おもしろい&楽しませるメッセージ・裏技テクニック【笑わせるトークを】

現代では人との関係性を深めるツールとして、SNSやメールなど、メッセージのやり取りがとても重要ですよね。直接会話ができない時に、メッセージを送ると思いますが、そこでつまらないと判断されてしまったら、コミュニケーションは続きません。会えない時も、メッセージで相手を楽しませたい、おもしろいメッセージが送りたいという方のために、オススメのテクニックをご紹介していきます!

新鮮な雑談ネタはいつでも使える

マンネリしないテクニックといえば、やはり雑談ネタ。新鮮な話題であるほど盛り上がります。新聞やテレビよりも、最近はSNSの方が最新の情報を仕入れられます。暇な時間はSNSを触っているという人がかなり多いので、無理にリサーチしよう!と気合いを入れずとも、自然と新しい情報を目にします。

新鮮な話題、おもしろい話、笑顔になれるネタを持っているだけで魅力的。

avatar

 

例えば「〇〇のニュース見た?」という時事ネタでもいいですし、「〇〇って映画が始まるみたいだけど、良かったら観に行かない?」とデートの誘いにも繋げられます。相手の興味のある分野の最新情報をチェックしておいてメッセージを送るのもオススメですよ。

 

本気の婚活なら

↓まずは資料請求(無料)から↓

WebCon

 

話題と関係がある雑学ネタは盛り上がる

最新の話題に関する雑学ネタも盛り上がります。「〇〇が最近話題だよね。そういえば~」という風に雑学を取り入れるのが自然です。

話してる最中の内容の雑学やうんちくネタは聞いてておもしろんだ!

avatar

 

【おもしろいトーク例】

三人称:https://www.youtube.com/channel/UCtmXnwe5EYXUc52pq-S2RAg

PPH:https://www.youtube.com/channel/UC1pR2ig6NhndhvicEgclNdA

輝夜月:https://www.youtube.com/channel/UCQYADFw7xEJ9oZSM5ZbqyBw

 

例えば、マクドナルドの新メニューが出た時に「フランス人もマクドナルドを「マクド」っていうって知ってた?」コナンの新映画が発表されたら「コナンのアニメスポンサーはガス会社があるけど、映画版はスポンサーが変わるから思いっきり爆発させるらしいよ!」など。

まぁじで~!!?って思える話、大事。

avatar

まじで!?ってなる雑学小ネタ

松阪牛の読み方は「まつざかうし」である。「まつざかぎゅう」じゃない。

かくれんぼしてる時に、鬼が無断で帰ると「監禁罪」になる。

海上自衛隊の金曜日のご飯は必ずカレーらしい。曜日感覚を失わないため。

サハラ砂漠は、日本語で「砂漠砂漠」になる。サハラ=砂漠って意味だから。

日本はティッシュの消費量世界一。年間17箱。アメリカの3倍消費する。

ティラミスはイタリア語で「私をイカセて」って意味に近い。エロい。

レモン一個に含まれるビタミンCはレモン一個分!!

キス1分で6kcal消費する。1時間のアツアツセックスで400kcalは消費できる。

チョコレートは日本語に訳すと「苦い水」となる。

股間の皮がチャックに挟まって病院に行く人の数は年間約2000人。

ゴリラの学名はゴリラゴリラゴリラ。ちなみにゴリラは絶対B型。

 

その時のトークに関連する雑学を入れることで、1つの話題でも長く盛り上がれるのです。

奇抜なアイデアや提案もおすすめ

他の人と違う印象を与えたいのであれば、ちょっと奇抜なアイデアや提案をするのもオススメです。例えば地方出身であれば、やり取りの間にさりげなく方言を入れてみましょう。九州であれば「今、なんしよーと?」関西であれば「そうやな↑」など。急に方言を入れることでサプライズ感も演出され、相手の心をぎゅっと掴めます。

いきなり発せられる方言も単純に笑えておもしろい!

avatar

 

笑いの基本をマスターしよう

テンションは低めにして笑いに落差を付ける(笑いはアップ、平常はダウン)

失敗は責めずに、一緒に失敗してあげる

未知のことは予測して楽しむ

けなしといじりは違うので区別する

共感とギャップに人は笑う

欠点は認めて笑いに変える

180度逆のパターンを想像しておく

ノリツッコミは一回ボケて、自分でツッコんでもいい

大阪の大衆居酒屋行ってこい。

 

また、デートに行くような間柄であればいつもとは違う変わったデートスポットを提案してみませんか?例えば、都会で楽しめるプラネタリウムやVR体験ができるスポット、脱出ゲームなどがオススメ!

距離が縮まった所で、一気にお誘いしてみては!?

avatar

2人で楽しめる刺激的なデートを提案してみてください!出かける前から「なにそれ!?」とメッセージのやり取りもきっと盛り上がるでしょう。

 

この記事を書いた人

コメントを残す