な方には嬉しいサービスです。

※キャンセル料をクレジットカードから支払う形式なので、ドタキャンする場合はよほどの事(家族の死や交通事故など)があったか、よほど会いたくなかったかです。

※ただし、お店で会ってからのコミュニケーション力が双方になければお葬式みたいに静かな食事タイムになるので、会話が苦手な方はお友達と一緒に食事するプランを提案してOKをもらいましょう。トーク力がないなら早く磨いて訓練して身につけてください!

Dineで楽々とデートできる仕組み

Dineアプリの仕組みとして、初デートまでの流れを解説します。まず、相手と行きたい飲食店を上へスワイプしてリクエストします。次に相手がリクエストを承認したら、マッチング成立となります。

 

マッチングが成立したら、デートの「日付」と「ランチorディナー」を選ぶことができます。基本的には、先に希望日を入力した人にあわせて、日時を選択すると、デートがよりスムーズに成立します。デートの日時が決定したら、予約の詳細情報が表示されるので、お互いに確認して承諾します。

 

そうするとDineの運営側が予約をとってくれます。これでもうデートが成立!あとはデートの日時まで待つだけでOK!マッチングした日からデートする日が3日以上空いている場合は相手が忘れることもありえますので、前日に「明日は予定通りお食事できそうですか?」とメッセージで確認しておくと、安心です。

 

Dineに危険人物が登録しにくい心理学的理由

証拠が残りやすいから

Dineや出会い系アプリで犯罪者が嫌がるのは大衆の監視と証拠の記録が残ることです。Dineは予約時点での行動、デート後のことを運営が必ず把握します。把握しないときちんとお店の予約すらできません。この時点で、犯罪者は、運営に確実に免許証やクレジットカードの情報が渡るのと、1週間や2週間先の日程を入れないといけないので盗難クレジットカードなどをさばけません。

 

クレジットカードの情報はすぐに足がつくので犯罪者はできるだけ個人のカードを使いたがりません。信用情報の関係で、ブラックリストに入ってしまうと、次々に新しいクレジットカードを作ることもできませんので、このクレジットカード情報をDine運営が握るというのが抑止力になります。しかし、Dine Tonightは即日会えてしまうので注意が必要です。

 

このDine Tonightでもクレジットカード登録や免許証による身分証明がないといけませんので、犯罪者、レイプ魔、ネトナン勢は嫌がります。

 

行動パターンを握られやすいから

このDineは、マッチングしてから予定を確実に入れることになるわけで、犯罪者やネトナン勢からしてみるとこまめに時間変更ができないのは効率が悪い、コスパが悪いと判断します。食える時に食えない、待っていないといけないという状況を犯罪者たちは嫌います。

 

詐欺師やMLM集団はとにかく効率的に、数こなして獲物を獲得しないといけない(割に合わない)ので、Dineのように呑気に予定を組んで、のんびり食事を楽しむというスタンスは合わないんです。

 

待ち合わせ場所や訪問するレストランも先に決まってしまっているので、当日変更することもできません。予定を変更させて、都合よくホテルに持ち込むというネトナン勢からすると費用対効果が薄いので使いたがらない、使う意味がないんです。

 

心に余裕のある人じゃないと使えないから

少し先の日程とデート場所、食事場所を決めて、そこに合わせてお食事デートできるレベルの人間しか来ません。コミュ力やトーク力が一定以上自信がなければ、急に会って話して、食事して楽しい時間を過ごせると思いもしません。

 

つまり、Dineで女性を誘えるだけの能力、スキル、経験がある男性、女性しかDineに合わないんです。初対面でもきちんと挨拶や会話ができ(少なくともその自信があり)、お金にも余裕がある人でないとDineで会おうともしません。

 

友達と2対2で会うのがOKという場合にはなおさら誠実、または、コミュ力が高い方がやってくるはずです。そうした対応のできる男性、逆にそういう環境でやりくりできる女性に悪い人はあまりいない、悪い人が紛れ込みにくいと考えて良いでしょう。

 

ブロガーやインフルエンサーもいるかも

盛り上がっている写真や、きれいな盛り付けの食事の写真などを撮りたいけれど、一人で入るのは苦手で、誰か被写体、手元が欲しいという方もDineを利用するかもしれません。営利目的と言えば営利ですが、お食事しながらお金もかけながら、ちゃんとお食事してくれるなら、まだマシな方です。

 

何よりこのパターンは双方の需要と供給が一致します。会って食事をした時点で需要と供給がマッチするので、それ以上を求める必要はなく、そこで意気投合できたら、今度は個別にデートしていけば、晴れてインフルエンサーの恋人になれるかもしれません。バズれば人気者になれるかもしれません。少なくとも犯罪者ではないでしょう。

 

若い女の子とつながりたいだけ

Dineユーザーの中には、モデルや看護師、CAなど、モテるけどたまたま彼氏がいない美女もいます。だからDineは、年下の若くてかわいい美女とお食事したい男性からも人気があります。

 

毎日、毎日、10年も、20年も一人でお食事して心が満たされていないけど仕事はできる男性、彼氏彼女と別れてさみしさを感じている人は、Dineを使ってステキな人とオシャレな飲食店でお食事してみると、良い気分転換にもなります。

 

こういう人たちは孤独でいることが好きなパターンが多く、よほど何かのきっかけがなければお出かけしないかもしれません。若い女の子とお食事したい理由もさまざまで、最新の若い子の感覚をヒアリングしたいとか、開発者が感想やアンケートを聞きたくて、ついでにお食事混じりでデート気分を楽しみたいとかいうこともあるかもしれません。それだったら、渋谷や原宿で街頭アンケート取ればいいんですが。

食事の仕方でモテ方が変わる!

Dineはお食事アプリだから、デート中の食べ方には十分に気をつけましょう。この食べ方次第で、あなたの育ちの良さが相手に伝わってしまうかも?最低限、守っておきたい食事のマナーは3つあります。この時点で、モテるか、モテないか、次に誘われるかどうかが変わります。

 

クチャラーしないこと

ペチャクチャと音をたてて食事してはいけません。そばはすすってもいいですが、パスタはすすらないで食べるのが基本です。口の咀嚼音がするだけで、相手も周りも不快に感じてしまいます。

 

一人暮らし歴が長いとクチャラーになっていることに気づけないことがありますが、食事するときは、口を閉じて食べ物をかみ、音をたてないようにしてくださいね。

 

取り分けとお水の気遣い

男女どちらがやってもいいですが、サラダなどは自分の分だけよそうのではなく、相手の分まで取り分けるか、取り分けてよいか相手に聞きましょう。サラダの取り分けならば、女性の盛りつけ力を見せつけるチャンスです。偏らず、バランス良く、取り分けられるかで印象が少し変わります。がさつなのもかわいいですが。

 

お水はなくなったら、店員を呼んで入れてもらうか、重いものを持てる男性が注ぎましょう。ピッチャーやデキャンタは割れ物で重いことが多いため、セルフの場合は男性が動くのが基本です。

 

好き嫌いはしないのが食事のマナーで、基本中の基本です。アレルギーであれば仕方ないですが、基本的に残さず、好き嫌いせず食べるようにしましょう。食べ放題、取り放題のお店では、盛り付け方や一度に持ってくる量も見られます。欲張りすぎて食べきれないのはかっこ悪い、ダサいので男女ともに気をつけましょう。

 

アプリで苦戦した人でも「Dine」なら…

ペアーズやOmiaiではいいねさえつかなかった人でも、いいね表示のないDineではデートできるチャンスがあります。具体的にいうと、ペアーズやOmiaiはいいね数が多ければ多いほど、上位表示されてさらに異性からの注目が集まって、いいねが増えます。その結果、ごく一部の会員にいいね数が集中し、残りの大多数の人はいいねがほとんどこない状態に陥っています。

 

また、私自身がそうだったのですが、「いいね数5未満」と表示されているだけで、この人よくなさそうだ・・・と思ってしまい、いいね返ししませんでした。つまり、いいね数の表示は変な先入観を植え付けてしまう原因になります。だからいいね数が表示されていることで、格差社会ができあがっているのですね。

 

それに対してDineは、いいね数の表示が一切ないため、変な先入観をもたないです。その結果、もしこの人がペアーズにいたら「いいね数5未満」だろうなあと思う人でも、マッチングするチャンスがあります。

Dineは出会い母数が少なめ

Dineはデートの日程調整まで直通でできますが、Dineの利用者はまだ少ないです。ちゃんとDineを使っていれば会える人も多そうですが、意外と似たような界隈の人と会うことになって、実はTwitterでフォロー、フォロワー関係だった、なんてこともあり得ます。

 

一定以上のステータスを持っていて、アクティブに動ける方々がいるためSNSでも知り合いの人と会ってしまうこともあります。東京や福岡などの一部の都市でしか使えないため、出会う相手がいれば会えますが、相手がいなければ意味がありません。

 

Dineはドタキャンがほぼない理由

画像参考:https://guide.dine.dating/n/n667fa38622cc

以前はDineでドタキャンの問題が多発していました。しかし、Dineプロテクトという機能が追加されてからは、ドタキャンがゼロへと近づいています。Dineプロテクトとは、デートする2人がレストラン予約時に自分のクレジットカード情報を入力し、万が一ドタキャンが発生した場合は、キャンセル料を支払う仕組みです。

 

つまり、ドタキャンすると、キャンセル料を支払うことになるため、ドタキャンしなくなったのですね。実際にDine公式のデータでも、Dineプロテクトを導入してからは、ドタキャンの数がいっきに減りました。しかも、Dineプロテクトが投入されても、デートの予約数は増えています。安心してデートできるようになれば数が増えるのは当然ですね。

 

このDineプロテクトは、会員にとっても、飲食店にとっても、Dineの運営会社にとっても良い機能となりました。

 

だから、デートの前日に「明日は予定通り、会えますか?」と確認のメッセージを送っておきましょう。こうすることで、待ち合わせ日時と場所の再確認もでき、安心してレストランに行けます。このデート前の確認は、Dineでも、そうでないところでも大切です。

 

ハイステータスな人を集める企画がある

Dineでは、ハイステータス層を集める企画がいくつも開催されています。運営が積極的に一定以上の信頼がある人を集めています。これも、Dineを信用できる理由の一つです。強化月間には、月額100円でDineを使えるというキャンペーンがありますが、ハイステータスな人はそんな100円に踊らされて入会することはないです。登録したいときに登録します。

 

会費の数千円くらいちゃんと払って、サービスが継続できた方がマシですから、出す所はちゃんと出します。逆にこういう安っぽいキャンペーンに釣られて登録してる自称ハイステータス層は性格に難ありな可能性がありますので、キャンペーンを日頃から確認しましょう。

  • CA・パイロット強化月間
  • 五大商社獲得キャンペーン

のような企画をしている時期に、そういう肩書きで登録してきた人は、そのステータスをイキりたいだけの可能性があります。たまたまタイミングやキャンペーン告知期間がかぶっただけかもしれませんが、ハイステータスな人はケチくさいと思われるのが一番傷つきますので、こういう期間にあえて登録はしないでしょう。

 

それでも、まともな人を積極的に集めようとする運営の姿勢は評価できます。何もしないマッチングアプリ運営もいますので、そういうのに比べたらだいぶマシです。

Dineでお食事デートする男女の恋愛心理

Dineでデートしている人たちは、「一人よりも、自分がいいなと思う人と食事したほうが楽しい」という共通の思いがあります。また「もしかしたら気軽に会ってお食事した人の中に、恋愛に発展する人がいるかもしれない」という、ちょっとした期待を抱いています。

 

要するに男性は「あわよくば…ワンナイト、いや!恋愛に発展して、結婚できたらいいなあ」くらいの気持ちでDineを使っています。女性は「良いレストランで、イケメン男性の奢りで食事したい」と思っている人も多いでしょう。

 

そのような気持ちでDineを使っている人が多いので、ワンナイトラブを求めている人は少ないと思います。Dineでワンナイトラブの相手を探すくらいなら、tinderなどもっと効率的に遊べるアプリが最適です。

 

ワンナイト目的の人にはDineは回りくどすぎるんです。ナシではないですが、アリでもない感じです。

 

Dine男性ユーザーの心理

Dineを利用している男性の気持ちをまとめました。

  • 彼女を作るきっかけが欲しい
  • 女性との出会いが欲しい
  • 食事しつつ話し相手が欲しい
  • お金に余裕があってパーっと楽しみたい
  • Dineで出会ったと友達に聞いた

婚活するなら、婚活に本気だったらDineはおそらく選ばれません。家柄の良い方なんかは結婚相談所に入れられて早々に結婚相手を見つけられてしまうのが一般的です。ハイステータスな方の中でも個人的に人に会うチャンスが少ないちょっと特殊な業種の方がDineで出会おうとするでしょう。

 

まずはお食事から…という純真な男性が多い印象ですが、ワンチャン、ワンナイト…という考えが頭の片隅に一切ないと言い切れと言われると嘘になるというのも正直な所です。お食事の後、意気投合していたら、大人同士の各自の自己責任の世界なので、なんとも言えません。少なくとも強要してくるような人はいないでしょう。

 

それとなく、お誘いされることはあるかもしれませんが、そこはあなたが断ればいいだけの話です。

 

人脈を広げたい!という人にもオススメ

Dineは気軽にデートでき、恋愛だけでなく、友達を増やしたい人や人脈を広げたい人にもおすすめです。Dineで出会って仲良くなった男性のお友達ネットワーク、出会った男性の女友達ネットワークに入っていければそれだけで人脈が増えます。

 

友達の友達にも同じことをして、ただ一緒にお出かけ、お食事するようにしていれば怪しまれることもなく、友達を増やせます。ただ、このやり方でMLMを仕掛ける輩もいるので、あなたは絶対に変なお誘いはせず、ただ純真な気持ちで、小中学生のような友達関係を楽しみましょう。

Dineもプロフ写真が重要!

Dineでマッチング成功率をあげたいなら、とにかく写真に力を入れてください。Dine公式からも写真がいちばん大切だとお達しがあります。

王道は仕事・趣味・ペット!

Dineでは以下のような写真を「良い写真」「悪い写真」の例として記載している。

【良い写真】

  • 仕事をしている写真
  • 趣味の写真
  • ペットと映る写真

【悪い写真】

  • 顔が見えない写真
  • アプリで加工された写真
  • 異性と映る写真

Dine公式:https://guide.dine.dating/n/ncd291e06e482

アプリで加工された写真は、やりすぎ、いじり過ぎなければ大丈夫ですが、輪郭や体型をいじるのはダメです。ちょっと背景にフィルターかけるとか、全体フィルターで明るくするとかは許されますが、人が変わるレベルの編集はダメです。

 

趣味の写真も、あまりおおっぴらに言えない趣味(美少女オタク・ドルオタ・タランチュラ好きなど)は明かさないほうが良いです。相手の素性と理解力を試してから打ち明けましょう。ペットがいない場合は、動物園のふれあいコーナーでうさぎやモルモットにえさを上げている所なんかは評価が高いですが、ペットのベルツノガエルを手に載せてる写真とかは良くないです。

 

なぜ写真が重要視されるのか

警戒と自己防衛

Dineもネットを介した出会いであることに変わりありません。ネット上では、人は相手が直接見えないため、根本的に、深層心理的な部分で相手を疑います。心理的に相手を疑い、相手からも疑われ、相手に嫌われやすいことも理解しているため、言動が堅苦しくなります。

信頼から安心へ

これは、自分が嫌われたくないという防衛本能からくるもので、相手が誰なのかはっきり分かる場合、心理だけは相手を知ったような気分で接することができます。この時、あなたも同じように写真を公開していた場合はお互いに信頼関係が生まれるため、初対面のアイスブレーキングが少しできている状態になります。

安心から慣れに

相手のことを知ったような気になれるため、初めてのお食事でも少しだけ気分を落ち着かせ、緊張を少し解した状態で会えるようになります。食事デートではこの緊張がほぐれていることが何よりも重要です。

食事は最も弱みを見せる時

生命体は全て、食事をしている時に無防備になります。この時、狩られたり、襲われたりしていた遺伝子的な記憶が現代人にもあるため、初対面の人と食事する時は誰でも緊張しているものです。マッチングアプリやDineで写真があると、最初の緊張がほぐれるため、相手に弱みを見せても大丈夫という気持ちが少し強まり、関係が深まりやすくなります。

トークでさらに慣れる

お食事が始まってから、意気投合して、気を許しても大丈夫だと思ってもらうには、現場でのトークスキルが重要です。相手を許容するスタンスがある人であることを示し、あなたを嫌いにならない人間であることを示し、あなたを裏切らないことを示せれば初対面でも打ち解けられます。トークはとても重要です。

プロフ写真で少し打ち解けられる

プロフ写真やあなたのプロフィールで、お互いのことを少し知り合えていれば、最初の壁を突破しやすくなります。特にネットでの出会いにおいて、この最初の一歩は非常に大きいです。プロフ写真をきちんと用意して、プロフ写真がちゃんとしている者同士で会うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA