婚約指輪はHarry Winston(ハリー・ウィンストン)を選んで|女子のあこがれと本音

女子が喜ぶ婚約指輪もデザインやサイズを間違えると感動ががっかりに変わります。何を選んだら良いか悩んだ時は、女子のあこがれ、かつ、ハズレがないHarry Winston(ハリーウィンストン)の指輪を選びましょう。ハリー・ウィンストンを選んで嫌がられることはまずありません。良いプロポーズを!

 

なぜハリーウィンストンなの?

– Why is Harry Winston chosen?

代わりがない至高の美しさ – Beauty

指輪を目にした瞬間に放たれるダイヤモンドの輝きがそのすべてを物語ります。他に代わりになるようなものはなく、これほどまでに価値がある指輪をプレゼントするのですから、ハリー・ウィンストンの指輪をもらう人は、渡す人にとって最高の存在であることは言うまでもありません。

 

最高の瞬間に最高の輝きを – Brilliant

「プロポーズ」にハリー・ウィンストンの指輪で、永遠の愛を約束されることは、女性に最高の感動を与え、人生最高の幸せを感じることになります。ハリーウィンストンが完璧な存在だからこそ、揺るがない愛の気持ちを伝えるのに適しています。

 

ウェディングドレスにそのまま使える – Wedding

ハリーウィンストンの輝きは、そのまま結婚式のドレスに合わせても劣ることはありません。ウェディングドレスの美しさと女性の本来の美しさを高めてくれるので、プロポーズから結婚式までずっと女性を不安にさせることはありません。ハリーウィンストンを手にした女性は、愛と感動で満ちた一生を過ごすことでしょう。

 

ハリーウィンストンが欲しい女子の本音 – Real Voices

 

給料3カ月分以上=万が一の時の生活費に – Insurance

日本古来(昭和)の感覚で、給料の3カ月分の指輪を贈るのが良いとされていた時代もありました。これは、単にジュエリー業界の広告戦略だっただけではなく、愛するパートナーのために、万が一に備えるためとして合理的な判断でした。

 

近年は、一部の富裕層や、本当に愛されている女性だけがハリーウィンストンを手にすることができます。指輪一つ400万円近くする相場ですが、本当の愛や努力、成功があれば、地道に貯金したり、本気で成功を掴み取ってくれたりして、ハリーウィンストンを贈ることに成功するはずです。

 

最高の瞬間には最高の指輪が欲しい – Absolute The Best Moment

女性の人生にはたくさんの感動の瞬間があります。愛する人との初夜、プロポーズの瞬間、子どもを腕に抱く瞬間などどれも比べることのできない最高の愛の瞬間です。その中でも、ハリー・ウィンストンの本物かつ最高級の指輪を携えたプロポーズの瞬間は、きっと幸せを絶頂にまで高めてくれることでしょう。

 

高い指輪よりうまい飯をくれ系女子も多い – Women Want Both

女子の本音として、高い指輪よりおいしいご飯や旅行に連れて行って欲しいという意見もあります。しかし、これは本音ではありません。女子の本音は「ハリーウィンストンの指輪も欲しいし、おいしいご飯にも旅行にも連れて行って欲しい」です。

 

女性は愛する人にしてもらえることならば何でも嬉しいですが、夢や妄想の中で見たような事象が実現することも期待しています。

 

マウント取りに最強の指輪になる – Women’s Tolerance

女性の世界では、男性が思うよりもドロドロした展開がよく見受けられます。仕事や教育の場でもマウントをとって心を満たそうとする女性は多いですが、そうさせているのは他でもないダメ男や劣悪な環境の存在です。女性を満足させ、安心と冷静で満たしてあげれば女性は他の人を蔑んで見るようなことはしないものです。

 

ハリーウィンストンの指輪をもらった女性は、その一生涯を他の誰にも負けない存在として認められた証になります。ハリーウィンストンを持っているという事実を言葉にするまでもなく、誰よりも大きな自信を持って、マウントを必死に取る女性たちを眺めて、慰めて、お茶をのんびり味わえるようになります。

 

これは大人の女性が持つ心の余裕をさらに大きく深くしてくれて、家族や子どもへの愛情もより深くさせてくれます。

 

ハリーウィンストンにまつわる逸話とコンセプト – Concept

ハリーウィンストンの指輪は「原石の宝石に合わせてデザインが変わる」というコンセプトのもと、最高級のジュエリーと時計の制作を真摯に続けて、現代にも残されています。ハリーウィンストンでは、以下の4つに加えて、独自の輝きによる美しさを評価基準としてダイヤモンドを選んでいます。

  • カラー
  • クラリティ
  • カラット
  • カット

結婚指輪や婚約指輪において「宝石をベースにデザインを決める」ことと「あなたが持つ本来の輝きを引き出す」ことは同じ想いを重ねることができます。

 

1896年にニューヨークで宝石商の家庭に生まれたハリーウィンストンは、幼少の頃から宝石やジュエリーの中で育ち、なるべくしてプロのジュエラーになったのです。ハリーウィンストン社を1932年に設立した時、ハリー・ウィンストンは36歳でした。まさに天才とも言える存在により、ハリー・ウィンストンの指輪や時計は作られています。

 

ハリーウィンストンのかわいい系アクセサリーも – The Cute Design

ハリーウィンストンは美しく輝くアクセサリーしかないわけではありません。日常使いにも適したかわいらしいデザインも多数あります。

 

宝石本来の個性を引き出して作られるため、必ずしも輝きだけを放つわけではありません。時に遊び心を持ち、女性の魅力を引き立てます。

 

どんなデザインのアクセサリーであっても、それを身につける女性をより輝かせるのがハリーウィンストンです。

 

 

【Photo by Flickr】

Rowyn Adriano

Luxorium luxury

Nathan Deslippe

Juan Valdivieso Vicuña

Flashmode Belgium

 

コメントを残す