年収300万円の男性は「将来性」アピールで結婚を引き寄せて!家事・育児参加アピールもおすすめ

「年収300万円だから結婚できない」「低収入は相手にされない」そう嘆く男性が多くいます。しかし、年収300万円でも結婚はできますし、実際にしている人もいるのです。しかし、婚活で相手を探す際に「年収300万円なんて無理」という女性が多いのも事実です。今回は、年収300万円の男性が結婚するには何が必要なのか、どこで相手を探すべきなのかを解説していきます。

 

年収300万円は結婚できないのか

男性の平均年収は500万円越えだけど、実は300万円台が一番多い

国税庁の民間給与実態統計調査によると、平成29年度の給与所得者の平均年収は432万円です。これを男女別に見てみると、男性は532万円女性は287万円が平均年収となります。

[年齢別の平均年収]

年齢 男性 女性 全体
~19 155万円 111万円 132万円
20~24 279万円 243万円 262万円
25~29 393万円 318万円 361万円
30~34 461万円 315万円 407万円
35~39 517万円 313万円 442万円
40~44 569万円 308万円 468万円
45~49 630万円 310万円 496万円
50~54 677万円 302万円 519万円
55~59 669万円 298万円 516万円
60~64 508万円 232万円 396万円
65~69 393万円 203万円 314万円
70~ 353万円 208万円 288万円
全体 532万円 287万円 432万円

参照:民間給与実態統計調査(平成29年度分)

「なんだ、やっぱり300万円は低年収じゃん」と思ったかもしれませんね。

 

しかしこれはあくまで全体の平均年収なのです。高額所得の人も含まれるため平均年収も上がりますが、実は一番多いのは300万円~400万円のゾーンなのです。

 

結婚適齢期の男性の平均年収は300万円~450万円

先程のグラフを見ても分かるように、男性の平均年収は500万円を超えていますが、男性は年齢とともに年収も上がっていく人が多いので、40代、50代が平均を上げていると言えます。

 

そのため、結婚適齢期である20代後半~30代前半の男性であれば、300~450万円くらいあれば平均年収なのです。

 

ちなみにこれは正規雇用者で出しているので、非正規雇用者も含めると平均年収はもう少し下がる見込みです。

 

現在の年収ではなく、将来的な年収が大事

女性の多くは”現在の年収”で男性の年収を判断しますが、基本的に男性の年齢と年収は比例するので、現在が年収300万円だからといって、切り捨てたり諦めたりするのはもったいないのです。

 

現在が年収300万円でも、将来的に上がる可能性が高いなら、そこまで深刻になる必要はありません。

 

たとえば現在20代後半で年収300万円の男性の場合、将来的には500~600万円以上になっている可能性も十分あります。

 

しかし、40代以降で年収が300万円という男性は注意が必要です。基本的に男性の年収は40代、50代が一番高くなる傾向があるので、40代を過ぎた時点で年収300万円だと、今後上がったとしても、同年代の平均年収には届かない可能性が極めて高いです。

 

年収が上がる見込みがないなら転職も視野に

20代、30代の男性で、今は年収300万円でも、将来的に上がる可能性があるならそこまで深刻になる必要はありませんが、今後も大きく上がる見込みがない場合は、転職も視野に入れた方が賢明です。

 

逆に40代以降の男性の場合は、現実的に転職はなかなか難しいと思うので、副業で年収を増やすという手もあります。

 

最近は様々な種類の副業がありますし、年齢関係なく始められるものがたくさんあります。本業で年収が上がらないなら他で増やせばいいのです。

 

もちろん誰もが簡単に副業で年収を増やせるわけではありませんが、年収が低いことで結婚に踏み切れない、婚活がなかなか上手くいかない、というのであれば、試してみる価値はあるでしょう。

 

年収300万円の男性が結婚するには

共働き希望or共働きOKの女性を探す

年収300万円の男性が結婚するには、相手の女性が「共働き希望」か「共働きOK」である必要があります。

 

年収300万円の男性が、専業主婦希望の女性にアプローチをしても、結婚できる可能性は極めて低いですが、共働きを希望している女性なら可能性は十分にあります。

 

「共働きでもいい女性」よりも「共働き希望」の女性をターゲットとした方がいいかも。

 

共働きOKの女性は、本当はできれば旦那さんの給料で生活したいと思っている人が多いよ。

avatar

 

できれば「共働きでもいい女性」よりも「共働きを希望している女性」をターゲットとした方が成功率は高いかもしれません。なぜなら、共働きOKの女性でも、本当はできれば家庭に入りたいと思っている人も多いからです。

 

たとえば以下のような女性は多いです。

  • 共働きでもOKだけど、旦那さんの給料で生活していけるならその方がいい
  • 子供ができたら子供が大きくなるまでは家庭に入りたい
  • 共働きでもOKだけど、正社員じゃなくてパートにしたい

 

女性が結婚後専業主婦になるには、旦那さんの年収が最低500~600万円くらいはないと厳しいです。

 

しかし、実際は年収600万円以上の男性は少数派です。婚活男性の年収を知ることで、専業主婦になりたいなんて言ってたら結婚は難しいという気持ちが出てくるのです。

 

周りの友人たちも共働き家庭が多いことから、今はこれが一般的ということも理解しています。

 

なので、最近の女性は共働きを前提として、年収400万円以上あればいいという人が多いです。しかし、子供のことや将来的なことを考えると、相手の男性が年収300万円では不安が大きいです。年収400万円というのは最低ラインでもあるのです。

 

でも共働きを希望している女性は、仕事が好き、仕事が生きがい、という人も多く、比較的稼いでいる人も多くなるので、共働きを希望している女性の方が結婚できる確率は高そうです。

 

家事・育児は分担が必須条件

年収300万円の男性が結婚するにはおそらく共働きが必須になるので、当然、家事・育児は分担する必要があるでしょう。

 

共働きを希望している女性は、共働きに理解がある人を求めています。それは必然的に家事・育児に協力的な人を求めているということにもなるので、家事や育児に積極的な男性は女性から好印象です。

 

そのため、家事が一通りできることや料理が得意などのアピールポイントがあれば、しっかりアピールした方がいいです。

 

今どきは女性だけじゃなくて男性も家庭的な人が人気だよ。

avatar

 

貯金がある

年収が低くても、貯金があるならしっかりアピールしましょう。貯金があるというのは、単純にお金の問題だけではなく、堅実な人だというアピールになるからです。

 

最近の女性は高収入よりも安定を求める傾向があり、高収入でも浪費家の男性は敬遠されがちです。

 

年収300万円で貯金ができているのは堅実であり、計画性があるという印象を与えられるので、プラスに働く可能性が高いです。

 

もし貯金がないのであれば、今からでも少しづつ貯めておくようにしましょう。

 

女性の外見や年齢に拘り過ぎない

年収300万円でも結婚を諦める必要はありません。しかし、一般的に不利な条件であることには違いありません。たとえば男性の多くが望んでいる「若くて綺麗な女性」は多数の男性からアプローチを受けます。

 

その女性が何を求めているかにもよりますが、基本的には難しいと思っていた方がいいです。ライバルが多すぎるため、年収で弾かれる可能性が極めて高いです。

 

好きなタイプはやさしい人や面白い人と答える女性はとても多いですが、結婚相談所や婚活サイトなどの婚活の場では、最初の入り口がプロフィール情報しかないので、内面で勝負するまでに持っていくのが難しすぎます。

 

要するにスタート地点にも立てないということです。なので、間口は広げた方がいいです。

 

年収300万円の男性がするべき婚活とは

婚活というと結婚相談所に婚活パーティー、紹介や合コン、最近はマッチングアプリもとても人気です。婚活の方法はたくさんありますが、むやみに手を出しても時間もお金もムダになってしまうので、少しでも結婚できる可能性が高いもので活動した方がいいです。

 

結婚相談所は入会できる?成婚の可能性は?

”結婚”したいなら結婚相談所が一番話が早いです。なぜなら”結婚したい人”が集まっているから。結婚相談所で婚活している人は、それなりに高額の費用をかけて活動しているので、それだけ本気度が高いということです。

 

しかし、結婚相談所はプロフィールが全てです。年収300万円でも正社員であれば入会できる結婚相談所はたくさんありますが、成婚できる確率はやはり低いでしょう。

 

ただし、まだ年齢が若い(30歳くらいまで)、貯金が500万円以上ある、大手企業勤め、など年収以外のアピールポイントがある場合はまた別です。

 

将来性や堅実さ、安定をプラスにとってくれる女性がいる可能性もあるからです。

 

なので、年収300万円の男性が結婚相談所で成婚できる可能性はゼロではありませんが、結婚相談所は高額の費用がかかります。

 

いつ成婚できるかも分からないので、安易に手を出すのはあまりおすすめできません。年収300万円の男性が婚活するなら、結婚相談所よりも婚活サイトやアプリのほうがおすすめです。

 

婚活サイトがおすすめな理由1

年収300万円の男性に婚活サイトがおすすめな理由の一つは、ズバリ費用が安いから。

 

婚活サイトやマッチングアプリなら月額4,000円程度、長期プランで利用すれば月額2,000~3,000円ほどで活動できます。

 

婚活が長期的になる可能性もありますし、結婚後にもお金はかかるので、できるだけ費用は抑えて活動した方がいいです。

 

婚活サイトがおすすめな理由2

二つめは、結婚相談所よりも婚活サイトの方が会えるハードルが低いからです。

 

結婚相談所の場合は、申込みをして相手がOKしてくれたらお見合いができるようになりますが、婚活サイトは申込みがOKされてすぐに会えるわけではなく、メッセージ交換ができるようになるだけです。実際に会うには、メッセージ交換で相手にOKをもらわなければなりません。

 

一見、申込みが成立してすぐに会える結婚相談所の方がいいようにも思えますが、結婚相談所の場合はお互いに一切のやりとりもなく会うわけなので、プロフィールが全てになり、会える人数にも限りがあるため、お見合いの成立率は極めて低いのが実情です。

 

その点、婚活サイトはすぐに会うわけではないため、気軽にOKしてくれる人もたくさんいるので、メッセージ交換が上手くいけば会える確率も上がります。結婚相談所よりも相手のOKのハードルが比較的低くなるため、チャンスが増えるのです。

 

しかし、ハードルが低い分、利用者の本気度も低い傾向にあります。そこでおすすめなのが、ブライダルネットという婚活サイトです。

 

おすすめはブライダルネット

ブライダルネットは結婚相談所も運営するIBJ(日本結婚相談所連盟)が運営する婚活サイトとということもあり、結婚に真剣な会員が集まっています。また、結婚相談所のように婚活をサポートしてくれる婚シェルというサービスがあるので、安価なのに結婚相談所に近いサービスが受けられるのです。

 

価値観が合うお相手を紹介してくれるサービスや、SNS的な日記機能もあり、スペック重視にならず、気の合う人を探しやすい環境が整っているので、あなたの内面を見ようとしてくれる人に出会えるチャンスがたくさんありますので、ぜひ一度試してみてください。

 

⇓ブライダルネットはこちら⇓

ブライダルネット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA