【婚活前に】選んではいけない結婚相手チェックリスト【斉藤由貴に学ぶ】

これから婚活をする時に選んではいけない結婚相手、絶対に選んではいけない人というのは残念ながら一定数います。ここでは、超有名芸能人の失敗例をあげつつ、結婚してはいけない相手の条件、共通点をまとめました。もし、当てはまる項目が多い場合は、その相手は男女ともに地雷かもしれませんので、よく気をつけて見極めましょう。時には友達など第三者に相手を見てもらうのも良いでしょう。

 

 

結婚が長続きしない人の共通点・チェックリスト

結婚が長続きしない人に共通する外見的条件や特徴をまとめたのが以下の項目です。

 

  1. 目が大きくパッチリしている
  2. 鼻が高くて顔立ちがいい
  3. 待ち合わせに遅れても怒らない
  4. 感性や表現力が豊か
  5. 他人の視線をあまり気にしない
  6. 人付き合いは浅く広く
  7. おいしいものが大好き
  8. ルールより肩書きを大事にする
  9. 隠し事するのが得意
  10. 女性:胸元があいた服を着る
  11. 男性:短パンが多い

 

いかがですか!?これは「妻であること・夫であることを放棄しがちな女性・男性チェック項目」です。全てあてはまれば危険人物、7個から9個はグレーゾーン、4個から6個はたぶん大丈夫、3個以下は安心できる人でしょう。

 

せっかく結婚するなら、ずっと夫婦であるために努力できる人と結婚して、ずっと夫婦であり続けたいですよね。どんなに美人やイケメンであろうと夫婦であり続ける努力のできない人を、結婚相手にしてはダメですよ!

 

 

 

まじめな婚活で最高の結婚相手を見つけたい方はこちらの記事もどうぞ

 

 

 

「結婚できる人」と「結婚が長続きする人」は違う

こういう時に私がいつも思い出すのは丸山真男という学者さんの「である」ことと「する」ことという有名な文章です。教科書に載っていたりするので読んだことがある方は思い出してください。自由「である」ためには、自由をキープするためにするべきことを「する」ことが必要だという話なのですが、結婚も同じだな、と。誰かの妻「である」ためには、妻であるためにするべきこと=家事、不倫を避ける、相手を思いやるなどの努力を「する」しかない。夫の場合も同じです。

 

斉藤由貴さんの場合はこの妻「である」ためにするべき「不倫を避ける」を「する」ことができなかったわけで…。妻でなくなる日も近いかもしれませんよね。しかし、斉藤由貴さんには宗教という特殊な理由もありますし、もともと奔放な女優さんとして知られていますし、もしかしたら、妻「である」ことは継続されるかもなんですが、一般人の場合は不倫はけっこうキツイ出来事になりますよね。

 

 

斉藤由貴さんに学ぶ:選んではいけない結婚相手

いまやすっかり話題の人となってしまった斉藤由貴さん。最近は激太りを経ておかあさん役を多くこなし、auのCMでも注目されていましたが、アラフィフ世代にとっては忘れられないトップアイドルのひとりです。

 

アラフィフ世代の私が初めて斉藤由貴さんを見たのもCMでした。青春のタコイカとかいうカップラーメンのCMです。特に斉藤由貴さんのファンではなかったのですが、彼女を初めて見た時の衝撃はいまだに覚えています。今まで見たことのない唯一無二の魅力を放つ大きな瞳、丸くすぼむ唇。そんな濃ゆい顔立ちでありながら、黒髪の似合う日本人形のような可憐さ。顔だけで人間に釘付けにされた初めての経験でした。

 

それから程なく斉藤由貴さんは「卒業」で歌手デビュー。作詞松本隆、作曲筒美京平というヒットメーカーがタッグを組んだこの曲は、そんな彼女の雰囲気にぴったり。これまでのさわやかな卒業ソングとは異なり、同じ松本隆作詞でも松田聖子の王道アイドル路線には嫌悪感を覚えるナナメ目線の十代にとって、「卒業式で泣かないと冷たい人と言われそう」というひねりの効いたフレーズはキャッチーに耳に響くものでした。

 

その後も斉藤由貴さんは女優としても朝の連ドラ主演、エッセイや詩をかくことでも知られ、フリルの衣装を着たぶりっこアイドルと違い、何となく何をしてもアリな唯一無二のアイドルでした。サブカルを先取りしたアイドルとも言えるかもしれないです。

 

 

尾崎豊さん他多数の相手との不倫の噂が!

だから尾崎豊さんとの不倫が騒がれた時も、アラフィフ世代の反応は「尾崎豊かー、ナットク」「らしいねぇ」「お似合いかも」といった、特に驚きもしないものでした。

 

ところが今回の不倫は大変残念でした。恋多き女の相手が年齢を重ねるごとにランク落ちするのは世の常ですが、今回のお相手はランク落ちしすぎでしたからね。

尾崎豊さんの時のような「まるで映画」感はゼロ。パンティーかぶりなんて、コメディでもなく、単なる浅ましいアラフィフのいちゃつき合いでしかありません。

舞台も尾崎豊の時は北海道は小樽でしたが、今回はあろうことか自宅ですからね。そのへんのオバチャンの不倫と変わらないチープ感。

 

とは言え、アラフィフであの美貌、若い頃から恋愛遍歴を重ねる斉藤由貴さんは「結婚できる女性」に違いありません。たぶん今回の件でもし離婚されたとしても、お相手はすぐに見つかるでしょう。

 

 

↓↓↓婚活サービス一気に比較するならこれ↓↓↓

結婚サービス比較.com

新しいページで開きます

 

良縁2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA